その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2009.07.24 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > HiFileWatcher

HiFileWatcher

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
HiFileWatcher
追加されたファイルの自動振り分けやリネームも可能なフォルダ監視ソフト
Windows Vista/XP/2000  フリーソフト
HiFileWatcher
  • リスト画面。指定フォルダに加えられた変更の種類(削除/移動/追加/リネーム)を確認できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 条件・処理の編集画面。ファイル/フォルダの自動処理条件と処理内容を登録できる
  • 更新と処理内容とをバルーンで通知してくれる

  • ファイルの追加や削除など、指定フォルダに変化があった際に通知してくれる監視ソフト。

    「HiFileWatcher」は、指定されたフォルダの状態を常に監視し、加えられた変更(更新)内容をユーザに知らせてくれるソフト。タスクトレイに常駐し、ファイル/フォルダの追加や削除またはリネームといった変更があったときに通知してくれる。あらかじめ設定した条件にしたがって、振り分けやリネームなどを自動実行させることも可能。リストからファイル移動先のフォルダを開くこともできる。動作ログをCSVファイルに保存する機能もある。

    フォルダを監視するには、(1)監視対象とするフォルダを選択して、(2)追加されたアイテムに対する処理の選択と条件とを指定し、(3)「開始」ボタンを押せばよい。監視がはじまると、指定したフォルダの更新情報がリスト画面に表示される。

    リストに表示されるのは「更新情報」「ファイル名」「更新日時」「フォルダ」の4項目。「更新情報」では追加、削除、リネーム、移動といった更新の種類を確認できる。「ファイル名」にはリネーム前後のアイテム名や、移動されたアイテム名と移動先フォルダなどが表示される。リストは、常に新しい更新が上になるように並べられる。

    監視対象のフォルダに追加されたファイル/フォルダを特定の条件でフィルタリングし、移動やリネームといった処理を加えることも可能。指定できる条件は「ファイル種類」「ファイルサイズ」「ファイル名」で、「ファイル種類」ではファイルかフォルダ、または任意の拡張子を指定する。ファイルサイズでは、任意のサイズ以上/以下のいずれかを指定することが可能。リネーム処理では、ファイル名の先頭または末尾に2桁または3桁の連番か、処理実行時の年月日(yymmdd)または時分秒(hhmmss)を挿入できる。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト「GeekUninstaller」
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト
    「GeekUninstaller」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる「dINDEX.2」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
    「dINDEX.2」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン「Revo Uninstaller Free」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン
    「Revo Uninstaller Free」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー「RE PLAYER」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー
    「RE PLAYER」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト「出来事帳」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト
    「出来事帳」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    フォルダへの変更を常に監視するソフトだが、特に便利なのがファイルの自動リネームや移動の機能。条件を複数設定しておくことで、例えば拡張子によるファイルの自動振り分けといった処理を簡単に設定できる。もちろん自動処理によるリネームや移動も更新情報リストに表示される。

    起動するとタスクトレイに常駐し、タスクトレイアイコンをクリックするとメイン画面が表示される。最新の更新内容は、タスクトレイアイコンから表示されるバルーンヘルプでも確認できる。

    特定のフォルダへの操作履歴を残しておきたい人や、フォルダに対して自動処理を行いたい人には、非常に便利なユーティリティだ。

    (坂下 凡平)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    プログラムの勉強中に偶然生まれたソフトです。いろいろ調べたらフォルダの監視ができるようになったので、ここから条件にしたがって自動的にファイル振り分けやリネームができたら便利だなと思って作りました。

    ユーザにお勧めする使い方
    ダウンロードなどの際に保存先フォルダを監視して、ファイルの種類別にフォルダ振り分けしたり、連番リネームなどをしたりすると、便利に使えるかなと思います。

    今後のバージョンアップ予定
    特にありませんが、ご要望などあれば、積極的に追加してゆきたいと思っています。

    (そうそう)

    ● HiFileWatcher Ver.1.30
  • 作 者 : そうそう さん
  • 対応OS : Windows Vista/XP/2000
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://dp44044394.lolipop.jp/
  • 補 足 : 動作にはVB 6.0ランタイム(SP6推奨)が必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    HiFileWatcher 1.33 追加されたファイルの自動フォルダ振り分け、リネームが可能なフォルダ監視ソフト (71K)




    最近のレビュー記事
    BackupNinjaBackupNinja
    iPhoneのあらゆるデータをバックアップ、欲しいデータを選んで自由自在に復元
    パパッと読み取りOCRプロパパッと読み取りOCRプロ
    パパッと手軽に画像文字をテキスト変換、さらに翻訳までできるOCRソフト
    Acronis True Image 2019Acronis True Image 2019
    万が一のときもUSB外付けドライブから起動して簡単に復元できる、“定番”個人ユーザ向けバックアップソフト
    Driver Booster 6 PRODriver Booster 6 PRO
    ゲームブースト機能を新搭載。3,000,000以上のデバイスドライバーに対応した“定番”ドライバー更新ソフトの新バージョン
    筆まめVer.29筆まめVer.29
    収録素材数は45万点以上。尾形光琳や西陣織のデザインの年賀状も作成できる「筆まめ」の新バージョン
    筆王Ver.23 ダウンロード版筆王Ver.23 ダウンロード版
    亥をはじめとした新着デザインが2,000点以上。“コスパに優れた”年賀状作成ソフト「筆王」の新バージョン
    Calc LetterCalc Letter
    複雑な数式もほぼ見た通りの入力で組み立ててくれ、リアルタイムで計算結果を確認できる高性能“テキスト電卓”ソフト
    筆ぐるめ 26筆ぐるめ 26
    充実した子ども向け素材を新たに収録。家族全員で楽しみながら年賀状を作成できる「筆ぐるめ」の新バージョン
    KeyToKeyKeyToKey
    キーボードやマウス、コントローラーの操作を自動化できる、汎用性の高い高機能マクロソフト
    響く!オトノセカイ響く!オトノセカイ
    インストール後、二つの距離を設定するだけでバーチャルサラウンド再生を楽しめるソフト
    FileRenamerSpecificFileRenamerSpecific
    ファイルの持つ“記号番号”を活かしながら、説明などを加えて名前を変更する、ユニークなリネームソフト
    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2018」
    応募作品受付中!


    「HiFileWatcher」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧



    おすすめコンテンツ

    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.