ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2009.06.17 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > SSD革命/SpeedAdvance

SSD革命/SpeedAdvance

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
SSD革命/SpeedAdvance
システムドライブへの書き込みをメインメモリ上の一時領域に行って、高速化と保護を実現するソフト
Windows Vista/XP  製品:試用不可
SSD革命/SpeedAdvance
  • 高速化・保護実行時のメイン画面。現在の状況はモニターウィンドウ(右上)で確認できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 設定画面(リミット時の設定)。一時ファイルの残量が設定値に達したときの動作や通知方法などを指定できる
  • 設定画面(その他の設定)。Windows起動時に自動的に高速化・保護を開始させることも可能

  • パソコン本体のメインメモリを利用して、Windowsの高速化と保護を図るためのソフト。

    「SSD革命/SpeedAdvance」は、Windowsの動作中にしばしば発生するシステムドライブへの書き込みを、メインメモリ上に作成した一時ファイルへの書き込みに替えることで、高速な動作を実現するユーティリティ。SSD(Solid State Drive)やハードディスクに比べて書き込みの速いメインメモリに書き込みを行うため、動作が高速化する(「SSD革命」という名称だが、ハードディスクでも利用できる)。さらにSSDでは素子の性質上、書き込み回数に制限があるが、書き込みがメインメモリに対して行われ、ディスクへの書き込みが減少するため、長寿命化にも寄与する。

    インストールすると、システムドライブへの書き込みが自動的に検出され、メインメモリ内に作成された一時ファイルに書き込みが誘導されるようになる。(書き込まれた内容の)読み込みもメインメモリから行われるため、処理は高速に行われる。

    高速化のほかに、システムの保護も実現する。システムドライブへの書き込みは、(単なる一時記憶のほか)レジストリや各種設定ファイルなどの記録・変更の際にも行われ、次回以降にWindowsを起動する際の設定として残される。「SSD革命/SpeedAdvance」では、システムに対する変更はディスクではなく、メモリ中に行われるため、Windowsを再起動すれば、それまでに行われた変更は再起動後に反映されない。不意のパソコン環境の変更や破壊、動作不具合などが発生しても、簡単に元の状態に戻すことができる。

    使い方は簡単。メインメモリで一時ファイルに割り当てるサイズを指定し、「システムドライブの高速化・保護」を実行するだけでよい(通常は初期状態の設定で問題はない)。作業中に一時ファイルの残容量が足りなくなった場合は、(1)現在の状態をシステムに適用後、高速化・保護を継続、(2)再起動、(3)シャットダウン、のいずれかから動作を選択できる。残容量が足りなくなる前に、メッセージやビープ音でアラーム通知する機能もある。現在の高速化・保護状況は、別ウィンドウ(モニターウィンドウ)で確認できるようになっている。

    「SSD革命/SpeedAdvance」終了時には、一時ファイルに書き込まれたデータをシステムドライブに書き込むか破棄するかを選択できる。データの書き込みを選択すれば、レジストリや設定ファイルなどの変更が記録され、次回起動時に反映される。書き込まない場合は、「SSD革命/SpeedAdvance」を起動してからの変更内容はすべて破棄される。

    そのほかにも、

    • OS起動時に高速化・保護機能を開始
    • Windowsの仮想メモリとして使われる「ページファイル」の保護
    などを指定することが可能だ。
     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト「GeekUninstaller」
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト
    「GeekUninstaller」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる「dINDEX.2」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
    「dINDEX.2」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン「Revo Uninstaller Free」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン
    「Revo Uninstaller Free」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー「RE PLAYER」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー
    「RE PLAYER」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト「出来事帳」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト
    「出来事帳」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    最近流行のSSDは、ハードディスクのような回転部や物理的な稼働部を持たない、半導体メモリだけで構成されたディスクだ。静かでかつ消費電力が少ないという特徴のほかに、動作の高速化も期待している人も多いだろう。しかし、清音化や省電力化はともかく、高速化については意外に「こんなはずではなかった」と思っている人が多いのではないだろうか。その原因は「SSDの書き込みは、思っているよりも低速」という点にある。

    SSDには、通常のパソコンのメインメモリと異なり、「フラッシュメモリ」と呼ばれる素子が使用されている。フラッシュメモリは、電源を切っても内容が保持されるという特徴はあるが、その反面、書き込みが低速でかつ書き換え回数に制限があるという欠点も持つ。「パソコンのハードディスクをSSDにしてみたが、なぜか速度が上がらない」のは、この「書き込みが遅い」という欠点によるところが大きい。

    「SSD革命/SpeedAdvance」は、こうした書き込みが遅いというSSDの欠点をカバーするためのソフトだ。原理は、Windows動作中に頻繁に行われるディスクへの書き込みを、もとから行われないようにしてしまうというもの。もともとSSDの読み込みは書き込みに比べて高速だし、書き込みと違って読み込み回数には制限がない。「書き込みが行われない」のは「データが保存されない」ことに繋がるわけだが、「SSD革命/SpeedAdvance」では、それを逆手にとって「Windowsの保護」も行えるようにしている。

    もちろん、必要に応じて書き込みをディスクに反映させることもできる。書き込みをディスクに反映させる場合でも、常時書き込みを行うわけではないため、速度の点でも寿命の点でも問題はない。なかなかアイデアもののソフトだといえる。

    一時ファイルとしてメインメモリの容量が割かれるため、全体のメモリ消費量が大きくなってしまうのは仕方ないことだろう。できるだけ多くのメモリを搭載した状態で利用するのが望ましい。

    (天野 司)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    この「SSD革命/SpeedAdvance」は、
    • 書き込み速度の遅いSSDやハードディスクをシステムドライブに使っているので、Windowsの動作が重い
    • SSDは書き込み回数の上限があるので、なるべく書き込み回数を減らしたい
    • Windowsを使ったあと、使う前の状態に戻したい
    という問題を解決するソフトです。

    「SSD革命/SpeedAdvance」は、「高速化・保護」を開始すると、メモリ領域に一時ファイルを作成します。そして、システムドライブに対する書き込みを一時ファイルへの書き込みに変更します。一時ファイルはメモリ上にあるので、書き込み速度は超高速になります。一時ファイルがいっぱいになるまでは、同じところを何回書き直してもSSDには書き込みをしていないので、SSDの劣化を防げます。

    一時ファイルがいっぱいになったときにどうするかは、

    • 自動または手動で、たまった変更をSSDやハードディスクに反映
    • いらないので、変更を捨ててWindowsを再起動
    を、目的により選んでいただけます。「変更を捨ててWindowsを再起動」を選択した場合には、Windowsが「高速化・保護」を開始したときの状態に戻ります。例えば、ネットサーフィンをした程度でWebの履歴やキャッシュがいらなければ、「変更を捨ててWindowsを再起動」を選択することで、Windowsが「高速化・保護」開始直前と同じ状態になります。「高速化・保護」の開始は、設定によりWindows起動時から開始したり、任意のときに開始したりできます。

    システムドライブが書き込みの遅いSSDやハードディスクの環境をちょっと快適にする「SSD革命/SpeedAdvance」を使ってみませんか?

    ((株)アーク情報システム)

    ● SSD革命/SpeedAdvance Ver.1.0
  • 作 者 : (株)アーク情報システム さん
  • 対応OS : Windows Vista/XP
  • 種 別 : 製品:試用不可
  • 作者のホームページ : http://www1.ark-info-sys.co.jp/
  • 補 足 : ライセンスの購入は「SSD革命/SpeedAdvance」ダウンロード・お支払いページから行える


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    現在公開ファイルがありません



    最近のレビュー記事
    AdGuard PremiumAdGuard Premium
    各種WebブラウザでWebサイトを閲覧する際に表示される広告を非表示にするソフト。Mac、Androidならアプリ内に表示される広告もブロック可能
    スーパーマップル・デジタル20 広域日本システムスーパーマップル・デジタル20 広域日本システム
    パソコン・スマホ・タブレットで使えてインターネット接続無しで使える地図ソフト
    会社四季報CD-ROM ダウンロード版 2019年3集・夏号会社四季報CD-ROM ダウンロード版 2019年3集・夏号
    パソコンならではの高い検索性で、全上場企業の豊富なデータをフル活用できる
    ビデオパワーRED【THE ビデオコレクター】ビデオパワーRED【THE ビデオコレクター】
    ビデオの検索・ダウンロードに。ビデオや画面の録画・録音・動画音楽変換・カット編集も可能
    絶対即戦力タイピングマスター絶対即戦力タイピングマスター
    キーボードを見ずに文字入力が可能になれば、脳内に浮かんだアイディアをスムーズにアウトプット可能に
    私の記録、10年日記私の記録、10年日記
    日記を続けられない方の為に作られたソフト
    IObit Malware Fighter 7 PROIObit Malware Fighter 7 PRO
    Bitdefenderおよびオリジナルのエンジンを搭載し、様々な脅威に対応するセキュリティ対策ソフト
    InPixio Photo Clip 9 ProfessionalInPixio Photo Clip 9 Professional
    高度な写真加工を誰でも手軽に行えるオールインワン画像編集ソフト
    「SSD革命/SpeedAdvance」と同じカテゴリーの他のレビュー

    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.