その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2008.06.07 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > C-SWAT

C-SWAT

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
C-SWAT
自動再暗号化で情報の流出・漏洩を防ぐファイル暗号化ソフト
Windows Vista  フリーソフト
C-SWAT
  • メイン画面。複数のファイルをドラッグ&ドロップで簡単に暗号化できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 復号化時には、設定しておいたパスワードヒントも表示される
  • 復号ファイルリスト作成プログラムを使えば、同時に複数のファイルを複合化できるようになる

  • 閲覧・編集したファイルを、自動で再暗号化する機能を持つ暗号化ソフト。

    「C-SWAT」は、大切なデータファイルを第三者の目から守るための暗号化ソフト。暗号化されたファイルを復号化して閲覧・編集を行う際、そのファイルが閉じられると自動的に再暗号化されることが特徴。暗号化アルゴリズムには、アメリカ政府標準技術局(NIST)の標準暗号であるRijndael(256bit)が採用されている。

    暗号化するファイルの登録は、ドラッグ&ドロップで簡単に行える。暗号化時には、復号化に使用するパスワードを設定する。このときさらに、パスワードを忘れてしまったときのためのヒントを付けることが可能。そのほかにも、

    • 暗号化した後ファイルを自動的に削除する
    • 暗号化したファイルの名前をランダムに変更する
    • 同名のファイルは上書きする
    などのオプションを設定することができる。

    復号化するには、暗号化されたファイルをダブルクリックし、パスワードを入力すればよい。復号化されたファイルが、関連付けされたアプリケーションで開かれる。閲覧・編集後にファイルを閉じると「C-SWAT」が認識して、自動的に再暗号化される仕組み。復号化時に、自動再暗号化をしないオプションを選択することも可能だ。

    複数ファイルを一括で暗号化することも可能。暗号化ファイルは元ファイルごとに作られる。複数の暗号化ファイルの管理・復号化は「復号ファイルリスト」を使って行う。リストで設定することにより、復号後に関連付けされたアプリケーションで開くことも可能。「復号ファイルリスト」は、一括暗号化時に作成するか、または同梱の専用ツール「復号ファイルリスト作成プログラム(dfl_maker.exe)」を使って作成できる。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト「GeekUninstaller」
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト
    「GeekUninstaller」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる「dINDEX.2」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
    「dINDEX.2」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン「Revo Uninstaller Free」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン
    「Revo Uninstaller Free」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー「RE PLAYER」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー
    「RE PLAYER」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト「出来事帳」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト
    「出来事帳」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    「なぜ、大事なファイルを暗号化しないのですか?」と聞かれたとき、多くの人は、
    「使うたびに復号化したり、また暗号化したりするのが面倒」
    「パスワードを忘れて、開けなくなったら困る」
    などと答えるだろう。その気持ちはよくわかる。というより、まったく同感だ。

    ところが「C-SWAT」を使えば、その両方が一気に解決される。ファイルを使うときに復号化する手間こそ(当たり前のことながら)かかるが、あとは普通に作業をして、普通にファイルを閉じればよい。パスワードのヒントも設定できるので、そのたびにパスワード管理ソフトを開く必要もない。さらに元ファイルを削除したあとは、ランダムデータで1回、NULLデータでさらに1回上書きされるので、こちらから情報が漏れることもない。

    ただし、このソフトにしても万能なわけでなく、安全性はユーザの使い方に左右されることは言うまでもない。パスワードのヒントにしても、同時に第三者にとってもヒントとなり得る。ちょっと調べればわかるようなパスワードでは逆効果にもなってしまう。パスワードを設定するときには、ユーザ本人しか知り得ないものにする。そういう基本さえ押さえておけば、非常に有効なソフトだ。

    (土屋 佳彦)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    「C-SWAT」は2年前、情報流出が相次いで起きたころに思いつき、開発したソフトです。暗号化ソフトは「最初のうちは使っていても、そのうち暗号化が面倒になり、結局使わなくなってしまう」という私自身の体験をもとに制作しました。

    ユーザにお勧めする使い方
    機密情報はもちろんのこと、他人には見せられないようなアレなファイルも暗号化しちゃいましょう(笑)。複数のファイルを一括して暗号化・復号化できる「復号ファイルリスト」を扱う機能が付いているので、複数のファイルをまとめて扱いたいときには、ぜひとも有効活用してください。

    開発に苦労した点・今後の課題
    開発で苦労した点といえば、やはり「ファイルの使用終了を検知する」ことです。基本的な方針は「開きたいファイルのパスをアプリケーションに渡して起動させ、アプリケーションが終了したら暗号化する」というものなのですが、これだけだとうまくいかないアプリケーションもあり、対応するのには苦労しました。現在でもすべてのアプリケーションに対応できていないので、対応するアプリケーションを増やしてゆくのが今後の課題です。

    また、暗号化・復号化の速度を向上させることにも苦労しました。現在でもそこそこの速度は出ていますが、まだまだ改善の余地があるので、今後改善してゆきたいです。

    そのほか
    Ver.1系列ではプログラミング技術が未熟で、Rijndaelのコーディングが正しくないという致命的なミスを犯してしまいましたが、その反省を踏まえ、Ver.2では暗号化チェッカを付属するなど、さらなる信頼を得られるよう努力しております。ソースと仕様も公開しており、ユーザのみなさま自身で安全性を確認できるようにしています。

    (Orios)

    ● C-SWAT Ver.2.0.0.0
  • 作 者 : Orios さん
  • 対応OS : Windows Vista
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://orios.s151.xrea.com/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    C-SWAT 2.2.0.0 暗号ソフト業界に革命を起こす! 暗号化を忘れる心配がない「自動"再"暗号化ソフト」 (1,096K)




    最近のレビュー記事
    Web会議レコーダー ProWeb会議レコーダー Pro
    Zoom・Skype・Teams等を誰でも簡単に録画
    筆まめVer.32筆まめVer.32
    22年連続販売本数第1位の年賀状ソフト最新版
    じぶんドックじぶんドック
    毎年受けてきた健康診断の結果を時系列に並べてグラフ化
    会社四季報CD-ROM ダウンロード版会社四季報CD-ROM ダウンロード版
    パソコンならではの高い検索性で、全上場企業の豊富なデータをフル活用できる
    Voice Rep MeetingVoice Rep Meeting
    オンライン会議用「自動」議事録作成ソフト。会議の音声をリアルタイムで文字化
    筆ぐるめ 29筆ぐるめ 29
    伝統の使いやすさに新しい要素を追加した年賀状ソフト
    ReTaskパーソナルReTaskパーソナル
    物事を忘れがちなアナタを助けるタスク管理ソフト
    Parallels Desktop 17 for MacParallels Desktop 17 for Mac
    再起動する事なくMacでWindowsが使用できる仮想化ソフト
    「C-SWAT」と同じカテゴリーの他のレビュー

    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.