その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2007.08.14 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 梨ズーム

梨ズーム

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
梨ズーム
デスクトップを最大10倍まで拡大表示し、そのままの状態で操作できるユーティリティ
Windows XP/2000  フリーソフト
梨ズーム
  • タスクトレイに常駐。トレイメニューなどから表示倍率を変更できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 拡大表示中の画面。グングンと拡大表示されてゆく
  • 設定画面。メニューで表示されるすべてのコマンドにホットキーを設定できる

  • デスクトップ全体を最大10倍まで拡大表示できるソフト。拡大表示の状態で、通常と同じようにマウスやキーボードを操作できる。

    「梨ズーム」は、デスクトップを拡大表示するユーティリティ。起動するとタスクトレイに常駐。ユーザは、タスクトレイメニューなどから表示倍率を指定して、拡大表示を実行できる。メニューから選択できる倍率は、×1/×1.5/×2/×3/×4/×5/×6/×8/×10の9段階。「ズームイン(+100%)」「ズームアウト(-100%)」を指定して拡大表示させることも可能だ。

    表示倍率を設定・変更すると、Mac OSのユーザ補助機能(ズーム)のように、マウスポインタ位置を中心に“グングン”とアニメーションしながらズームイン(拡大時)またはズームアウト(縮小時)する。拡大表示されたデスクトップ上でマウスを移動すると画面がスクロールし、アイコンをクリックしたり、表計算ソフトにデータを入力したりなど、通常のパソコン操作を行える。

    表示倍率を指定すると瞬時に指定倍率への変化が開始されるが、同じ表示倍率を繰り返し指定しても画面は変化しない(拡大はしない)。ただし、ズームイン(+100%)の場合は繰り返し実行で、拡大が繰り返される。

    動作モードは、通常の操作が可能な「通常」のほかに、「プレゼンテーション」も用意されている。プレゼンテーションモードでも拡大表示は行われるが、マウスクリックなどの操作はできないようになる。

    ホットキーを設定することも可能。タスクトレイメニューに表示される倍率などにホットキーを割り当てることができるほか、メニューにはない「ズームイン(+50%)」「ズームアウト(-50%)」「倍率指定(×7)」「倍率指定(×9)」の各コマンドにホットキーを割り当てることができる。マルチディスプレイにも対応する。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト「GeekUninstaller」
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト
    「GeekUninstaller」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる「dINDEX.2」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
    「dINDEX.2」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン「Revo Uninstaller Free」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン
    「Revo Uninstaller Free」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー「RE PLAYER」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー
    「RE PLAYER」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト「出来事帳」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト
    「出来事帳」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    Windowsに標準で付属する「拡大鏡」は、拡大鏡内をディスプレイの上部エリアに表示するツールで、「ユーザー補助」機能のひとつとして用意されている。Mac OSに付属する「ズーム」機能も拡大鏡に似ているが、デスクトップ全体がズームする点で異なる。

    「梨ズーム」は、Mac OSのズーム機能をWindowsで実現するようなユーティリティで、拡大倍率を指定したり、ズームイン/ズームアウトを指定したりすると、画面全体が“グングン”という感じで伸び縮みする点が楽しい。拡大倍率も、等倍(×1)を含めて10倍まで9段階(ホットキーを利用すると11段階)の倍率を選択できるので、ちょうどいい大きさが見つかるだろう。ただし、スムーズな拡大表示にはある程度のマシンパワー(CPUやグラフィックチップ等)が必要だと感じた。

    readme.txtに記されているように、プレゼンテーション時の拡大表示に使うと便利だと思う。プレゼンテーションで利用するスライドの中には例えば、法律の条文引用など、文字が小さくて見づらいものもある。一時的に拡大表示すれば、効果的なプレゼンテーションが可能になる。ホットキーを設定しておけば、試行錯誤しながら瞬時に表示倍率を変えられるので、プレゼンの進行を妨げない。

    チームで作業しているときにも重宝する。作成中の資料を数人で画面を覗き込んで確認するときなど、重要なポイントを拡大表示すれば、離れた人にも見やすく表示できる。「レイアウトそのものは変えずに、見た目サイズだけを変えられる」という点、「画面解像度を変えることなく、一時的に画面を拡大して視認性を上げる」という点がポイントだ。

    (川越 裕之)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    「梨ズーム」は、デスクトップ画面全体を拡大した状態のまま通常の操作が可能な拡大鏡ツールです。これは、Mac OSのユーザ補助機能を模して開発をはじめたものです。

    「梨ズーム」をはじめて公開したのは2005年7月でした。それから何回かアップグレードを重ねていましたが、2006年7月から更新が止まっている状態でした。Ver.1.0系の開発時にはまだWindows Vistaは発売されておらず、Windows Vistaの仕組みを考えると「梨ズーム」と同等の機能がOSに付いてくるのではないかと思いましたが、現時点ではまだそうなっていないようです。そこで今回、約1年ぶりにWindows Vista対応を前提にアップグレードを行いました。

    といいましても、Ver.2.0はWindows XP用になっています。Windows Vista上ではAeroの機能をOFFにした状態でのみ正常に動作します。よって今後の予定はWindows Vista完全対応のアップグレードが控えています。それ以降の予定は未定ですが、プレゼンテーションとして使用するときの機能などを追加できればと考えています。

    (松江 祐輔)

    ● 梨ズーム Ver.2.0
  • 作 者 : 松江 祐輔 さん
  • 対応OS : Windows XP/2000
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://katamari.jp/
  • 補 足 : フリーソフト


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    梨ズーム 2.2 Mac OSのズーム機能ぽいもの 画面全体を拡大表示した状態で操作が可能 (59K)




    最近のレビュー記事
    はがき作家 13 Professionalはがき作家 13 Professional
    年賀状の作成に最適な簡単・楽しいはがき作成・住所録ソフト
    筆楽名人2020筆楽名人2020
    シンプルな操作画面で直感的に使える年賀状・はがき作成ソフト
    AnyTrans 8AnyTrans 8
    iPhone、iPadとパソコンの間で、音楽や画像等のデータを簡単に転送&バックアップ
    Driver Booster 7 PRODriver Booster 7 PRO
    ゲームブースト機能も搭載。350万以上のデバイスドライバに対応した定番ドライバ更新ソフト最新版
    すごい位置合わせPRO12すごい位置合わせPRO12
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能を搭載する印刷位置合わせソフト
    カスペルスキー セキュリティカスペルスキー セキュリティ
    高い検出力や軽快な動作で定評のある個人向け総合セキュリティ対策ソフト
    筆王Ver.24筆王Ver.24
    子年デザイン等テンプレート1,000点を新規収録。高性能・低価格のハガキ作成ソフト
    筆まめVer.30筆まめVer.30
    20年連続販売本数第1位の年賀状ソフト最新版
    「梨ズーム」と同じカテゴリーの他のレビュー

    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.