その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2007.07.14 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > HiAutoTrash

HiAutoTrash

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
HiAutoTrash
ディスクの空き容量に応じてゴミ箱内のデータを自動的に削除するユーティリティ
Mac PPC  フリーソフト
HiAutoTrash
  • 常駐アイコンをクリックすると、使用領域/ゴミ箱領域/空き領域を色分け表示する

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • ボリュームごとの使用状況を個別に確認することも可能
  • 「環境設定」画面。常時確保する空き容量や監視する間隔などを設定できる

  • ディスクの空き容量が一定以下になると、ゴミ箱に入っているファイルを古い順から自動的に削除してくれる“ゴミ箱監視ソフト”。削除したファイルを復元不能にする「シュレッダー」機能があり、セキュリティにも配慮されている。

    「HiAutoTrash」は、使用状況に応じてゴミ箱のファイルを安全に削除するソフト。ゴミ箱の利用状態を監視し、あらかじめ指定した値よりもディスクの空き容量が少なくなると、ゴミ箱のデータを削除して容量を確保する。ゴミ箱の監視は、システムのある起動ボリュームはもちろん、内蔵ボリュームや外付けディスクに対しても行える。

    起動するとFinderのメニューバー上にアイコンが表示され、ディスクの使用領域を常に監視する。常時確保する空き容量を「ディスク全量に対する百分率(初期設定は10%)」で指定しておくと、指定した容量を下回った際にゴミ箱のファイルが自動削除される。このとき、ゴミ箱から削除されるファイルの優先順位は「最後のアクセス日時が古い」ものほど高い。古いものから順番に削除し、ディスクの空き領域が設定した容量に戻るまでファイルの削除を繰り返す。

    ディスクの状態は、いつでも確認することが可能。メニューバー上のアイコンをクリックすると「現在使用中の容量」「ゴミ箱内の容量」「空き容量」を棒グラフの形式で確認できる。グラフの色が項目ごとに分かれており(赤/黄/緑)、ディスク全体に対する%値も示されるため見やすい。

    シュレッダー機能も備えている。ゴミ箱内のファイルを自動削除するときに、意味のないバイナリデータを上書きした上でファイル名も変更する。これにより、あとから復元することが非常に困難になる。

    このほか、手動による削除機能もあり、「ゴミ箱を空にする(全部削除)」「Finder上であらかじめ選択しておいたファイルの削除」「ファイルを指定して削除」といった操作を行える。オプションとして、「ゴミ箱を監視する間隔(秒単位)」や「シュレッダー機能のON/OFF」などを設定できる。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト「GeekUninstaller」
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト
    「GeekUninstaller」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる「dINDEX.2」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
    「dINDEX.2」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン「Revo Uninstaller Free」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン
    「Revo Uninstaller Free」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー「RE PLAYER」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー
    「RE PLAYER」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト「出来事帳」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト
    「出来事帳」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    ゴミ箱に蓄積されたファイルを自動的に処理してくれる便利なソフト。一度いらないと判断したファイルでも、あとから必要になることは割とよくある。つまりゴミ箱には、ファイルを消し去る前に置いておく「不要ファイルの一時保管場所」という役割があるわけだ。しかし、本当に捨てたわけではないから、ファイルをゴミ箱に入れただけでは、ディスクのスペースを占有してしまう。

    「HiAutoTrash」は、ゴミ箱が“あふれた”(一定の容量に達した)ときに全部を消して空にするのではなく、あふれた分だけを消し去ってくれる点が優れている。自動処理なので、普段は動作を意識しなくて済むのもうれしい。

    小容量のハードディスクを使っていて、なるべくディスク容量を節約したい人や、ゴミ箱にファイルが貯まって困るというユーザに特にお勧めしたい。

    (坂下 凡平)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    いちいち手動で「ゴミ箱を空にする……」を実行するのが面倒だったからです。Windowsでは自動的にゴミ箱が空になるのに……と思っていたのですが、それは私の勘違いのようでした。それから、弊作「電子シュレッダーHiShredder」が結構人気があるようなので、ファイル細断機能も付加すればかなり便利なものになると思って作りました。

    開発中に苦労した点
    ゴミ箱の仕組み(ゴミ箱フォルダへのアクセス方法等の情報)は公表されていないので、調べるのに苦労しました。メーリングリスト「mac-craft」には大変お世話になりました。この場を借りましてお礼申し上げます。

    ユーザにお勧めする使い方
    手間ひまかけずにゴミ箱を管理するのが「自動ゴミ箱HiAutoTrash」の目的ですので、デフォルトで使ってもらえればそれで結構です。アイコンが点滅し出したら、「ゴミ箱の情報を見る...」で「自動ゴミ箱HiAutoTrash」が働いている様子を見てやってください。

    今後のバージョンアップ予定
    単機能なアプリですので、とくにバージョンアップ等は予定していません。ただ、私のところでは何度か異常終了したことがありますので、デバッグのための改良は続けていこうと思っています。「自動ゴミ箱HiAutoTrash」を使用して気づいたこと等があれば知らせてください。よろしくお願いします。

    (くいくい)

    ● HiAutoTrash Ver.1.1.0
  • 作 者 : くいくい さん
  • 対応OS : Mac PPC
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://airpolice.ddo.jp/~kuikui/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    自動ゴミ箱HiAutoTrash 1.1.0 ゴミ箱の使用状況を定期的に監視し、必要に応じ古いものから順に細断処理して削除 (307K)




    最近のレビュー記事
    MiniTool Partition Wizard 12MiniTool Partition Wizard 12
    SSDクローン化はもちろん、様々な設定によりパソコンの高速化を実現
    HD革命/CopyDrive Ver.8HD革命/CopyDrive Ver.8
    パソコンの環境をOSやデータを丸ごと別のハードディスクやSSDにコピー
    おくすりアラームおくすりアラーム
    指定した時間にポップアップでお知らせ。お薬の「飲み忘れ」を防止
    BeeCut 動画編集BeeCut 動画編集
    字幕・テロップ・ナレーションもお任せ。オールインワン動画編集ソフト
    AdLock マルチデバイスAdLock マルチデバイス
    パソコンとスマホに表示されるインターネット広告を非表示にしてくれるソフト
    Voice Code PROVoice Code PRO
    誰でも簡単に使えるように開発された音声認識ソフト「Voice Code」の最上位版
    ロト6で億万長者ロト6で億万長者
    ベストセラー「億万長者ボード」シリーズの著者が独自の理論でロト6の買い目を予想するソフト
    ESET インターネット セキュリティESET インターネット セキュリティ
    「軽快な動作」と「高い検出率」で定評のある、マルチプラットフォーム対応の総合セキュリティ対策ソフト
    「HiAutoTrash」と同じカテゴリーの他のレビュー

    新着ソフトレビュー 公開記事一覧




    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.