その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2006.04.20 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > IgScope

IgScope

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
IgScope
“超”簡単な設定でリモート操作環境を実現できるソフト
Windows XP/2000  フリーソフト
IgScope
  • クライアント側画面。サーバの画面が縮小されて表示される。もちろんこの状態で操作できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 縦横比を変更した状態でも、リモート画面は表示される
  • ウィンドウ位置のワンタッチ変更機能もある

  • 起動時の選択でサーバにもクライアントにもなる、簡単設定のリモートアクセスソフト。クライアント側の描画にDirectXを採用し、高速な描画を実現している。

    「IgScope」は、ネットワーク接続されたサーバマシンの画面をクライアントのウィンドウ内に表示し、キーボード/マウスでサーバの遠隔操作を行えるソフト。他の同種ソフトと異なり、サーバ側の画面を実物大ではなく、拡大・縮小表示できることが大きな特徴。

    リモート機能は、画面を送り出すサーバ側、画面を受け取って操作するクライアント側の双方で「IgScope」を動作させることで実現される。プログラムは単一のEXEファイルになっており、インストールは不要。手軽に利用できる。

    起動すると、「サーバモードで動作させるか、クライアントモードで動作させるか」を選択するためのダイアログが表示される。サーバモードを選択した場合は、プログラムはそのままタスクトレイに格納され、クライアントからの接続を待つ。クライアントモードを選択した場合は、さらに接続先サーバを指定するため、IPアドレスを入力する(もちろんこの時点で、指定IPアドレスのパソコンで「IgScope」がサーバモードで動作している必要がある)。

    サーバマシンが認識されると、クライアント側の画面にウィンドウが開き、サーバのデスクトップが表示される。初回起動時は、画面サイズが320×240ピクセルにスケーリングされている(次回起動時からは、前回終了時の画面サイズで表示されるようになる)。

    ウィンドウサイズは、クライアント側のタスクトレイメニューで選択できる。用意されたサイズは、320×240/512×384/640×480の3種類。さらに、「IgScope」のウィンドウを直接ドラッグして、任意サイズに拡大・縮小することも可能。サーバ側とは異なる縦横比にリサイズすることもできる。また、クライアント側の「IgScope」ウィンドウの位置は、画面中心または上下左右端へ、タスクトレイメニューからワンタッチで移動させられる。

    リモート操作を行う場合は、タスクトレイメニューで「リモート操作」をチェックする。リモート操作時は、マウス/キーボード入力がサーバに伝達され、サーバマシンを遠隔操作できるようになる。

    クライアント側の描画にはDirectXを採用。サーバマシンの画面は高速に表示される。Windows XP標準のリモートデスクトップや、VNCなどの同種リモートソフトと比較しても動作は高速。さらに、DirectXを用いるプログラムもリモートで操作できるというメリットがある。クライアント側には「現在どの程度の画面更新頻度が実現できているか」が「FPS」として表示される。

    サーバ/クライアント側ともに、起動時オプションにより設定を変更できる。双方ともに初期状態の通信ポートを変更することが可能で、ファイアウォールなどで特定のポートしか通らない場合でも、「IgScope」を利用できる。サーバ側のオプションでは、デスクトップ全体を転送するのではなく、指定された一部のみを転送することも可能。リモート操作を許可せずに監視のみとしたり、画像転送時の圧縮を行わず、フル画像データを転送したりするような指定も行える。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト「GeekUninstaller」
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト
    「GeekUninstaller」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる「dINDEX.2」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
    「dINDEX.2」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン「Revo Uninstaller Free」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン
    「Revo Uninstaller Free」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー「RE PLAYER」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー
    「RE PLAYER」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト「出来事帳」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト
    「出来事帳」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    ネットワーク接続された他のパソコンの画面を自分のパソコンに表示し、操作できるリモートデスクトップ機能は、Windows XP Professionalにも標準搭載されているため、使用している人も多いだろう。遠隔地のパソコンを操作できるほか、近くに置いてあるパソコンでも、一組のキーボードとマウス、ディスプレイで操作できるようになる。うまく使えば、切り替え器代わりにも使え、かなり便利な機能だ。

    しかし、こんな便利な機能にも欠点はある。たとえば、サーバ側がデスクトップパソコンで、クライアント側がノートパソコンの場合など、サーバ側の画面サイズの方が大きい場合には、使い勝手がとたんに悪くなる。広い画面を、より狭い画面で覗き込むというのはかなり辛い。

    Windows XPのリモートデスクトップには接続する際に画面サイズを自動的に変更する機能もあるが、単に画面全体のサイズが小さくなるだけで、アイコンや文字は小さくならないため、結局使い勝手はあまりよくならない。ソフトによっては、半透明ウィンドウや、DirectXで表示される画面などが転送されないというのも、かなり気になる欠点だ。

    「IgScope」は、接続時にパスワード認証がなかったり、リモート側のサウンドがローカル側に転送されなかったりなど、他のソフトよりも機能面で引けをとる部分がある。しかし、「画面が縮小表示されることで、狭い画面からより広い画面のパソコンを操作できる」「DirectX表示も転送できる」、しかも「動作が非常に高速」と、欠点を補って余りあるメリットがある。

    実際、動作速度に関してはかなりスゴい。Windows XPのリモートデスクトップも、レスポンスはかなり高いのだが、「IgScope」の場合、フルカラーの画面を転送した状態でも、それよりかなり速い。

    遠隔操作ソフトはとにかくレスポンスが命。そのレスポンスをこれだけ確保しているのだから、まさに「スゴいソフト」と呼んでよいだろう。

    (天野 司)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景

    「ゲームが起動しているPCの画面を別のPCの画面に表示できないか?」

    ふとそう思ったことがこのソフトを制作するきっかけでした。フルスクリーンモードのみのゲームの場合、起動させてしまうと他のウィンドウを開くことができません。例えば、ゲームの内容をインターネットで調べようと思っても、別のPCを起動させる必要があります。同時に二つの画面を一つのモニタに表示させたいと思いました。

    そこで、リモートで画面を表示できるソフトウェアをいろいろと探してみました。画面だけを表示できるものや遠隔操作までできるものなど、たくさんのソフトウェアを試してみました。ですが、なかなかゲームの画面までを高速に描画できるソフトウェアに出合えませんした。

    「……自分でアプリケーションを制作しよう!」

    最初に思いついたのが画面のハードコピーをビットマップで保存するものです。これはわりと簡単に完成し、ネットワーク経由でブラウザでも表示できるので便利だと思っていました。

    そのうちに、「このままゲームがプレイできればもっとよいのでは?」と欲が出てきました。

    ブラウザにビットマップを表示するのでは画面の描画が追いつかず、とても見づらくてゲームになりません。表示用のクライアントも別に制作する必要があると思いました。

    インストールの必要もなく、サーバ兼クライアントのアプリケーションというとてもシンプルな作りにしました。アプリケーションの起動時の設定次第で、サーバにもクライアントにもなるという仕組みです。サーバはハードコピーをビットマップで送信しクライアントはビットマップを受信し表示を行うものでした。これが「IgScope」の原型でした。

    画面のサイズや色数がそのままのビットマップを転送するという仕組みでは、画面の描画速度に限界がありました。そこで思いついたのが幅と高さをそれぞれ半分にして間引いた部分をアンチエイリアシングするという方法です。この方法により、転送するデータ量が1/4になり、同時にクライアントの画面の描画速度も格段に向上しました。

    次に、クライアントの描画にDirectXを使用して表示速度を向上させることにしました。DirectXを使うことにより、拡大・縮小などにも自動でアンチエイリアシングがかかって画質もよくなりました。サーバにもDirectXを使用しようと思いましたが、これはゲームと競合してしまうために断念しました。

    色数の圧縮や部分更新など、いろいろと試してみましたが、圧縮処理や部分更新の判定に逆に時間がかかってしまい、このアプリケーションの本来の意味の「高速描画」を損なってしまう恐れがあったので、そのままになりました。

    その後もいくつかのバージョンアップを繰り返し現在に至ります。現在では、マウスやキーボードの遠隔操作や転送サイズ/表示サイズなどの詳細な設定も可能となりました。

    今後のバージョンアップ予定
    現在、パスワードが設定可能なバージョンを開発中です。パスワードが設定できることにより、セキュリティ面の向上が見込まれます。また、さらなる描画速度の向上やさまざまな機能追加なども考えております。今後ともよろしくお願い申し上げます。

    (一撃)
    最近のレビュー記事
    会社四季報CD-ROM ダウンロード版会社四季報CD-ROM ダウンロード版
    パソコンならではの高い検索性で、全上場企業の豊富なデータをフル活用できる
    Voice Rep MeetingVoice Rep Meeting
    オンライン会議用「自動」議事録作成ソフト。会議の音声をリアルタイムで文字化
    筆ぐるめ 29筆ぐるめ 29
    伝統の使いやすさに新しい要素を追加した年賀状ソフト
    ReTaskパーソナルReTaskパーソナル
    物事を忘れがちなアナタを助けるタスク管理ソフト
    Parallels Desktop 17 for MacParallels Desktop 17 for Mac
    再起動する事なくMacでWindowsが使用できる仮想化ソフト
    カスペルスキー セキュリティカスペルスキー セキュリティ
    高い検出力や軽快な動作で定評のある個人向け総合セキュリティ対策ソフト
    AdLock マルチデバイスAdLock マルチデバイス
    パソコンとスマホに表示されるインターネット広告を非表示にしてくれるソフト
    ZEUS PLAYERZEUS PLAYER
    BD/DVD、4K動画、ハイレゾ音源を含むディスク/ファイルを再生可能。手ごろな価格で導入しやすいマルチメディアプレイヤー
    「IgScope」と同じカテゴリーの他のレビュー

    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● IgScope Ver.1.10
  • 作 者 : 一撃 さん
  • 対応OS : Windows XP/2000
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://xrowcc.blog.shinobi.jp/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    IgScope 2.0.2 パソコン遠隔操作アプリ(DirectX高速表示,データ圧縮通信,パスワード設定可能,インストール不要) (199K)


    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.