その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2005.11.23 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > VSC-P2P

VSC-P2P

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
VSC-P2P
ドラッグ&ドロップで操作できる、公開鍵方式のファイル暗号化ソフト
Windows XP/2000  フリーソフト
VSC-P2P
  • コンパクトな「ミニ工房」(右下)のアイコンにファイルをドロップするだけで暗号化/復号化できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • ファイルを渡す相手をリストから選ぶ。有効期限や出力先の指定も可能
  • 暗号化ファイルを渡す相手は「宛先リスト」に登録しておく

  • ドラッグ&ドロップでファイルの暗号化/復号化を行えるソフト。「鍵ファイル」を使って暗号化/復号化を行うため、パスワードを暗記したり、そのつど入力したりする必要がない。

    「VSC-P2P」は、簡単な操作でファイルの暗号化/復号化を行えるセキュリティ対策ソフト。公開鍵方式を採用し、パスワード方式に比べて管理が容易。ファイルをやりとりする際の安全性が高い(編集部注:個人でのファイルの暗号化/復号化は無料で利用できるが、暗号化ファイルを他のユーザとやりとりして復号化を行ったりする場合は別途、有償版が必要)。

    「VSC-P2P」では、セットアップ時に「公開鍵」「秘密鍵」「自己認証鍵」の三つの鍵ファイルを作成する。公開鍵は、ファイルを受け渡ししたい相手に渡すもの。秘密鍵は自分で保管する鍵だ。一般に公開鍵方式ではこの二つが使われるが、「VSC-P2P」ではさらに自己認証鍵がある。他人とファイルをやりとりせず、自分だけで使う場合に利用する。

    鍵セットの作成後は、「ミニ工房」という小さなウィンドウ上のアイコンへのドラッグ&ドロップで、ファイルの暗号化/復号化を行えるようになる。鍵セットが利用者を認証するので、そのつどパスワードを入力する必要はない。

    暗号化時には、暗号化ファイルを渡す相手を指定する。相手はリストから選択するようになっている。自分だけが利用する(復号化できる)ファイルを作る場合は「今回の暗号化相手」リストに自分だけを登録する(自分の情報はインストール時に登録したものが表示される)。

    暗号化ファイルを他人とやりとりする場合は、事前に相手の公開鍵が必要となる。

    (1)ファイルを暗号化して送る 相手が作成した公開鍵をあらかじめ送ってもらい、自分の「VSC-P2P」に登録する。「今回の暗号化相手」リストに相手を登録してから暗号化を実行し、作成された暗号化ファイルを相手に送る。暗号化ファイルの送信先が複数の場合は「今回の暗号化相手」に全員の宛先を登録すればよい。

    (2)暗号化ファイルを受け取る 自分の公開鍵を相手に送って登録してもらい、自分宛に作成された暗号化ファイルを受け取って復号化する。

    はじめての相手から受け取った暗号化ファイルを復号化する場合は、相手の名前やメールアドレスを確認するダイアログボックスが表示される。このとき相手の公開鍵が自分の「宛先リスト」に登録されていなければ、その登録も行える。鍵ファイルを交換し、公開鍵/秘密鍵が一致しない限りファイルを復元できない。

    ファイルを暗号化する際には、ファイルを送る相手を指定できるほかにも、暗号の有効期限を指定できる。期限は、絶対的または相対的に指定することが可能。「絶対的」の場合は日時を直接指定するのに対し、「相対的」では暗号化を行った時点、または初めて復号化を行った時点を基点とし、何時間後あるいは何年後までといった形式で指定する。

    そのほか、ファイルをやりとりする相手を管理する「宛先リスト」の編集機能、自分の公開鍵をメールに添付して送信する機能などがある。エクスプローラなどのコンテキスト(右クリック)メニューからも暗号化/復号化、ファイルの抹消(電子シュレッダー)などを行える。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト「GeekUninstaller」
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト
    「GeekUninstaller」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる「dINDEX.2」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
    「dINDEX.2」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン「Revo Uninstaller Free」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン
    「Revo Uninstaller Free」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー「RE PLAYER」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー
    「RE PLAYER」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト「出来事帳」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト
    「出来事帳」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    公開鍵方式とは、自分を示す鍵を相手に渡しておくことで特定の相手との間で確実にファイルを受け渡しするための暗号化方式。単なるパスワードロックの場合はいったんパスワードが漏れてしまうと、誰もがファイルを復号化できるのに対し、公開鍵方式では暗号化した人間の公開鍵と復号化する人間の秘密鍵とが一致しない限り復元できないため、ファイルのやりとりがより安全になる。また、破られにくいパスワードは自分も覚えるのが難しく、逆に容易に覚えられるパスワードは簡単に破られてしまうというジレンマを抱え込むこともないので、ユーザは鍵のファイルさえきちんと管理しておけばよい。

    「VSC-P2P」の場合、無償版で暗号化したファイルを、別のユーザが無償版で復号化することはできないため、主にユーザが自分のために暗号化/復号化するという使い方や、有償版で作成した暗号ファイルを無償版で復号化するといった使い方になる。暗号化や復号化を行うには、ソフトと同じフォルダに鍵ファイルがなければならない。そこで、ソフトと鍵ファイルはまとめてUSBメモリなどに入れて、パソコンとは別に保管することが推奨されている。こうしておけば、万が一パソコンを紛失するようなことがあっても安心だ。プログラムファイルと鍵ファイルに宛先のリストを合わせても約1.5MB程度なので、ほとんど負担にならない。

    逆に暗号化されたデータを持ち運ぶときは、ソフトや鍵といっしょにしないように注意しなくてはいけない。暗号化されたファイルをダブルクリックすると、復号化した一時ファイルを作成し、さらに関連付けされたアプリケーションがあれば、それを起動してファイルを開いてしまうので危険だ。ただし、この機能は暗号化したファイルをいちいち復号化しなくても内容を確認できるし、アプリケーションを終了すれば一時ファイルは自動的に消えるので、暗号化されたファイルの内容を参照したいときには便利だ(さらに有償版では、開いたファイルを編集して更新することもできる)。

    多くの人にファイルを配布したいけれど、全員分の暗号化ソフトを買うには予算が厳しいという場合、「VSC-P2P」があれば暗号化する方は有償版一本でいいので、トータルのコストを抑えることができる。もちろん、個人でファイルを暗号化したいという人にとっても便利なソフトだ。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    暗号化ソフトを用いて、秘密のファイルを送信しようとしたとき、当然相手も同じソフトを持っていないと復号化できません。やりとりをする両方だと閾値が高く、暗号化ソフトは普及しません。無償版のパスワード方式の暗号化だと、なりすまし防止に限界があり、運用上にも問題があります。これらの問題を解決する方法は? と会社設立時の2003年8月に考えていた課題を解決するため、この「暗号化工房 VSC-P2P」を開発しました。

    Acrobat PDFファイル形式のように、PDF作成は有償、PDF解読は無償というのにヒントを得、また有償の郵便切手を貼れば、相手は無償で手紙を受け取るという郵便制度にヒントを得、このP2P型相互認証という方式を考え、実装しました。暗号化無償で復号化有償は○、暗号化無償で違う相手の場合、無償で復号化できないようにすることも、郵便における、“着払い”にヒントを得、「暗号化工房 VSC-P2P」のプロトコルを設計しました。現在、ユーザの利便性(特にユビキタス環境での利用時)を高めるべく、年に3回程度の小刻みなバージョンアップを繰り返しております。

    (1)USBメモリに本ソフトを内蔵させ、それを出張先・外出先から、機密ファイルを送信、(2)ベンチャーキャピタルに無償版を配布し、プレゼンする企業が事業計画書を有償版で暗号化、(3)地方銀行が有償版で機密データを暗号化して送信、金融庁は無償版で復号化、(4)企業に応募者が無償版で応募書類(個人情報満載)を暗号化、企業が有償版で復号化、(5)弁理士と企業の研究者が、出願前の特許明細書のやりとりを暗号化して行う(弁理士が有償版、研究者が無償版)というのがお勧めする使い方です。』

    ((株)カオスウェア)
    最近のレビュー記事
    筆ぐるめ 29筆ぐるめ 29
    伝統の使いやすさに新しい要素を追加した年賀状ソフト
    筆王Ver.26筆王Ver.26
    パソコンを使用する事による恩恵を受けつつ、温かみのある手書き風年賀状も作成できるはがき作成ソフト
    Web会議レコーダー ProWeb会議レコーダー Pro
    Zoom・Skype・Teams等を誰でも簡単に録画
    筆まめVer.32筆まめVer.32
    22年連続販売本数第1位の年賀状ソフト最新版
    じぶんドックじぶんドック
    毎年受けてきた健康診断の結果を時系列に並べてグラフ化
    会社四季報CD-ROM ダウンロード版会社四季報CD-ROM ダウンロード版
    パソコンならではの高い検索性で、全上場企業の豊富なデータをフル活用できる
    Voice Rep MeetingVoice Rep Meeting
    オンライン会議用「自動」議事録作成ソフト。会議の音声をリアルタイムで文字化
    ReTaskパーソナルReTaskパーソナル
    物事を忘れがちなアナタを助けるタスク管理ソフト
    「VSC-P2P」と同じカテゴリーの他のレビュー

    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● VSC-P2P Ver.1.04
  • 作 者 : (株)カオスウェア さん
  • 対応OS : Windows XP/2000
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://www.chaosware.com/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    暗号化工房 VSC-P2P 1.05 ドラッグ&ドロップで簡単に暗号化/復号化 他人との暗号化のやりとりも簡単 (564K)


    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.