その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2004.04.07 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > TransDIC

TransDIC

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
TransDIC
自分だけの英語辞書を作れる辞書作成・管理&検索ソフト
Windows XP/Me/2000/98/95  シェアウェア
TransDIC
  • 前方一致、後方一致など、さまざまな方法で検索できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 辞書データベースメンテナンス画面。見出し語、訳語などを登録して、オリジナルの辞書を作る
  • ワイルドカード検索用の書式を簡単に記述できるワイルドカードビルダ

  • 自分専用のオリジナル英語(外国語)辞書を作成できるソフト。辞書データベースの作成・管理と、検索(辞書引き)の二つの機能を持つ。

    「TransDIC」を利用するにはまず、使用する辞書データファイルを登録する。一からオリジナル辞書を作る場合は、事前に「辞書データベースの新規作成」で空のデータベースファイルを作成し、辞書として登録する。付属のサンプル辞書を利用する場合はデータベースの作成は不要で、そのままサンプル辞書を登録すればよい。複数の辞書を登録し、検索時に使い分ける可能も可能だ。

    語彙の追加や編集を行う「辞書データベースメンテナンス」画面では、「見出し語」「発音記号」「訳語」「用例」の各項目を入力できる。また、語句の種類として「単語」または「熟語」のいずれかを選択する。

    語句の検索モードとして用意されているのは、

    • インクリメンタル検索
    • 前方一致検索
    • 中間一致検索
    • 後方一致検索
    • ワールドカード検索
    の5種類。インクリメンタル検索では、語句の一部の文字をユーザが入力するたびに、該当する語句が絞り込まれ、該当した最初の語句を先頭にしてリスト表示を行う。そのほかの前方一致検索などでは、指定した文字を含む語句だけを一覧表示する。検索の対象は、「単語」「熟語」「単熟語(単語と熟語の双方)」から選択することが可能。また、特殊なモードとして、訳語の中に含まれる文字列や用例の中に含まれる文字列を対象に検索を行うものもある。

    検索画面は、左右に大きく2分割されたデザイン。左側のペイン(見出し語リストボックス)には該当する語句のリストを、右側のペイン(検索結果表示ボックス)にはその語句の訳語や用例のリストを並べて表示する。

    使用する辞書データベースの切り替えは、ツールバーのドロップダウンリストからワンタッチで行える。「TransDIC」オリジナルの辞書以外にも、「英辞郎」や「和英辞郎」(英辞郎、えいじろう、EIJIRO)の辞書データ、「1行テキスト」(見出し語と他の項目を“///”で区切る形式)、PDICテキスト形式、CSV形式などのデータを変換して利用できる。

    そのほかにも、

    • よく参照する語句を登録しておける「マイワードブック」
    • Windowsのスピーチシンセサイザ(Text-To-Speechエンジン)を利用した見出し語の発音
    • 表示画面内の文字列検索
    • ワイルドカード検索時の検索設定を容易にする「ワイルドカードビルダ」
    • 見出し語の削除により発生するフラグメンテーションを解消するためのデータベース最適化
    などの機能がある。検索一致文字列、見出し語、訳語など、パートごとのフォントや文字色を自由にカスタマイズでき、わかりやすく色分け表示させられる。
     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト「GeekUninstaller」
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト
    「GeekUninstaller」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる「dINDEX.2」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
    「dINDEX.2」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン「Revo Uninstaller Free」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン
    「Revo Uninstaller Free」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー「RE PLAYER」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー
    「RE PLAYER」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト「出来事帳」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト
    「出来事帳」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    ユーザが辞書データを自分で育てていくところがユニークだ。当然のことながら、手軽に単語の意味を調べたい方にはあまり向いていない。辞書にどんな語句を登録するかという根本的な部分からして、ユーザの主体性が問われるソフトといっていいだろう。もちろん他の辞書ソフトのデータをもってくるという手もあるが、そこまで手軽さを重視するのならいっそ最初からほかのソフトを使った方が楽なので、やはりこのソフトの肝は「オリジナルの辞書をいかに作り上げるか」にあるといっていいと思う。

    実は筆者の場合、適当に辞書のページを繰って知らない語句を見つけては「ほほー」と感心するという暇つぶし的な使い方に喜びを見出すタイプなので、目的の単語が一発で検索できる電子辞書の類は「即物的すぎてつまんない」というのが基本的な評価なのだが、そういう視点から見ても、「TransDIC」は意外に楽しめる。

    理由は、検索モードが豊富なことと、結果がリスト表示されるという点だ。例えば、前方一致や中間一致などの検索方法を駆使して同じ語幹を持つ単語をリストアップしてみたりするとおもしろい(ただし、こういう使い方だと登録語数が充実した辞書がほしくなるなるというジレンマがあるわけだが)。そして、このような使い方をするときに便利なのが「ワイルドカードビルダ」だ。ワイルドカードという考え方そのものに慣れていない人でも簡単に書式を記述できるよくできた機能といえる。

    辞書を一から育てていくのは確かに手間がかかるが、他の辞書ソフトと併用しつつオリジナルの専門辞書を作るツールと考えれば、十分に実用的だ。自分なりの辞書がほしいという人のための「辞書作成用プラットフォーム」として魅力がある。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    はじめて「英辞郎」と呼ばれる大容量の辞書データのテキストファイルを入手した際、このデータを利用して、その内容を効率よく縦横無尽に取り出して利用できる、自分専用の検索ツールを作ろうと考えました。本来は個人で利用していましたが、のちにその辞書データを利用している方々が非常に多いことを知り、一人だけで使うよりも、多少でも興味のある方がいらっしゃるのであれば利用していただきたいと考えて、少し化粧直しをして公開することにしました。

    開発中に苦労した点
    Microsoftのデータベースアーキテクチャを利用して、多くの場合、時間が空いているとき気長に作成しましたので、特に苦労したというところはありませんでした。APIや関数等の使い方などについてはネット上のレファレンスやサンプルも参考になりました。

    ユーザにお勧めする使い方
    ─ まずはすべての機能を使ってみてご意見をいただきたいというのが正直なところですが、特にお勧めしたいのが「ワイルドカードビルダ」機能です。見出し語の前方、中間、後方一致検索はどの検索ソフトや電子辞書にもあるかと存じますが、このワイルドカードビルダはこれらの検索方法を統合したような機能で、

    <>dd見出し語の文字が「○○で始まり、□□で終わるのがわかっていて、その間に△△の文字が含まれていたのもわかるけれど、正確なスペルがわからないのでお目当ての単語、熟語の定義の確認にあれこれ時間がかかる……」
    「あいまいなスペルの部分の文字数などはわかっているのだけれど……」
    という場合など、わかる範囲の情報をダイアログに入力すると(手動では慣れてないと面倒な)ワイルドカード文字列を自動生成して検索することを可能にするツールで、目的の単語、熟語を時間をかけずに探し出すのに便利な機能です。

    ─ 「訳語項目中の文字列検索」ならびに「用例項目中の文字列検索」機能もぜひ利用していただきたい機能です。これらの機能では、訳語あるいは用例項目の中からユーザが指定した文字列が含むレコードを検索・表示することができます。前者の機能では辞書が英日の場合、日本語訳からピッタリとしたニュアンスの英単語や英熟語を「逆引き」して検索することも可能です。後者の機能では、もし「英辞郎」などのテキストデータを変換してご使用になりますと、指定した文字列を膨大な用例の中から検索・表示を行って、その単語・熟語の使い方(用法)を確認したり、そのセンテンスを参考にして実際に文章を作成したりする際に活用することもできるでしょう。

    ─ さらに、試していただきたい機能は、英文読み上げ機能です。他のソフトと異なるのは見出し語の発音のみならず画面上のすべての英文をマウス範囲指定して、その範囲の(用例中の長いセンテンスなども含めて)英文の発音を確認することができます。

    今後のバージョンアップ予定
    今後のバージョンアップ予定としては、

    • 公開したばかりですので、まずはアプリケーションの安定性
    • 辞書のグループ化
    • さらなる検索機能の多様化
    • 検索の高速化
    • 過去に検索した見出し語等へ簡単に戻ることのできるヒストリ機能
    • 現在、他の辞書データを変換して利用する際、変換元ファイルとしてテキストファイルのみ対応となっている機能を、バイナリファイルも含めて変換できるようにする
    などを取りあえず挙げることができると思います。また、デザインから作成まで、一から十まですべて一人で作成し、その過程でも他の方からのフィードバックをもらうことなく公開しましたので、「井の中の蛙」という感があります。実際に多くのユーザの方々に使用していただき、実際どのように感じるか、できるだけご意見、ご要望をいただいて、将来のバージョンアップに反映していきたいと考えています。
    (smallisland)
    最近のレビュー記事
    会社四季報CD-ROM ダウンロード版会社四季報CD-ROM ダウンロード版
    パソコンならではの高い検索性で、全上場企業の豊富なデータをフル活用できる
    Voice Rep MeetingVoice Rep Meeting
    オンライン会議用「自動」議事録作成ソフト。会議の音声をリアルタイムで文字化
    筆ぐるめ 29筆ぐるめ 29
    伝統の使いやすさに新しい要素を追加した年賀状ソフト
    ReTaskパーソナルReTaskパーソナル
    物事を忘れがちなアナタを助けるタスク管理ソフト
    Parallels Desktop 17 for MacParallels Desktop 17 for Mac
    再起動する事なくMacでWindowsが使用できる仮想化ソフト
    カスペルスキー セキュリティカスペルスキー セキュリティ
    高い検出力や軽快な動作で定評のある個人向け総合セキュリティ対策ソフト
    AdLock マルチデバイスAdLock マルチデバイス
    パソコンとスマホに表示されるインターネット広告を非表示にしてくれるソフト
    ZEUS PLAYERZEUS PLAYER
    BD/DVD、4K動画、ハイレゾ音源を含むディスク/ファイルを再生可能。手ごろな価格で導入しやすいマルチメディアプレイヤー
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● TransDIC Ver.1.04
  • 作 者 : smallisland さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98/95
  • 種 別 : シェアウェア
  • 作者のホームページ : http://www.geocities.jp/transdic/
  • 補 足 : 試用期間は30日間


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    シェアウェアプロレジ・シェアレジ(1,404円(税込))
    TransDIC 2.0.2 高機能で簡単便利な辞書作成・検索ソフト (13,731K)


    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.