その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2004.03.27 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > Claymore

Claymore

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Claymore
タイミングによって攻撃力が変化する独自の戦闘システムが魅力のRPG
Windows XP/Me/98  フリーソフト
Claymore
  • タイミングよくキーを押すことで、敵に与えるダメージが大きくなる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 魔族の攻勢にさらされた前線の都市から、物語は始まる
  • 要所要所で美しいイベントシーンが挿入される

  • 二人のキャラクタを成長させ、行く手を阻むモンスターどもを斬り倒してゆくRPG。ボタンを押すタイミングによって攻撃力が変化する、独自の戦闘システムが採用されている。

    「Claymore」は、フィアナ騎士団への入隊を夢見る単純で元気な少年「アウル」と、腕は立つが口の悪い皮肉屋の少女「リン」の二人を主人公にしたRPG。魔族の攻勢にさらされた「第3防衛前線都市シフィリア」で偶然出会った二人は、名声を上げるという共通の目的のために、魔族と戦うコンビを組む……というストーリー。

    ゲームの最大の特徴は、非常にユニークなオリジナルの戦闘システム。まず、アウルたちが行動し、次に魔物が行動するターン制になっている。ターンの最初に「アタック」「スキル」「チャージ」という三つのコマンド選択アイコンが表示され、プレイヤーが「アタック」を選択することで、魔物たちを攻撃できる仕組みだ。

    アウルたちの攻撃が開始すると画面にゲージが表示される。急速に短くなるゲージがなくなってしまう前に、タイミングよく【Z】/【X】/【C】いずれかのキーを押すことで、相手にダメージを与えられる。ゲージが短ければ短いほど威力が増すが、消えてしまうと攻撃失敗となる。一定以下の長さで攻撃するとクリティカルとなり、通常の倍のダメージを敵に与えられる。

    攻撃は失敗しない限り、最低でも2回続けて行える。「BP(ブレイクポイント)」というステータスが100%になっている状態で、一撃目は【Z】、二撃目に【X】など、特定の順番でキーを押すと、必殺技が発動することがある。見つけた必殺技は記録され、いつでもステータスウィンドウで確認できる。連続技の場合は何度もゲージが表示される。

    キャラクタの成長システムも独特だ。戦闘に勝利することで「ポイント」を獲得でき、獲得したポイントは「攻撃力」「防御力」「素早さ」「幸運」の各ステータスに自由に割り振ることができる。敵を倒したときやダンジョン、町などで入手できる「エレメント」というアイテムで武器を精錬し、ステータスの値を上げることもできる。戦闘時に使用できる特殊能力である「スキル」も豊富に用意されている。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト「GeekUninstaller」
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト
    「GeekUninstaller」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる「dINDEX.2」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
    「dINDEX.2」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン「Revo Uninstaller Free」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン
    「Revo Uninstaller Free」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー「RE PLAYER」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー
    「RE PLAYER」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト「出来事帳」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト
    「出来事帳」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    要所要所に表示される美しいグラフィック、戦闘時のキャラクタボイス、効果音、BGMと、どれをとってもよくできた一級品のRPGだ。「アウル」と「リン」の二人の掛け合いは楽しく、会話時に表示される表情はとても豊か。見ていて微笑ましい。

    しかし、「Claymore」の最大の魅力は、パワーゲージを採用した独自の戦闘システムにある。通常のRPGの戦闘と違い、プレイヤーの腕で戦闘の難易度が大幅に変化する点がおもしろい。すべての攻撃で大胆にクリティカルを狙うか、あるいは無難なところでキーを押して確実に敵を攻撃するか──攻撃のたびに戦法を考える楽しみがある。必殺技を発動させるためのコマンドが秘密になっており、プレイヤーが試行錯誤しながら発見しなくてはならないのも、やりこみの要素となっている。

    ただ、ゲームの開始時点では、主人公たちの具体的な目標や行動がわかりにくいのが気になった。一般的な行動をきちんと繰り返していれば突破口が見つかるので、RPGに慣れていれば問題はないのだが、「RPGのお約束」に慣れていない初心者にはちょっと辛いかもしれない。全体に戦闘の比重が高く、街の人との会話やイベントなどが弱い点も、全体の完成度が高いだけに少し残念に思えた。

    とはいえ、キャラクタの成長システムなどはよく考えられており、操作性もよい。RPGが好きな人には、ぜひお勧めしたいゲームだ。

    (秋山 俊)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    このゲームは専門学校の卒業制作で、学校で一般公開されたゲームです。動機というのは特になく、RPGが好きでRPGを作りたかったから作りました。卒業制作用のため、クォリティを求めて中身が薄かったのは反省しています。

    開発中に苦労した点
    学校の卒業制作には期間があります。それが仕様を決めたあとで計算して3ヵ月です。この締め切りが一番きつかったと思います。あとはごく普通のRPGのインタフェースを確立することです。技術的に大したことはやってないですけど、根気を要します。

    ユーザにお勧めする使い方
    キャラクタのステータスを自由に振れるので、自分好みのステータスのキャラクタを作り上げてください。必殺技のコマンドも、できればヒントなしですべて出してみてください。

    今後のバージョンアップ予定
    細かいバグは残ってますが、現在は新作の制作に入っていますので、バージョンアップの見込みは低いです。

    (對馬 吉誉)
    最近のレビュー記事
    テロップニュースリーダーテロップニュースリーダー
    デスクトップ上に最新ニュースが流れるように表示されるソフト
    ストレッチeyeストレッチeye
    「立体視」でパソコン画面上をアイコンが浮遊。疲れた眼を癒してくれるソフト
    会社四季報CD-ROM ダウンロード版会社四季報CD-ROM ダウンロード版
    パソコンならではの高い検索性で、全上場企業の豊富なデータをフル活用できる
    おまかせ電子印鑑PREMIUMおまかせ電子印鑑PREMIUM
    見積書や納品書などの書類に電子印鑑を押印できるようになる電子印鑑作成ソフト
    おまかせ記念日管理おまかせ記念日管理
    誕生日等の記念日を設定するだけで、毎年繰り返されるイベントを自動的に作成
    Personal RPAPersonal RPA
    個人レベルで誰でも簡単にルーチン業務を自動化できるリーズナブルなRPAツール
    Voice CodeVoice Code
    パソコンにマイクを接続して話すだけで、文章をリアルタイムに入力できるようになる音声入力ソフト
    Voice CodepriPrinter 6 Professional
    インクジェットおよび業務用の複合機プリンタのドライバを拡張させた多機能仮想プリンタドライバ
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● Claymore Ver.1.4
  • 作 者 : 對馬 吉誉 さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/98
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://f6.aaacafe.ne.jp/~cross/
  • 補 足 : 動作にはDirectX 8.1以降が必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    Claymore 1.4 プログラムで作った自作のRPG (95,351K)


    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.