その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2003.04.12 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > CINEMA CRAFT ENCODER Basic

CINEMA CRAFT ENCODER Basic

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
CINEMA CRAFT ENCODER Basic
プロユースクラスの高画質・高速変換を手軽に体験できるMPEG-1/2エンコーダ
Windows XP/Me/2000/98/NT  製品:試用可
CINEMA CRAFT ENCODER Basic
  • メイン画面。バッチ式のオフラインエンコーダだ

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • エンコード設定画面。2パスVBRに対応している点がうれしい
  • ビデオ設定画面。設定にはMPEGの知識が必要

  • 動画ファイルを読み込み、Video CDやDVD-Videoなどで使われるMPEG-1/2形式の動画にエンコードするオフラインエンコーダ。高速・高画質でエンコードできる。

    「CINEMA CRAFT ENCODER Basic」は、もともとDVD制作などに使われてきた、業務用途向け高画質MPEGエンコーダ「Cinema Craft Encoder(CCE)」シリーズのソフトで、個人ユーザでも利用できるように機能を限定し、低価格化を図ったエントリーモデルにあたる。機能が限定されているとはいえ、エンコードの肝となるエンジン部分は上位製品の技術をそのまま利用しており、CCEシリーズの特徴である高画質・高速性と、高いMPEG規格適合度を継承している。

    高画質を実現するコア技術としては、上位シリーズで培われた「独自アルゴリズムによる広範囲の動き検出」、シーンの切り替わりを自動的に判別してIフレームを挿入する「自動シーンチェンジ検出機能」などが挙げられる。また、CCEシリーズの従来の廉価版「CCE Lite」では省略されていた「2パスVBR(可変ビットレート圧縮)」が「Basic」では採用されており、「できるだけ画質を維持したまま、高い圧縮率を求めたい」という人にとっては大きなメリットとなっている。

    指定できるエンコードパラメータは豊富。GOP構造(M/N)のカスタマイズ、Closed GOPの生成、シーケンスヘッダの有無、ブロックスキャン方法の指定など、パラメータを細かく調整できる。さらに、高精度の逆3:2プルダウン機能や、動画素材に合わせて画質フィルタを適用する簡易画質設定機能も搭載する。

    読み込み可能な画像形式はAVI/QuickTime。カラースペースはRGB/YUVに対応する。出力はもちろんMPEGストリームで、プログラムストリーム/エレメンタリストリームの双方に対応する。

    CCEシリーズのもう一つの特徴である高速性も健在だ。CPUパワーにもよるが、Pentium4-2GHzクラスのCPUで1パスCBR(固定ビットレート圧縮)であれば、元の動画の時間(実時間)よりも短時間でエンコードすることが可能となる。Pentium III/4のMMXテクノロジーやストリーミングSIMD拡張命令(SSE)、AthlonのMMXテクノロジー、エンハンスト3D Now!テクノロジーにも対応する。

    そのほか、動画編集ソフト「Adobe Premiere(6.0以降)」用のプラグイン版が含まれ、「Adobe Premiere」から直接、MPEGを出力することが可能。同様に、「Adobe Premiere」以外のソフトから、ファイル保存を経由することなく動画データの読み込みを可能にする「フレームサーバ」機能も搭載する。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト「GeekUninstaller」
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト
    「GeekUninstaller」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる「dINDEX.2」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
    「dINDEX.2」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン「Revo Uninstaller Free」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン
    「Revo Uninstaller Free」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー「RE PLAYER」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー
    「RE PLAYER」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト「出来事帳」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト
    「出来事帳」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    「CCE」のような“業務用”の部類に属するソフトは、まさに「知る人ぞ知る」という表現がぴったりくるような存在だ。もともとMPEGエンコーダというのは、論ずれば単にファイルのフォーマットを変換する機能を持つだけのソフトで、他のジャンルのソフトにたとえるなら、LZHやZIPのアーカイバに近いだろうか。そのため、画面デザインも必然的に「設定ボタンだけが多数並ぶ」だけになってしまい、一見して地味なソフトとなってしまう。

    しかし、そうした外見とは裏腹に、MPEGエンコーダの構造は非常に複雑で、さらにソフトによって性能の差が非常に大きいのである。最も重視される画質は、同じソース、同じ圧縮率で比較しても、エンコーダによってまるっきり違うことが普通だし、変換速度もソフトによって大きな差がある。

    さらに、市販のプレイヤーでも再生されることがあるDVDを作成する場合、規格への適合度というのも非常に重要だ。一見高い画質を実現しているように見えても、例えばごく一部に規格から逸脱した部分があれば、それで「再生できないプレイヤー」が発生してしまう可能性もあるのだ。これではいくら画質がよくても安心して使えない。こうしたさまざまな問題があるからこそ、普通のソフトの常識からすれば異常ともいえるほど高価な“業務用”製品の存在価値があるのだ。

    今回の「CINEMA CRAFT ENCODER Basic」は、その業務用エンジンをそのまま一般向けの価格の製品に搭載してしまった。正直言って、これはもう「反則」と言ってもいいくらいだ。たしかに機能は限定されているとはいえ、昨日まではほしくてもとても買えない「高嶺の花」だったソフトが、本当にちょっとしたシェアウェア並みの価格で手に入ってしまうのだ。しかも、機能限定も、それほど致命的な限定ではなく、うまく使えば何とかなる程度の実用的な範囲にとどまっている。このことだけで、この「CCE Basic」の存在はもはや何ものにも代え難い。

    外見は素っ気なく、ある程度の知識がなければ使いこなすことも難しいソフトではあるが、「MPEGを扱う人ならば必携」といえるソフトだ。

    (天野 司)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    カスタム・テクノロジー社の開発した「CINEMA CRAFT ENCODER(CCE)」シリーズは、市販DVD-Videoタイトルの映像制作業務用として、日本はもとより世界中のポストプロダクションで使われてきた、豊富な実績を誇る国産ソフトウェアMPEGエンコーダです。「CCE」がプロユースで支持され、信頼されてきたのは、その画質はもちろん、制作時間の短縮に欠かせない高速性が高く評価されているからにほかなりません。その画質と高速性を手ごろな価格でお届けすべく誕生したのが「CINEMA CRAFT ENCODER Basic(CCE-Basic)」です。

    昨年来の記録型DVDドライブの急速な普及により、個人ユーザの間でもDVD-Videoの作成が広く行われるようになっています。記録型DVDドライブには標準で何らかのDVDオーサリングソフトが付属しており、そのほとんどにはMPEGエンコード機能が組み込まれていますが、そうしたエンコーダで高品位な映像を得るには、やや力不足な感があります。また、速度についても不満が少なからずあることと思います。

    「CCE-Basic」は、各CPUに徹底して最適化され、その性能を極限まで引き出すべくコーディングされた、上位バージョンと同一の高品位で高速なMPEGエンコードエンジンを搭載し、しかもほとんどのDVDオーサリングソフトで再エンコードを経ずに利用可能な、1パス/2パスCBR(固定ビットレート)と2パスVBR(可変ビットレート)のMPEG-2ファイルを生成できます。結果、オーサリングソフトに組み込まれているエンコード機能を利用するよりも、画質もさることながら、より短時間でDVD-Videoを作成できる場合も少なくないようです。ドラッグ&ドロップで複数のファイルを登録して同時にエンコードしたり、同じソースを異なる設定でエンコードできる「バッチエンコード」など、使い勝手にも配慮しました。

    MPEGエンコーダの画質は、パソコン上でソフトウェアデコーダなどを使って再生して比べたのでは、区別がつきにくいものです。「CCE-Basic」の真価を実感していただくには、生成された映像を記録型DVDに焼いて、民生用DVDプレイヤーと大画面のテレビでご覧になることをお勧めします。

    「CCE」シリーズは、多くのプロフェッショナルユーザの声を支えに鍛え上げられてきました。「CCE-Basic」もユーザのみなさまからの声に耳を傾けながら、一層使いやすく、高性能な製品を目指してゆきたいと考えています。

    まずは体験版でお試しください。

    ((株)ノバック)
    最近のレビュー記事
    DriverMax 10 PRODriverMax 10 PRO
    デバイスドライバーを最新の状態に。古くなった問題のあるドライバーを自動更新
    パパっとパスワード管理パパっとパスワード管理
    ID・パスワードを安全に管理するためのソフト
    Advanced SystemCare 12Advanced SystemCare 12
    パソコンの動作が遅い・重いをワンクリックで解消するパソコンのメンテナンスソフト
    Wise Care 365 PRO V5Wise Care 365 PRO V5
    ワンクリックでパソコンを高速&最適化するソフト
    AnyTrans 7AnyTrans 7
    iPhone・iPadとパソコンの間で、音楽や画像等のデータを簡単に転送&バックアップ
    eXpert PDF 12 UltimateeXpert PDF 12 Ultimate
    作成、閲覧、編集、変換、校正、保護、OCR機能を搭載したPDFソフト
    ネットラジオレコーダー8ネットラジオレコーダー8
    インターネットラジオを安全・確実に録音するソフト
    BackupNinjaBackupNinja
    iPhoneのあらゆるデータをバックアップ、欲しいデータを選んで自由自在に復元
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● CINEMA CRAFT ENCODER Basic Ver.2.67.01.05
  • 作 者 : (株)ノバック さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98/NT
  • 種 別 : 製品:試用可
  • 作者のホームページ : http://www.novac.co.jp/
  • 補 足 : トライアル版の試用期間は30日間。3分までのMPEGファイルを作成できる。製品版はプロレジで購入後にダウンロードできる


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    製品(6,090円)
    CINEMA CRAFT ENCODER Basic トライアル版 2.69 CCEシリーズの実績と信頼の高画質・高性能ソフトウェアMPEGエンコーダー (1,825K)


    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.