ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2002.10.16 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > Kacis マイキャビネット

Kacis マイキャビネット

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Kacis マイキャビネット
仮想フォルダで効率的なファイル管理を行えるソフト
Windows XP/Me/2000/98/NT  製品:試用可
Kacis マイキャビネット
  • 登録情報をもとにバーチャルフォルダに分類・整理して表示する

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • バーチャルフォルダは「キャビネットカード設定」の情報をもとに作られる
  • ファイル内の全文検索やキャビネットカード内の詳細な検索も可能

  • 仮想フォルダを切り替えることにより、ファイルの検索や表示を簡単に行うことができるファイル管理ソフト。ファイルに設定したタイトルなどをもとに自動的に分類を行い、「バーチャルフォルダ」を作成。バーチャルフォルダを選択するだけで、ファイル検索を簡単に行える。

    「Kacis マイキャビネット」は、パソコンで扱う文書ファイル、画像ファイルなどを効率よく管理するためのソフト。メイン画面は、フォルダツリー+ファイル一覧にプレビューエリアを加えた3ペイン構成のデータビューア風のデザイン。選択したファイルの内容をプレビューしたり、ダブルクリックで開いたりできる。

    ファイルは「マイキャビネット」というデータベースで管理される。ユーザがマイキャビネットの中にフォルダを作成して階層管理することも可能だが、バーチャルフォルダを使うことで、登録したすべてのファイルの中から「タイトル」や「作成日」をもとに簡単にファイルを検索できる。

    「標準のフォルダ表示」では、マイキャビネット内の全ファイルをファイル名やタイトル順で表示する(ソート可能)のに対し、バーチャルフォルダ表示では、タイトルや作成日などで分類されたフォルダツリーを表示する。例えば「タイトル」をバーチャルフォルダにした場合、マイキャビネットをルートフォルダとして「あかさたな」の行ごとにフォルダがあり、さらに「あ行」中は「あ」「い」「う」「え」「お」それぞれのサブフォルダに分類される。同様に「年月日」の場合は、ファイルの作成日時をもとに年→月というフォルダ構成となる。これにより、ファイルの登録時にどのフォルダに入れるかを悩む必要がない。逆にファイルを検索する場合にはバーチャルフォルダを切り替えるだけでよく、「タイトル」「作成日」「分類」などで整理された状態で表示してくれる(ハードディスク上では別の場所に保存していても、「Kacis マイキャビネット」上では一括して管理・検索ができるということでもある)。

    バーチャルフォルダは、マイキャビネットにファイルを登録したときに指定する「キャビネットカード設定」という文書情報をもとに自動で作成される。キャビネットカードに登録可能な項目は、「タイトル」「タイトルの読み」「作成者」「分類」などの基本的な情報と、「バージョン」「発行者名」「保管期限」「キーワード」などの詳細情報に大きく分けられている。これらの文書情報をもとにバーチャルフォルダが作成され、リストからバーチャルフォルダのタイプを選択すれば、その分類にしたがって整理されたファイル一覧が表示されるという仕組みになっている。

    マイキャビネットへのファイルの登録は、デスクトップのショートカットアイコンや「Kacis マイキャビネット」のウィンドウにドロップするだけで簡単に行える。ファイル自体を登録するほかに、ファイルへのリンク情報やURLを登録することもできる。

    「Kacis マイキャビネット」のフォルダを開き、リストからファイルを選択すると、プレビューエリアにその内容を表示する。プレビューエリアには4種類のモードがある。「本文」では、テキストやワープロ文書の内容を表示し、「目次」では、「Kacis マイキャビネット」の姉妹製品で作成した書類の目次を表示する。「カード情報」は、キャビネットカード設定の内容を一覧形式で表示する。「プレビュー」では、静止画やマルチメディアファイルを表示・再生する。

    プレビューエリアで表示できるファイル形式は、文書ファイルが、Word/一太郎/テキスト/リッチテキスト/Kacis書類/Kacis Book書類/クラリスワークス/PDFなど。静止画は、BMP/JPEG/TIFF(LZW圧縮除く)/PSD(Photoshop 6.0以降を除く)/PICT/PNG/ICO/CURなど。マルチメディア系形式ではWAV/MID/MP3/AVI/MPEGの再生をサポートしている。

    そのほか、ファイル本文およびキャビネットカード内の文字列検索、キャビネットカードのインポートおよびエクスポート、ファイルリストに表示する項目のカスタマイズ、ネットワークを使ったサーバ版・Kacis Cabinetとの連携などの機能がある。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト「GeekUninstaller」
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト
    「GeekUninstaller」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる「dINDEX.2」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
    「dINDEX.2」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン「Revo Uninstaller Free」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン
    「Revo Uninstaller Free」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー「RE PLAYER」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー
    「RE PLAYER」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト「出来事帳」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト
    「出来事帳」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    正直にいうと「なんだかわかりにくいソフトだな」というのが第一印象だった。一見しただけでは単なるプレビュー機能付きファイル管理ソフトのように見えるのだが、いったんそう思いこんでしまうと、このソフトのキーである「バーチャルフォルダ」という概念がつかみにくくなってしまうかもしれない(というか筆者自身、理解できずにかなり混乱した)。しかし、途中でふと「これはデータベースソフトなのだ」と気づいた途端に、疑問はすっかり晴れた。

    要するにマイキャビネットに登録しているのは単なるファイルではなく、1件のレコードと考えればよい。このレコードはファイルそのもののほかに「キャビネットカード」に入力するさまざまなフィールドで構成されている。そしてレコードを登録するたびにそれぞれのフィールドをもとに自動的にインデックスファイルが更新されていくのである。バーチャルフォルダとは、このインデックスファイルをもとにデータを抽出〜並べ替えする作業を視覚的に表現したメタファーだ。平たくいえば、バーチャルフォルダ=検索条件である。

    つまり、「Kacis マイキャビネット」にはよく使うものから高度なものまで、さまざまなクエリー設定があらかじめ登録済みで、それを実行して抽出結果を表示するという過程を「フォルダを選ぶ」という一般の(データベースになじみのない)ユーザにもわかりやすい形に置き換えて見せているのである。

    ここさえ押さえれば、ソフトの使い方もすぐに理解できるだろう。とりあえず1ヵ所(マイキャビネット)にファイルを放りこんでおけば、あとから文書タイトルや日付などから簡単に探し出せる。下手にフォルダを作って分類するより、キャビネットカードの「分類」項目を利用してバーチャルフォルダで整理した方が便利だ。タイトルにつけるふりがな(インデックス作成に必須)はクリックひとつでタイトルそのものから作成してくれるし、分類項目はリストからの選択も、新項目の追加もその場でできるなど、登録時の使い勝手もよい。

    コンセプトがユニークなだけに最初はわかりにくい感じを受けるかもしれないが、大量のテキストや画像ファイルの保存・管理に追われる人なら、じっくり使い込んでみる価値は十分にあるだろう。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    「あのファイルどこだっけ?」──最近は大容量のハードディスクが普及して、こんな場面はよくあると思います。パソコンに同じ中身のファイルが散乱していたり、ファイル名がバラバラですぐに探したいファイルが見つからない、OSの検索で入力条件がうまく思いつかずに四苦八苦してしまうなど……。「Kacis マイキャビネット」なら、デスクトップのマイキャビネットアイコンにファイルを放り込むだけで分類、整理ができるので「去年の春ごろのExcelファイル……」といったような、あいまいな記憶を手がかりに、ファイルを簡単に探し出すことができます。

    製品の企画にあたり、誰もが行うファイルの整理方法をシミュレーションしながら、いろいろ話し合いました。「ファイルをマイキャビネットに保管したときに、元のファイルは残すほうがよいのか」。また「ファイルを保管するドライブを固定してしまうと空き容量が少ない人が困らないか」など、使いやすさとやさしさのバランスをとるための話し合いが長く続きました。パソコン初心者でも最初から簡単に使えること、長く使い続けられること──この二つのバランスをとるのが最も難しかったところだと思います。

    「マイキャビネット」は、パソコンのファイルなら何でも分類、整理できます。Wordファイルや一太郎ファイルを全文検索して仕事の効率を上げたり、プライベートならデジカメファイルを連番ファイル名のまま放り込んでも、わかりやすく整理できます。また、音楽ファイルやムービーファイルをジャンルで分類表示したり、アーティスト名から分類表示したり、もちろん「マイキャビネット」で再生することもできます。

    まずは体験してみてください! 散らかったデスクトップとはサヨナラしたい方にお勧めです!

    ((株)メディアヴィジョン)
    最近のレビュー記事
    HD革命/CopyDrive Ver.8HD革命/CopyDrive Ver.8
    パソコンの環境をOSやデータを丸ごと別のハードディスクやSSDにコピー
    コリャ英和!一発翻訳 2020コリャ英和!一発翻訳 2020
    英語を「読む・書く・話す・調べる・学ぶ」がワンパッケージで実現できる英日・日英翻訳ソフト
    カメラでなんでもスキャン Proカメラでなんでもスキャン Pro
    スマートフォンやデジカメで撮影をした文書をスキャンデータのように補正し管理するソフト
    JRiver Media Center 25JRiver Media Center 25
    高音質で音楽再生を楽しめるハイレゾメディアプレーヤー
    AdGuard PremiumAdGuard Premium
    各種WebブラウザでWebサイトを閲覧する際に表示される広告を非表示にするソフト。Mac、Androidならアプリ内に表示される広告もブロック可能
    Nero Platinum 2019Nero Platinum 2019
    ディスク作成、動画編集、動画変換、再生・管理機能など、豊富な機能を搭載した総合マルチメディアソフト
    Cool Logo 3DCool Logo 3D
    シンプルな操作で誰でも簡単に立体的なテキストロゴが作成できるロゴ作成ソフト
    SSD_TURBO_BOOSTSSD_TURBO_BOOST
    SSDの高速化、プチフリ問題の解消、信頼性向上、整備に利用できるSSD高速化・総合支援ソフト
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● Kacis マイキャビネット Ver.1.0
  • 作 者 : (株)メディアヴィジョン さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98/NT
  • 種 別 : 製品:試用可
  • 作者のホームページ : http://www.kacis.net/
  • 補 足 : 試用期間は30日間。試用期間中は全機能を使用できる。作者のホームページではVer.1.0.1へのアップデータをダウンロードできる


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    現在公開ファイルがありません

    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.