その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2002.09.18 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > PCView

PCView

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
PCView
パソコンのシステム情報を収集・保存し、メール送信することができるソフト
Windows XP/Me/2000/98/95/NT  フリーソフト
PCView
  • 表示できる情報は5種類のタブに分類される

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • Windowsでネットワーク情報を表示するには一発では無理だが、「PCView」なら一目瞭然
  • 表示された情報は、テキストファイルかCSVファイルとして保存できるほか、メール送信することも可能

  • パソコンのソフトウェアやハードウェアの情報を表示、ファイル出力できるソフト。

    「PCView」は、ソフト起動時にパソコン内のハードウェア/ソフトウェア情報や環境設定情報を収集し、表示してくれるソフト。表示された情報をtxt/csv形式に書き出すことが可能なほか、収集したデータをメール送信することもできる。表示できる情報は大きく分けて「PC情報」「CPU」「NetWork」「Application」「Printer」の5種類。画面では、それぞれがタブで分類されている。

    「PC情報」タブで示される情報は、Windowsのバージョン/Product ID、IEのバージョン、現在のディスプレイ解像度、物理メモリとシステムハードディスクの容量/使用量/空き容量、接続されている各ドライブの容量/空き容量/ファイルシステム種別。利用中のパソコンがOEMマシンの場合は、製造者やモデル名もあわせて表示される。

    「CPU」タブでは、CPUのベンダーID/種類/動作クロック/キャッシュ容量/シグネチャ/シリアルナンバーが表示される。

    LAN環境が構築されている場合は、「NetWork」タブに、ユーザ名/コンピュータ名/ホスト名/ドメイン名/ワークグループ名/コンピュータの説明や、IPアドレス/サブネットマスク/ゲートウェイ/DHCPサーバ/プライマリおよびセカンダリDNSと、ネットワークアダプタ名、MACアドレスが表示される。

    「Application」タブでは、パソコン内にインストールされているソフト一覧が表示される。なお、Windows 2000/XPではソフト一覧に加え、各ソフトのバージョンも表示される。

    「Printer」タブでは、ネットワークプリンタを含め、利用可能なプリンタ一覧が表示される。

    これらの情報は、「保存」タブでtxt/csv形式に書き出すことが可能。保存ファイル名は、コンピュータ名/ユーザ名/IPアドレス/MACアドレスから選択できる。また、SMTPサーバなどを設定すれば、マシン情報をメールで送信することも可能だ。「自動保存」「自動終了」を設定することが可能で、両方を設定した場合は、「PCView」のウィンドウを表示することなく、パソコンの情報を保存してくれる。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    マシンをアップグレードしたり、Windows環境を再設定するために必要な情報を得るためには、ユーザ側にある程度のスキルが要求されるが、「PCView」を使うことで必要十分な情報をまとめて手に入れることができ、あれこれ悩まずに済む。

    LAN環境のパソコンの共有フォルダに「PCView」を用意し、各パソコンからLAN越しに「PCView」を実行し、テキストファイルやCSVファイルに出力しておけば、共有フォルダ内に各パソコンのシステム情報を保存できる。また、メール送信機能を使えば、メーカーやソフトハウス、友人などからサポートを受ける際に、必要十分なPC情報を送ることができる。

    CPUのリビジョンアップを識別する「Model」や「Stepping」ナンバーなど、自作ユーザの喜ぶ情報を手に入れることもできる。例えば、一口に「Pentium 4 1.5GHz」といってもいくつかのバージョンがあるが、それを識別できる情報が得られるのだ。

    そのほか、セットアップ済みソフト一覧も重宝する。スタートメニューに登録されていないソフトで不要なものを見つけるのは手間がかかるが、「PCView」を使えば一目瞭然だ。

    筆者は毎年末、「大掃除」と称してハードディスクを初期化し、不要なファイル削除とフラグメンテーション解消を行っている。このような新たに同じ環境を構築するといった場合、設定されているさまざまな情報を何らかの形で書き出して参照する必要がある。そんなときにも「PCView」はぴったりのツールである。

    ほかのシステム情報ツールと比較して機能的に遜色はないのだが、希望をひとつ。表示される情報のうち、ユーザが設定を変更できるものには、変更用のダイアログを表示できる仕組みにしてほしい。例えば画面解像度の表示位置に、「画面のプロパティ」へアクセスできるボタンを設ければ、情報を得ると同時に設定変更も可能になる。

    ベンチマークテストと同様にシステム情報ツールも英語版のものが多い中、「PCView」は貴重な日本語版のソフトだ。さらなる発展を期待したい。

    (永浜 裕之)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    私は仕事上、マシンの管理やソフトのライセンス管理も行っており、すべてのマシンの情報をデータベース化するのにいちいちそこのマシンを見たり聞いたりするのですが、そのたびにマシンスペックやインストールソフトの内容が変わって苦労していました。また、マシンの再セットアップや修理時に現状復帰するための情報収集にも苦労していました。そこでインターネットで情報収集プログラムを探していたのですが、なかなかフィットするものがなく、自分で作成いたしました。

    開発中に苦労した点
    思いつきではじめたので、それぞれの情報を取得する方法を探すことが難しかったです。また、動作確認できる環境が限られているため、公開するにあたり、使用されるユーザさんの環境にマッチするかどうかという点が最大の難関でした。これは今でも続いているんですが……。

    ユーザにお勧めする使い方
    特にこれ!! という使い方はありませんが、主に企業でお使いの場合はフロッピーで配布して実行してもらったり、情報取得共有サーバに置いて実行してもらったり、メール送信をしてもらうなど、ユーザのみなさんの環境に合わせて、こちらが「なるほど」と感心するほど、いろいろな使われ方をされているようです。

    今後のバージョンアップ予定
    現在、多くの方からご意見や情報提供をいただいていますので、ご要望の多いものから少しずつ反映できるようにバージョンアップして、より使いやすいソフトにしていきたいと思います。

    (K_Ito)
    最近のレビュー記事
    Voice Rep MeetingVoice Rep Meeting
    オンライン会議用「自動」議事録作成ソフト。会議の音声をリアルタイムで文字化
    筆ぐるめ 29筆ぐるめ 29
    伝統の使いやすさに新しい要素を追加した年賀状ソフト
    ReTaskパーソナルReTaskパーソナル
    物事を忘れがちなアナタを助けるタスク管理ソフト
    Parallels Desktop 17 for MacParallels Desktop 17 for Mac
    再起動する事なくMacでWindowsが使用できる仮想化ソフト
    カスペルスキー セキュリティカスペルスキー セキュリティ
    高い検出力や軽快な動作で定評のある個人向け総合セキュリティ対策ソフト
    AdLock マルチデバイスAdLock マルチデバイス
    パソコンとスマホに表示されるインターネット広告を非表示にしてくれるソフト
    ZEUS PLAYERZEUS PLAYER
    BD/DVD、4K動画、ハイレゾ音源を含むディスク/ファイルを再生可能。手ごろな価格で導入しやすいマルチメディアプレイヤー
    Smart Defrag 7 PROSmart Defrag 7 PRO
    SSD・HDDハイブリッド対応。パソコンの処理速度を高速化させるスマートなデフラグソフト
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● PCView Ver.0.6.2
  • 作 者 : K_Ito さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98/95/NT
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://homepage2.nifty.com/smallroom/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    PCView 0.8.4.1 コンピュータ内の情報(CPU 種類、メモリ、インストールソフトなど)を収集、表示する (407K)


    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.