ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2002.08.24 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > 開けっぱ

開けっぱ

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
開けっぱ
目的のアイテムにすばやくアクセスできるファイル操作ソフト
Windows XP/Me/2000/98/NT  製品:試用可
開けっぱ
  • 登録したファイルやURL、メールアドレスなどにすばやくアクセスできる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 更新日時を実際のファイルに一致させたり、ファイルのパスをクリップボードに転送したりできる
  • 期限が近づいたアイテムをリストアップできる

  • ランチャを中心に、アラームやファイル更新チェックなどの機能を盛り込んだソフト。目的のファイルにすばやくアクセスでき、業務を効率化してくれる。

    「開けっぱ」は、リストに登録したアプリケーションやファイルなどのアイテムをすばやく開けるランチャをベースに、更新されたファイルがないかのチェック機能や、期限が近づいたアイテムを教えてくれる機能も備えたファイル操作ソフト。実行ファイルや文書ファイルだけでなくフォルダ、WebページのURL、メールアドレスなどをアイテムとして登録できる。

    アイテムの登録は、エクスプローラなどからのドラッグ&ドロップで行える。複数の「シート」を作成して、アイテムを分類して管理することが可能。タブ切り替え式で、すばやく操作対象のシートに切り替えられ、目的のファイルにアクセスできる。

    各アイテムは「アイテム名」「パス情報」「更新日時」「期限」の4種類の基本的な情報を持つ。「更新日時」は、登録したファイルの更新日時を表示する(したがってURLなどのアイテムの場合は空欄となる)。更新チェック機能を使うと、アイテムの更新日時情報と実際のファイルを比較して、更新されたものがあれば教えてくれる。フォルダをアイテムとして登録した場合は、フォルダ内に新規作成されたファイルが対象となる。更新チェックは、「開けっぱ」起動時または「シート」切り替え時に自動的に実行されるが、任意の時点で実行することもできる。

    「期限」は、指定の日が近づくとアイテム名の色を変えて通知してくれるもので、通知を何日前から行うかはユーザが設定できる。「期限」のチェックは任意の時点で実行することもでき、その結果は別ウィンドウにリスト表示される。「期限」は、アイテムごとに設定する/しないを指定できる。

    アイテムリストでは上記の基本情報に加えて、ユーザが任意の「項目」を追加することができ、コメント欄などとして使える。

    登録アイテムは、ダブルクリックやアプリケーションへのドラッグ&ドロップでファイルを開ける。また、「アイテムが保存されているフォルダを開く」「パスを取得する(アイテムのファイルパスをクリップボードへ転送する)」「ファイルの更新日時をアイテムの更新日時に反映させる」などの操作を行える。リスト内の全アイテムにマークする(または解除する)機能があり、マークされたアイテムだけを対象に、一括してファイルを開いたり、パスを取得したりすることも可能だ。

    アイテムに対する操作以外では「デスクトップ」「マイ ドキュメント」「お気に入り」などの特殊フォルダを開く機能や、クリップボード内にファイルのパスがある場合、そのファイルを開く機能などがある。また「開けっぱ」自身のショートカットを「デスクトップ」「スタートアップ」「送る」の各フォルダに作成することもできる。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    「開けっぱ(ひらけっぱ)」という名前だけではどんなソフトかピンとこないが、インストール先のフォルダ名を見ると「QuickLauncher」となっていて、ある意味でこちらの方が明解だ。

    余談はさておき、多くのランチャは起動という作業にのみフォーカスしているため、普段の作業の邪魔にならないようにデザインされているが、「開けっぱ」の場合はごく普通のウィンドウというところがユニークだ。したがって、単にアプリケーション起動用として見るとスマートさに欠けるし、またアイテムごとにアラームを設定したり、ファイルの更新をチェックできたりという機能もあまり意味がないように思える。

    しかし、そうではなくて「仕事に必要なファイルにすばやくアクセスし、管理するためのソフト」と考えると、俄然魅力が光ってくる。PIMソフトはスケジュールやメモ内容といった情報を管理するが、「開けっぱ」では「仕事に直結するファイルそのものを管理する」わけだ。そういう意味ではランチャというよりは、ファイルを中心にした情報管理あるいはプロジェクト管理のソフトといった捉え方の方がしっくりくるかもしれない。

    なお、フォルダの更新チェックは、できれば新規ファイルだけでなく、既存ファイル更新もやってくれるとうれしいのだが、そうなると結局すべてのファイルを管理しなければならないので、ここは割り切りが必要だろう。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    パソコンが一般化し、高速ネットワークが手軽に利用できるようになった今、個人が取り扱うデータ(ファイル、フォルダ、プログラム、URL等)は多種多様になってきています。以前のように扱うデータが少なかったときは、記憶に頼った管理でもそれほど不便を感じることはありませんでしたが、多様化した現在では、記憶による管理だけで快適なパソコンライフを過ごすのは難しくなってきています。このような多くの人が抱えているであろう問題を一気に解決するために「開けっぱ」を開発しました。「開けっぱ」がすべてのデータアクセスの入り口になれば幸いです。

    開発中に苦労した点
    Windowsユーザは「あまりヘルプを読まずに感覚で使ってみる」という人が結構いると思います。そこで、ヘルプ不要なユーザインタフェースをどう実現するかということに注力しました。「開けっぱ」の性質上、見た目をこだわりすぎて動作が重くなっては本末転倒ですので、ルック&フィールを重要なテーマとし、シンプルかつ必要なデータに「ぱっ」とアクセスできるようなユーザインタフェースにしたつもりです。

    ユーザにお勧めする使い方
    「開けっぱ」は、データにアクセスするための入り口をサポートするツールです。特定の使い方があるわけではなく、ユーザの目的に応じて使い方を工夫していただけるようになっています。例えば、プログラムランチャとして使用することもできますし、プロジェクト管理やジョブ管理として使用することもできます。共有ファイルを登録すれば、ファイル更新がわかるタイムスタンプ機能によってプッシュ型サービスとして利用することもできます。

    今後のバージョンアップ予定
    目的のデータに快適にアクセスできるようなルック&フィールをさらに追及していきます。また、組織において有効かつ快適に活用していただけるような機能を実装していこうと考えています。

    (富士通キャドテック(株))
    最近のレビュー記事
    HD革命/CopyDrive Ver.8HD革命/CopyDrive Ver.8
    パソコンの環境をOSやデータを丸ごと別のハードディスクやSSDにコピー
    コリャ英和!一発翻訳 2020コリャ英和!一発翻訳 2020
    英語を「読む・書く・話す・調べる・学ぶ」がワンパッケージで実現できる英日・日英翻訳ソフト
    カメラでなんでもスキャン Proカメラでなんでもスキャン Pro
    スマートフォンやデジカメで撮影をした文書をスキャンデータのように補正し管理するソフト
    JRiver Media Center 25JRiver Media Center 25
    高音質で音楽再生を楽しめるハイレゾメディアプレーヤー
    AdGuard PremiumAdGuard Premium
    各種WebブラウザでWebサイトを閲覧する際に表示される広告を非表示にするソフト。Mac、Androidならアプリ内に表示される広告もブロック可能
    Nero Platinum 2019Nero Platinum 2019
    ディスク作成、動画編集、動画変換、再生・管理機能など、豊富な機能を搭載した総合マルチメディアソフト
    Cool Logo 3DCool Logo 3D
    シンプルな操作で誰でも簡単に立体的なテキストロゴが作成できるロゴ作成ソフト
    SSD_TURBO_BOOSTSSD_TURBO_BOOST
    SSDの高速化、プチフリ問題の解消、信頼性向上、整備に利用できるSSD高速化・総合支援ソフト
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● 開けっぱ Ver.3.0.0
  • 作 者 : 富士通キャドテック(株) さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98/NT
  • 種 別 : 製品:試用可
  • 作者のホームページ : http://www.fjct.fujitsu.com/
  • 補 足 : 試用期間中は、保存できるシート数に制限がある


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    現在公開ファイルがありません

    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.