その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2002.07.17 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > IdeaFragment

IdeaFragment

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
IdeaFragment
グラフィカルな表現でアイデアの断片から考えをまとめていける思考支援ソフト
Windows 2000/98/95  フリーソフト
IdeaFragment
  • グループ化や関係線を使ったグラフィカルな表現で思考をまとめられる。右下が「全体図ウィンドウ」

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 頭に浮かんだことを次々に“断片”として書き込んでゆく
  • オプション設定画面。デザインやショートカットなどのカスタマイズ機能が充実

  • 思いつきの断片を画面に並べ、それらの並べ替えやグループ分けを行うことで、考えをまとめていけるグラフィカルな思考支援ソフト。

    「IdeaFragment」は、ちょっとした思いつきを書き込んだ付箋状の“断片”に関係性を与えていくことで、混沌とした思考を整理することのできる思考支援ソフト。1ファイルで1,000個まで置ける断片は最大40のグループに分類できる。グループ間に関係線を引くことも可能で、関係をひと目で把握できるようになっている。MDI形式を採用したメイン画面では、一度に最大10ファイルを開ける。

    「断片」はウィンドウ上の好きな位置に配置・移動することができる。最初は位置を気にせずに思いついたことをどんどん書き込んでいけばよい。断片の数がある程度たまったところで、同じような内容のものを近くに並べたり、または流れに沿って配置し直したりという作業を行いながら考えをまとめていくのが「IdeaFragment」の基本的な使い方になる。KJ法と同じような手順をパソコン上で実現したものと考えればよい。

    断片の移動はドラッグ&ドロップで行う。複数の断片を選択して同時に移動することも可能。メイン画面のほかに、全体を俯瞰することのできる「全体図ウィンドウ」があり、断片の位置がメイン画面のサイズを超えて広がってしまった場合でも全体を把握することができる。「全体図ウィンドウ」からメイン画面をスクロールすることも可能だ。ある程度整理のついた断片を重ねることや、画面の隅に「片付け」ておくこともできる。

    書き込まれた断片はグループとして管理する。グループには「表札」をひとつ置くことができ、この表札がグループ名となる。「グループリストウィンドウ」を表示させれば、グループを一覧することができ、ここから目的のグループへジャンプすることもできる。グループ間には線や矢印を引いて、それぞれのグループの関係を示すことができるようになっている。もちろん断片のグループ間移動も自由に行える。

    断片には他のファイルへのリンクを張ることができる。「IdeaFragment」の断片ファイルへリンクを張れば、断片ファイルを階層化して扱えるようになる。また、画像ファイルや表計算データ、URLとリンクさせることで、参考資料などを参照するといった使い方が可能になる。

    そのほか、文字列の検索機能やテキストファイルへのエクスポート/インポート機能などがある。画面デザインやキーボードショートカットなどのカスタマイズ機能も充実している。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    とにかく頭に思い浮かんだことはとりあえず何でも書いていって、それをあとからいじくりまわすことで、漠然としたイメージから明確な思考を形作っていこうというソフトである。アイデアプロセッサとアウトラインプロセッサがかなり近い意味で使われることが多いが、「IdeaFragment」の場合は文書作成ではなく、あくまでその前段階の思考をまとめるツールで、文字通りのアイデアプロセッサと呼んでいいだろう。そして、アイデアをまとめるという面では、グラフィカルな表現が可能なだけに、いわゆるアウトラインプロセッサよりも有効だといえるだろう。

    この「IdeaFragment」は書き込める断片の数もグループ数も多く、またリンク機能によってファイルの階層化や外部ファイルの参照も容易で、工夫次第で非常に幅広い使い方ができると思う。メイン画面のほかにグループリストウィンドウや全体図ウィンドウを配置した構成も使いやすい。

    ただ、新しい断片を作るときに所属するグループを指定しなければならない仕様は、好みが分かれるだろうと感じた。思いつきを書き込む段階ではどんなグループ構成になるかわからないから、将来的なグループ間移動が前提になると思われるが、この仕様のためにグループ間移動の操作が逆に煩雑になってしまっている感は否めない。やはり最初はグループなど意識せずにどんどん書き込み、整理の段階で柔軟にグループ化できる方がより使いやすいように感じるのだが……。

    (土屋 佳彦)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    「IdeaFragment」は、私自身が必要に迫られて作ったものです。文書を書いたり、何かの構成を考えたりする場合、言葉によって頭の中であれこれやっていると、堂々巡りに陥ったり行き詰まったりして、なかなかよい筋道が見えてきません。そもそも世の中は、複数のものごとが互いに働きかけ合いながら同時進行しているわけですから、言葉による一本道的な思考で対処するのはかなり無理があるのではないでしょうか。

    そこで、あれこれの断片的なものごとをいったん目の前にひろげてみるわけです。それらをいろいろと並べ替えたりしながら見渡していると、いままで気づかなかったつながりや流れが見えてきます。

    このソフトウェアは、分野を問わず、混沌としたものごとの中から何かの形やストーリーを生み出したり、あるいはそこにある問題の解決法を模索したりしている人にとって、使い方次第で非常に役立つツールであると信じています。

    (須藤 幸一)
    最近のレビュー記事
    すごい位置合わせPRO12すごい位置合わせPRO12
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能を搭載する印刷位置合わせソフト
    カスペルスキー セキュリティカスペルスキー セキュリティ
    高い検出力や軽快な動作で定評のある個人向け総合セキュリティ対策ソフト
    筆王Ver.24筆王Ver.24
    子年デザイン等テンプレート1,000点を新規収録。高性能・低価格のハガキ作成ソフト
    筆まめVer.30筆まめVer.30
    20年連続販売本数第1位の年賀状ソフト最新版
    会社四季報CD-ROM ダウンロード版会社四季報CD-ROM ダウンロード版
    全上場企業の基本情報や最新の決算状況といったビジネス情報を簡単に検索できるデータベース
    筆ぐるめ 27筆ぐるめ 27
    わかりやすい操作画面で、はじめてでも直感的に使えるはがき・住所録ソフト
    Start Menu 8 v5 PRO 3LStart Menu 8 v5 PRO 3L
    Windows 10、8.1、8 のスタートメニューを使い慣れたWindows 7風にカスタマイズ
    Parallels Desktop 15 for MacParallels Desktop 15 for Mac
    再起動無しで、MacでWindowsを使用する仮想化ソフト
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● IdeaFragment Ver.2.08
  • 作 者 : 須藤 幸一 さん
  • 対応OS : Windows 2000/98/95
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://member.nifty.ne.jp/nekomimi/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    IdeaFragment for Windows 2.70 思考支援ツール (537K)


    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.