その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2002.05.22 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > 原稿エディタ

原稿エディタ

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
原稿エディタ
原稿用紙そのままのイメージで快適な縦書き編集ができるテキストエディタ
Windows XP/Me/2000/98/95/NT  製品:試用可
原稿エディタ
  • まさに原稿用紙に文字を埋めていく感覚で編集できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 構成索引機能。文書全体の構造を見渡しやすくなる
  • 印刷書式は画面書式とは別に設定。表題の印刷もできる

  • 原稿用紙風の画面デザインが印象的なテキストエディタ。縦書き表示に対応し、縦書きのまま快適な文書編集を行える。ルビ(ふりがな)の作成、同義・関連語、文書全体の見出し構造の表示など、本格的な原稿執筆向けの機能を備えている。

    「原稿エディタ」はその名の通り、原稿用紙のイメージそのままに編集を行うことができるテキストエディタ。縦書き/横書き、桁数、列数、段組などを指定した書式を5種類まで設定して使い分けることが可能で、例えば、あらかじめ設定された書式には、縦書き20行×20文字の400字詰め原稿用紙相当を1画面分とするものなどがある。

    書式では桁数、列数などのほかにも、文字間や行間のピッチ、マス目のデザイン、半角文字の処理(横倒し/組文字)、禁則処理などを細かく設定することが可能。設定した書式の選択(変更)は、メニューやキーボードからすばやく行える。現在使用中の書式名や、桁数、列数などは画面上にガイド表示させておくことができ、いつでも確認できる。

    一般的なテキストエディタに見られない特徴的な機能として「ルビ」「同義・関連語」「構成索引」などがある。ルビは、原稿用紙のイメージそのままに、マス目の間にふりがなを表示する機能。同義・関連語は、付属の辞書から同義語や関連語を検索する機能で、検索結果をそのまま編集中のカーソル位置に挿入できる。辞書には3万語以上の同義・関連語が収録されている。構成索引は簡易アウトラインとでもいうべき機能で、索引登録した文書中の見出しなどにすばやくジャンプしたり、前後関係を入れ替えたり、削除したりといった操作ができるもの。索引は階層化することが可能で、7階層までのツリーを作成できる。

    強力な印刷機能も特徴のひとつ。文字数、行数、段組などを指定できる印刷書式は、画面表示の書式とは別に設定する。印刷書式は3種類を設定しておくことが可能で、「400字詰め」「袋とじ2段組み」「横書き2段組み」などをワンタッチで切り替えられる。

    そのほかにも、Javaアプレットにより、縦書きのイメージをそのままHTMLファイルに出力する機能や、過去に編集した文書をリスト表示できる編集履歴機能、ツールバーや編集キーのカスタマイズ機能などがある。作成した文書ファイルは、前回編集時と同じ書式で開ける。書式設定のないプレーンテキストは、一般的なテキストエディタでそのまま開ける。構成索引、ルビなどの機能を使用した場合は、文書ファイルとは別に、これらの設定を保存した拡張ファイルが作成される。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    縦書き専用というわけではないが、デフォルトが縦書きで、しかも400字詰め原稿用紙のフォーマットというこだわりのエディタだ。新聞記事のように1行あたりの文字数や行数がきっちりと決められた原稿を書かねばならない人にぴったりなのはいうまでもない。また、縦書き編集やルビの表示などを実現しながらも、テキストエディタならではの軽快な操作感は失っていないので、これらの機能がほしいけれども動作の遅いワープロソフトは使いたくないという人にもうってつけだ。

    画面デザインや操作性は一般的なWindowsアプリケーションとはやや異なる部分もあり、例えばひと昔前のワープロ専用機にも似たイメージのファイル選択ダイアログボックスなどにはとまどいを感じる人もいるかもしれない。使いこなしが難しいソフトというわけではないが、ある程度テキストエディタを使い込んだ人の方がなじみやすいとはいえそうだ。

    画面書式の設定はいろいろなパラメータが表示されて一見しただけでは難しそうだが、あるパラメータの変更に応じて他の値が自動的に変更してくれる。言い換えると「エラーです」といったメッセージでユーザを突き放すことがない。設定後は画面上でもすぐに変化を確認できるため、実際に使ってみるとそう難しくもないと感じた。画面書式設定は普通の使い方であれば5種類もあれば十分だろうが、せっかくなら印刷設定もそれに合わせて5種類設定できるとよかったのではないかと思う。

    なお、初期状態であらかじめ設定されている「書式1」(20文字×20行)では、画面の先頭から文章を入力していくと1行分入力したところで自動的にスクロールする。これは、設定で「自動スクロール」が選択されているためだが、直前に入力した文章はどんどん消えていくため、個人的には執筆のリズムがつかみづらかった。気になる方は、このオプションはOFFにされるとよいだろう。

    主な操作方法をデモで説明してくれる点は非常に好感が持てた。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    MS-DOS全盛だった12年前、縦書き編集が可能なワープロ、エディタソフトが皆無だったため、縦書きエディタの開発を始め、約1年後に「日本語縦書エディタVED」という名で店頭販売を始めました。Windows 3.1でWindows版になり、店頭販売からネット販売に移行した時点で「原稿エディタ」と改称し、今日に至っています。

    開発中に苦労した点
    MS-DOS版は強引に縦書き表示させるため、アセンブラで開発しなければならない部分が多々ありました。Windows 3.1は縦書き表示が横書きに比べて極端に遅いので、一度横書きで表示してから句読点等の記号を回転表示する必要がありました。また、日本語IME(かな漢字変換)の制御が思い通りにゆかず、この点もWindows 95の出現を待たねばなりませんでした。

    ユーザにお勧めする使い方
    「原稿エディタ」は、文章を書くというエディタ機能に徹し、文字列一括描画と高速な画面スクロールや頁めくり等により、大きな文書の軽快な編集環境を実現していますので、ワープロ機からの乗り換えから、プロの文筆業務まで幅広くご使用いただけます。50KBもの詳細なHTML形式ヘルプで初心者にも安心で、上級者には「構成索引」や「HTML作成」機能があり、執筆した文書の縦書きホームページ公開も簡単にできます。縦書きホームページのサンプルは弊社サイト(http://www.ftm.co.jp/bunko/)をご覧ください。

    今後のバージョンアップ予定
    5月20日、弊社ホームページでVer.4.00を公開しました。Ver.4.00では、HTML作成にWebサイトへの公開(アップロード)機能を追加し、一般的なFTPソフトに必要とされる機能も実装しました。

    最後に
    決して多くはありませんが、「原稿エディタ」を長年愛用している方々に支えられ、今日まで進化してきました。今後もできるだけご要望に応えるため、ユーザの方には弊社ホームページにて原則毎月1回の無償バージョンアップを行っております。また、掲示板(http://www.ftm.co.jp/sys/bbs.htm)も運用しています。

    インストールとアンインストールが簡単にでき、システム情報をまったく書き換えませんので、ぜひ一度お試しください。

    ((有)ふたみ)
    最近のレビュー記事
    Acronis True Image 2020Acronis True Image 2020
    ローカルとクラウドで二重バックアップする高機能バックアップソフト
    はがき作家 13 Professionalはがき作家 13 Professional
    年賀状の作成に最適な簡単・楽しいはがき作成・住所録ソフト
    筆楽名人2020筆楽名人2020
    シンプルな操作画面で直感的に使える年賀状・はがき作成ソフト
    AnyTrans 8AnyTrans 8
    iPhone、iPadとパソコンの間で、音楽や画像等のデータを簡単に転送&バックアップ
    Driver Booster 7 PRODriver Booster 7 PRO
    ゲームブースト機能も搭載。350万以上のデバイスドライバに対応した定番ドライバ更新ソフト最新版
    すごい位置合わせPRO12すごい位置合わせPRO12
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能を搭載する印刷位置合わせソフト
    カスペルスキー セキュリティカスペルスキー セキュリティ
    高い検出力や軽快な動作で定評のある個人向け総合セキュリティ対策ソフト
    筆王Ver.24筆王Ver.24
    子年デザイン等テンプレート1,000点を新規収録。高性能・低価格のハガキ作成ソフト
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● 原稿エディタ Ver.3.85
  • 作 者 : (有)ふたみ さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98/95/NT
  • 種 別 : 製品:試用可
  • 作者のホームページ : http://www.ftm.co.jp/sys/
  • 補 足 : 試用期間中は、文書の読み込み/書き込みサイズ、入力文字数などに制限がある。5月21日現在の最新版はVer.4.00。Webサイトへのアップロード機能などが追加された。作者のホームページからダウンロードできる


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    製品プロレジ・シェアレジ(6,048円(税込))
    原稿作文 7.01 小説・随筆・詩歌・自叙伝等の執筆に最適! 世界標準電子書籍EPUBファイル出力機能付 (5,712K)


    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.