その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2002.03.16 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > 劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ

劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ
ディスプレイ上の動きをそのまま動画として記録できる簡単操作のキャプチャソフト
Windows 2000/98  フリーソフト
劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ
  • 非常に簡単な操作で画面を動画としてキャプチャできる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 動画を圧縮して保存することもできる
  • 同梱される「あれぷれいや」。キャプチャした動画を編集するのに便利

  • アプリケーションの動作やゲーム中のキャラの動きなど、ディスプレイに表示される状態をそのままAVI形式の動画として録画できるソフト。簡易AVI編集ソフトと、保存したAVIをスクリーンセーバとして使用できるソフトが付属する。

    「劇場版 ディスプレイキャッチャー あれ」は、Windowsの画面をAVI形式の動画としてキャプチャできるソフト。フルスクリーンをキャプチャできるのはもちろん、画面の指定した範囲や、指定したウィンドウのみをキャプチャすることも可能。指定ウィンドウのクライアント領域だけのキャプチャもできる。

    操作は非常に簡単だ。メイン画面であらかじめいくつかの項目を設定しておき、あとは「録画」ボタンをクリックするか、ホットキーを押す、あるいはタスクトレイメニューから「録画」を選択するだけ。これだけで画面の録画が開始する。あとは適当なところで録画を「停止」して、データをファイルに保存すればよい。保存の際に圧縮方法を指定することも可能だ。

    設定できる項目は、録画範囲と録画方法、ホットキーなど。録画範囲の設定は、座標を指定する方法と、ウィンドウを指定する方法の2種類が用意されている。座標の指定は、メイン画面で録画したい範囲の左上の座標と高さ・幅を入力するか、マウスでデスクトップをドラッグすることで行える。ウィンドウを指定する場合は、メイン画面に表示されるウィンドウリストから目的のものを選ぶ方法、録画開始時にアクティブなウィンドウを録画する方法、ウィンドウをクリックして選択する方法の3種類から選択して行う。ウィンドウのクライアント領域のみを録画するように設定することも可能だ。

    録画方法の設定では、録画する際のレートや縮小率、カーソルを録画するか、マイクを使って録音するか、などを設定できる。動画の代わりに、連続するBMPファイルとして保存することもできるようになっている。

    「おまけ」として、簡易AVI編集ソフト「あれぷれいや」と、AVIをスクリーンセーバとして使用できるツール「封印の鍵」(ソースファイルを含む)が同梱されている。なかでも「あれぷれいや」は、開始位置と終了位置を指定して、AVIファイルからデータの一部を抜き出せるほか、シーンの自動分割や各種フィルタ(RGB補正、コントラストの変更、文字列の描画、水彩画など14種類)、BMPファイルからの動画作成など、非常に豊富な機能を備えている。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    操作や設定がわかりやすく、非常に簡単に画面を動画としてキャプチャできるソフトだ。ウィンドウのデザインなどもコンパクトでシンプルだが、よく考えられている。使ってみて一発で気に入ってしまった。メッセージなどに遊び心があるのも個人的には好きだ。

    クライアント領域のみをキャプチャできる設定があるのもうれしい。これは、ゲーム画面をキャプチャするときなどに非常に威力を発揮する。ただ、ゲームの画面をフルスクリーンモードにすると、筆者の環境ではホットキーが効かなくなってしまったのは少し残念だ。あとは、できればテンポラリファイルを作成する場所を指定できるようになると、さらに便利だろう。これらの点さえ改善されれば、筆者の使用方法では、ほぼ完璧と言っていいのだが……。

    おまけとして付いてくる「あれぷれいや」も実にすばらしい。簡易といいながら、機能が豊富で、しかも使いやすい。ドキュメントによるとバグフィックスは不完全とのことだが、内容的には専用のAVI編集ソフトに決してひけをとらないできばえといってよいだろう。「あれ」でキャプチャした動画から不必要な部分を削除したり、サイズを変更したりフィルタでさまざまな加工をしたりと、威力を発揮する。BMPファイルから動画を作成する機能が各種用意されているのもうれしい。

    (秋山 俊)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機
    どうせ作るならあまり見かけない機能を持ったソフトを作ろうと思って、考えたのが「ディスプレイを動画でキャプチャできるソフト」というものでした。また、周囲にそういったソフトを必要としている人がいたのも主な理由です。

    開発中に苦労した点
    AVIをいじるのは初めてでしたし、資料もなかったので、苦労しなかった点などないといっても過言ではありません。おかげで、このソフトを作る間に、ずいぶんとプログラムの知識が増えました。

    ユーザの皆様へ
    あまり用途を考えずに作った部分が多いので、プロダクトアウトの典型的な例のようなソフトになってしまいましたが、存外評判もよく、ご質問やご要望のメールもよくいただきます。そういったご要望等には極力お応えし、ソフトをよりよく改造していきたいと思いますので、どのような些細なことでもよいですから、お気づきの点がございましたら、ご一報お願いします。

    (小紅)
    最近のレビュー記事
    Voice Rep MeetingVoice Rep Meeting
    オンライン会議用「自動」議事録作成ソフト。会議の音声をリアルタイムで文字化
    筆ぐるめ 29筆ぐるめ 29
    伝統の使いやすさに新しい要素を追加した年賀状ソフト
    ReTaskパーソナルReTaskパーソナル
    物事を忘れがちなアナタを助けるタスク管理ソフト
    Parallels Desktop 17 for MacParallels Desktop 17 for Mac
    再起動する事なくMacでWindowsが使用できる仮想化ソフト
    カスペルスキー セキュリティカスペルスキー セキュリティ
    高い検出力や軽快な動作で定評のある個人向け総合セキュリティ対策ソフト
    AdLock マルチデバイスAdLock マルチデバイス
    パソコンとスマホに表示されるインターネット広告を非表示にしてくれるソフト
    ZEUS PLAYERZEUS PLAYER
    BD/DVD、4K動画、ハイレゾ音源を含むディスク/ファイルを再生可能。手ごろな価格で導入しやすいマルチメディアプレイヤー
    Smart Defrag 7 PROSmart Defrag 7 PRO
    SSD・HDDハイブリッド対応。パソコンの処理速度を高速化させるスマートなデフラグソフト
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● 劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ Ver.1.2
  • 作 者 : 小紅 さん
  • 対応OS : Windows 2000/98
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://hp.vector.co.jp/authors/VA022180/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ 〜圧縮された動画〜 3.1 研究資料作りからゲーム画面の録画まで (675K)


    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.