その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2002.02.13 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > WinShot

WinShot

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
WinShot
キャプチャから加工・保存・印刷を連続して行える高機能スクリーンキャプチャソフト
Windows XP/Me/2000/98/95/NT  フリーソフト
WinShot
  • キャプチャからはじめる一連の操作をタスクトレイメニューなどから簡単に行える

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 環境設定画面。印刷や画像のリサイズも細かな設定が可能
  • 内蔵ビューアでのプレビュー表示。確認しながら処理を行う場合はこちらを利用すればよい

  • 画面キャプチャ機能のほか、減色や印刷といった機能まで備えた高機能スクリーンキャプチャソフト。ホットキーなどから、1回の操作で複数の処理をまとめて行うことができる。

    「WinShot」は、画面のキャプチャ機能に加え、リサイズや減色といった加工や、保存、印刷の機能を備え、キャプチャ後の処理を含めて1回の操作で行うことができるキャプチャソフト。ホットキーまたはタスクトレイアイコンメニューから、簡単に画面をキャプチャすることができる。

    キャプチャできるのは「デスクトップ」「アクティブウィンドウ」のほか、指定した「矩形範囲」と「コントロール/クライアント」の4種類。いずれも出力先として「ビットマップ保存」「JPEG保存」「クリップボードコピー」「プレビュー表示」「印刷」から選択することが可能で、計20種類の処理をワンタッチで行うことができる。

    キャプチャした画像を指定したフォルダに連番付きで自動保存することも可能。保存先フォルダを複数登録しておき、そのつど切り替えて使用することもできる。「WinShot」を一度終了してから再起動した際に、前回の連番の続きから保存するオプションもある。

    あらかじめ指定することで出力前に、キャプチャ画像に対して「リサイズ」「減色」「ネガポジ反転」「グレースケール変換」「画像に文字列を貼り付ける」といった加工処理を行うことも可能。「文字列の貼り付け」では任意の文字列のほか、現在の日時、時間などをキャプチャした画像に貼り付けることができる。

    出力先にプレビュー表示を選択した場合は、キャプチャ画像が内蔵の画像ビューアで表示される。このビューアでも「リサイズ」「減色」「ネガポジ反転」などの処理が可能で、処理の状態を確認しながら作業を行いたい場合は、プレビュー表示が適している。プレビュー表示選択時に起動するビューアを、内蔵ビューアではなく、指定の外部アプリケーションに変更することも可能だ。

    そのほかにも、キャプチャの要求から実行までに指定した間隔を設ける「時間差キャプチャ」、一定間隔で同一条件のキャプチャを繰り返す「定期実行キャプチャ」など、豊富なオプションが用意されている。もちろんホットキーは自由にカスタマイズすることができる。ファイル保存時に拡張子を「PNG」と指定することで、PNG形式での保存も可能。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    充実した機能をコンパクトに収めて、なおかつ高い操作性を実現しているソフトである。「WinShot」が顔を見せているのはタスクトレイのアイコンだけなので、デスクトップのどこをキャプチャしようとするときでも、まったく邪魔になるということがない。

    何よりうれしいのは、最大の特徴である「一気に保存までもっていけてしまう」点だ。デスクトップのキャプチャの場合、何枚も続けてキャプチャするときでも、個々の画像ごとに設定を変えることはあまりなくて、同じ条件でどんどん撮っていくことが多いのではないかと思うのだが(少なくとも筆者はそうなので)、一度条件を決めておけばホットキー一発で次々に自動保存していけるのは、この上なくありがたい。自動保存したフォルダをメニューから開けるのも気が利いている。

    ただ、「時間差キャプチャ」をOFFにしておいてメニューからキャプチャすると、メニューを表示していた痕跡が残ってしまうことがある。もちろんホットキーでキャプチャーするか「時間差キャプチャ」で1秒後を指定しておけば何の問題もないのだが、ちょっと気にはなるところではあった。

    一見、PNGには対応していないように見えて実はしていたり、キャプチャ時にはタスクトレイから自分の姿を消す(消さないようにもできる)などの小技も効いた、全体的に非常に優れたソフトだと感じた。

    (土屋 佳彦)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    私は画面イメージを使ったマニュアル等を作成する場合、最初にキャプチャ画像を一通り用意し、あとからそれをまとめてレイアウトします。以前、多くのキャプチャソフトはメモリ上には画像を保持していたため、十数回もキャプチャすると限界となってしまい、それまでキャプチャした画像を保存する必要がありました。また、マニュアルを軽くするためにキャプチャした画像を一つひとつ減色したり、【PrintScreen】でキャプチャするのと大差ない手間がかかってしまいます。

    そこで、「ワンキーでキャプチャ&減色&保存ができるソフト」をコンセプトに作成したのが「WinShot」です。幸いなことに、「WinShot」は多くの方に受け入れていただき、初公開から4年近くを経過したいまでも、自作ソフトの中で一番の人気を継続しています。ありがとうございます。

    最近では、FTPソフトと組み合わせて「WinShot」でキャプチャしたゲームの画面をインターネットでライブ中継したりと、私の想像を超える使い方をされている方が大勢いらっしゃるようです。「WinShot」もそういった使い方に対応できるよう、エラーメッセージの抑止オプションやキャプチャ画像に文字列を埋め込むような機能追加を行いました。

    ちょっと前までは、キャプチャソフトというと、マニュアル作成くらいしか思いつかなかったのですが、最近のブロードバンド時代ではキャプチャソフトの可能性までも広がってきていることを実感します。

    スクリーンキャプチャというジャンルは確かに地味かもしれませんが、ちょっとしたアイデアで、とても広範囲に活用することができます。キャプチャというシンプルな機能から広がるさまざまな用途に対応できるよう、これからも「WinShot」の改良を重ねていくつもりです。

    (鈴木 理弘)
    最近のレビュー記事
    Voice Rep MeetingVoice Rep Meeting
    オンライン会議用「自動」議事録作成ソフト。会議の音声をリアルタイムで文字化
    筆ぐるめ 29筆ぐるめ 29
    伝統の使いやすさに新しい要素を追加した年賀状ソフト
    ReTaskパーソナルReTaskパーソナル
    物事を忘れがちなアナタを助けるタスク管理ソフト
    Parallels Desktop 17 for MacParallels Desktop 17 for Mac
    再起動する事なくMacでWindowsが使用できる仮想化ソフト
    カスペルスキー セキュリティカスペルスキー セキュリティ
    高い検出力や軽快な動作で定評のある個人向け総合セキュリティ対策ソフト
    AdLock マルチデバイスAdLock マルチデバイス
    パソコンとスマホに表示されるインターネット広告を非表示にしてくれるソフト
    ZEUS PLAYERZEUS PLAYER
    BD/DVD、4K動画、ハイレゾ音源を含むディスク/ファイルを再生可能。手ごろな価格で導入しやすいマルチメディアプレイヤー
    Smart Defrag 7 PROSmart Defrag 7 PRO
    SSD・HDDハイブリッド対応。パソコンの処理速度を高速化させるスマートなデフラグソフト
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● WinShot Ver.1.42
  • 作 者 : 鈴木 理弘 さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98/95/NT
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://www.masa.ac/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    WinShot 1.53a JPEG保存もできる使い勝手のよいスクリーンキャプチャソフト (712K)


    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.