その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2002.01.19 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > Drive Image 5.0 日本語版

Drive Image 5.0 日本語版

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Drive Image 5.0 日本語版
リカバリーCD作成機能を備えた、ハードディスクイメージのバックアップソフト
Windows XP/Me/2000/98/95/NT、MS-DOS  製品:試用可
Drive Image 5.0 日本語版
  • QuickImageでバックアップ先とバックアップ元を指定するだけの簡単操作

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • バックアップ元は任意のパーテーションを指定できる
  • スケジュールを設定してバックアップを行うことも可能

  • ハードディスクの内容をOS、アプリケーションなどを含めて、イメージファイルとして丸ごとバックアップするバックアップユーティリティ。CD-R/RWドライブに直接書き込むことも可能で、簡単な操作でリカバリーCDを作成できる。

    「Drive Image」は、ハードディスクのバックアップを、ファイル単位ではなく、ディスク全体あるいはパーティションごとにイメージファイルとして保存するユーティリティ。OS、アプリケーション、各種データファイルからレジストリまで、すべてのファイルをバックアップできる。ハードディスクの使用しているセクタだけをバックアップすることも可能で、イメージファイルの作成・復元を高速に行うことができるのに加え、保存先のメディアも節約できる。

    イメージファイルはハードディスクのほか、CD-R/RW、MO、ZIP、JAZ、PDといったリムーバブルメディアに保存可能。1枚のリムーバブルメディアに入りきらない場合でも、自動的に分割して保存できる。CD-R/RWで作成したCDはブータブルなので、ハードディスクがクラッシュした場合は、このCDをリカバリーCDとして、システムを復元できる。

    対応するファイルシステムは、FAT16/32、NTFS(2000/5.1を含む)、HPFS、Linux Ext.2/Linux Swapと幅広い。システムの復元はリカバリーCDのほか、あらかじめ作成した緊急用ディスクから「Drive Image」を起動して行うことも可能。通常、DOSやWindows 9xからはアクセスできないNTFSへも読み書きできるため、緊急用ディスクからでもXP/NT/2000のNTFSパーティションの復元が行える。

    イメージファイルの作成やリストアは、Ver.5.0から搭載された「Quick Image」で簡単に行える。実際のイメージファイルの作成やリストアはDOS(DR-DOS)モードの「Drive Image DOS」で実行されるが、設定などはすべてWindows上の「Quick Image」で行えるようになっている。

    イメージファイルの作成は、保存先のファイル名と保存元のパーティションを指定した定義ファイルを作るだけと非常に簡単。複数のパーティションを保存元にすることも可能だ。このとき、イメージファイルを任意のサイズに分割したり、イメージファイルをパスワードで保護することもできる。圧縮レベルの設定や、ファイルシステムエラーの診断、イメージの書き込み、イメージファイルの検証オプションも用意されている。また、Windowsのタスクマネージャを使ったスケジュール設定も可能で、「日単位」「1回のみ」「ログオン時」「アイドル時」などの条件で、イメージファイルを作成できる。

    リストア時の復元先として、元のパーティションはもちろん、複数のパーティションを指定することも可能。復元先にドライブ中の未使用領域を指定した場合は、そのイメージ用のパーティションが作成される。このとき、復元先のパーティションサイズを変更することも可能で、ドライブの空き領域を可能な限り使う「サイズを自動的に変更して復元/コピーをする」、パーティションサイズは元のままで未使用領域を使用しない「元のサイズで復元/コピーをする」といったオプションを選択できる。

    また、付属の「ImageExplorer」を使えば、イメージファイルやイメージファイル内のパーティションの別イメージファイルへのコピーや、イメージファイルの分割・結合、さらにイメージファイルへのパスワードの付加や圧縮レベルの変更といった操作を行える。イメージファイル中のファイルやフォルダを選択して復元することも可能だ。

    さらに、イメージファイルを介さずに、直接ファイルのコピーを行うハードディスク間コピーの機能もある。そのほか、「ドライブ情報の表示」「拡張パーティションの作成」「パーティションの削除」「パーティションを表示/非表示にする」「アクティブパーティションの設定」といった一般的なパーティション操作も行うことができる。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    ふだん使っている環境をそのまま復元できる“自分専用”のリカバリーCDは、一度使うと手放すことができない。これを作らずに何のためのCD-R/RWドライブかというくらいだ。そのリカバリーCDを簡単に作れるのが、この「Drive Image 5.0」である。

    リカバリーCD作成機能は、多くのCD-R/RWライティングソフトも実装していて、そちらを使っている人も少なくないと思うが、やはりシステムのバックアップという用途においては、バックアップユーティリティに一日の(というか数日の)長がある。バックアップをスケジューリングできることしかり、ファイル単位、フォルダ単位でのリストアができることもしかり。

    かくいう筆者もCR-R/RWライタを使っていたクチなのだが、この「Drive Image 5.0」はかなりイイと思った。バックアップ/リストアの実行がDOS上といっても、設定はすべてWindows上でできてしまうし、DOSへは勝手に行って勝手に帰ってきてくれるので、あまり意識する必要もない。

    ただ、当然のことながら、バックアップ先のドライブはDOSで認識できる必要がある。USBやIEEE1394のドライブはDOS版のドライバがないと使うことができないので、注意してほしい。

    (土屋 佳彦)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    「Drive Image」では、イメージファイルをハードディスクやMO、ネットワークドライブに加え、普通はDOSから扱うことができないNTFSやCD-Rへ保存することができます。FATパーティションを必要としていないWindows XP、2000ユーザには特にお勧めです。

    また、リストア時には「PartitionMagic」に使われているエンジンをベースにしているので、柔軟なパーティション操作を実現しています。

    ((株)ネットジャパン)
    最近のレビュー記事
    ディスク消去「Win起動&ブート版ディスクキラー」ディスク消去「Win起動&ブート版ディスクキラー」
    無限乱数式でディスク上のデータを復元不可能なレベルで消去
    ナンプレで脳トレナンプレで脳トレ
    1,000問ものナンプレ(ナンバープレース)を解きながら、普段の生活の中で気軽に「脳トレ」
    スーパーマップル・デジタル22 広域日本システムスーパーマップル・デジタル22 広域日本システム
    パソコン・スマホ・タブレットで使えてインターネット接続無しで使える地図ソフト
    会社四季報CD-ROM ダウンロード版会社四季報CD-ROM ダウンロード版
    パソコンならではの高い検索性で、全上場企業の豊富なデータをフル活用できる
    ZOOM PLAYER 16 MAXZOOM PLAYER 16 MAX
    シンプルなインターフェースに多彩な機能を搭載。安定した動作やカスタマイズの自由度の高さが特徴のメディアプレーヤー
    EaseUS Data Recovery WizardEaseUS Data Recovery Wizard
    間違えて消してしまったファイル、フォーマットしてしまったデータを簡単に復元
    IObit Software Updater 4 PROIObit Software Updater 4 PRO
    主要ソフトやランタイム等、パソコンのソフトをまとめて更新してくれるアップデート支援ソフト
    Voice Rep PRO 3Voice Rep PRO 3
    認識結果がリアルタイムでエディタに転送され、さらに使いやすくなった高性能音声認識ソフト
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● Drive Image 5.0 日本語版
  • 作 者 : (株)ネットジャパン さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98/95/NT、MS-DOS
  • 種 別 : 製品:試用可
  • 作者のホームページ : http://www.netjapan.co.jp/
  • 補 足 : 試用は体験版で行える。製品版はプロレジで購入後にダウンロードすることができる


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    現在公開ファイルがありません

    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.