その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2001.12.26 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > 雅集 for CD-ROM

雅集 for CD-ROM

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
雅集 for CD-ROM
プログラミング不要の簡単CD-ROM用画集作成・閲覧ソフト
Windows XP/Me/2000/98/95/NT  フリーソフト
雅集 for CD-ROM
  • すっきりしたデザインのスタート画面。丸い選択ボタンなどで全画面表示に

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 画像は、さまざまなトランジットパターンとともに切り替わる
  • 画像ファイルやBGMを登録する「filelist.txt」の内容

  • CD-ROMに収録するための画集を作成・閲覧するソフト。画像ファイルをリストに登録するだけで、簡単に画集を作ることができる。

    「雅集 for CD-ROM」は、「絵は描けるけど、プログラミングはちょっと……」というCG作家向けに作られた画集作成・閲覧ソフト。その名の通り、画集はCD-ROMに収録することを前提にした作りになっている。全画面表示のビューアは美しく、まさに“画集”と呼ぶにふさわしい、見栄えのするものになっている。

    使用できる画像ファイルはBMPとJPEGの2形式。画集の作成には、通常表示用の画像のほかに、プレビュー用の縮小画像(320×240ピクセル以内)が必要になる。作成手順は、収録する画像ファイルを、規定のデータファイル「filelist.txt」に登録するだけ。登録の書式も、

    <Graphic Data>
    画像のタイトル,画像ファイル名,プレビュー用縮小画像のファイル名
    と並べるだけの簡単なものだ。また、<MIDI Data>項目にMIDIファイルを指定することで、BGMを鳴らすこともできる。パスの記述は絶対パス、相対パスのいずれでもよいことになっている。

    画像の登録終了後、実行ファイル「雅集 for CD-ROM.exe」を起動すると、画集を閲覧できる(実行ファイルのリネームは作者によって許可されているので、画集のタイトルを実行ファイル名に変更してもよい)。

    ビューアにはプレビュー画像とタイトル、ファイル名が表示される。操作は、画像切り替えボタンと選択ボタンだけで行える。画像の切り替えはカーソルキーやテンキーで行うことも可能で、【Ctrl】キーと併用することで、10枚ずつスキップして切り替えることができるようになっている。オリジナル画像の全画面表示は中央の選択ボタンか【Enter】キーで、メニューへの復帰は左クリックまたは【Enter】キーで行う。メニュー画面からマウスの右クリックでスライドショウモードになり、左クリックで次々に画像が切り替わっていく。切り替え時にエフェクトがかかるが、これはランダムに選択される。

    「CD-ROM用画集作成ソフト」という位置付けのソフトだが、基本的には画像ビューアなので、同様の登録を行えば、ハードディスク内の画像ファイルの閲覧も可能だ。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    上記のソフト説明にも書いたように、基本的には画像ビューアと考えていいと思うのだが、CD-ROM画集用に特化させたおもしろいソフトになっている。画集閲覧用となればビューアのデザインにもそれなりのクォリティが求められるが、すっきりとした美しいものになっている。操作もシンプルで使いやすい。ただ、画像ファイル名まで表示する必要があるかどうかはちょっと疑問で、ない方がよりすっきりしたものになるのではないだろうか。

    ハードディスクにある画像を見ることもできるが、リストファイルをひとつしか持つことができないので、やはりひとつのテーマが1枚にまとめられたCD-ROM用と考えるべきだろう。もちろんテーマごとにフォルダを作って、それぞれのフォルダに実行ファイルを置けば別だが、それではあまり効率的な使い方とはいえず、作者が意図した通り、CG作家の作品配布CD-ROM用ソフトとして使うのが最も適しているように思う。

    画像ファイルの登録も簡単だが、画像の数が多くなるとちょっと大変かもしれない。とりあえずはファイル名を連番にしてコピー&ペーストをしやすくするなど、登録する側が工夫しなければならないだろうが、縮小画像が必要なこととあわせ、このあたりは改善の余地がありそうに思う。

    (土屋 佳彦)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    CG作家の方が作品をCD-ROM等で公開しようとした場合、プログラムも組めるという方は非常に少ないので、通常はホームページ同様にインターネットブラウザで見てもらう形態になってしまうでしょう。しかし、市販の画集ソフトは専用のブラウジングソフトを持っているのが普通であり、そういう風に自分の画集を仕上げたいと考えている方もいらっしゃると思います。そこで、画像を用意して設定用のテキストファイルを記述するだけで画集ソフトができてしまう「雅集 for CD-ROM」を開発しよう! となったわけです。

    開発中に苦労した点
    まず画面のデザインを検討する際に、どんな画像を収録する場合でも、主役である画像を殺してしまうようなことがないようなデザインを検討する必要がありました。それで、できるだけシンプルで画用紙のような印象をもった現在の画面デザインに行き着きました。ボタンの変化の仕方が電脳工房らしさを感じさせます。

    ユーザにお勧めする使い方
    もともとCG作家さん用に開発したわけですが、ユーザの方からいただくメールを拝見するとデジカメユーザの方が写真の管理に使用されているケースがかなりあるようです。配布を前提とする場合だけでなく、各種画像の管理にご活用ください。また、姉妹品である「雅集 スクリーンセーバー」と組み合わせて使用すると画集用の画像がそのままスクリーンセーバになりますので、こちらもご利用いただければと思います。

    他のフリーソフト開発者の方にお願い
    「雅集 for CD-ROM」は画集の配布用ツールとして開発したため、縮小画像の作成や設定ファイルの自動生成機能を搭載していません。しかし、上記のように画像管理に利用されている方から、それらの機能を搭載してほしいというご要望をいただくことがあります。もし、これらの機能を実現する場合には別ソフトとして開発するのが妥当ではないかと考えておりますが、当方では開発リソースの問題から実現に至っておりません。フリーソフト開発者の方でこれらの機能(縮小画像と設定ファイルの生成)だけを持ったソフトを開発していただける方がいらっしゃいましたら歓迎いたします。また、雅集と同形式の設定ファイルを利用した各種ソフトの開発も歓迎しますのでご検討ください。雅集よりもカッコいい画集ソフトを作ってやろうというのでもOKです(笑)。

    (電脳工房)
    最近のレビュー記事
    Smart Defrag 7 PROSmart Defrag 7 PRO
    SSD・HDDハイブリッド対応。パソコンの処理速度を高速化させるスマートなデフラグソフト
    ディスク消去「Win起動&ブート版ディスクキラー」ディスク消去「Win起動&ブート版ディスクキラー」
    無限乱数式でディスク上のデータを復元不可能なレベルで消去
    ナンプレで脳トレナンプレで脳トレ
    1,000問ものナンプレ(ナンバープレース)を解きながら、普段の生活の中で気軽に「脳トレ」
    スーパーマップル・デジタル22 広域日本システムスーパーマップル・デジタル22 広域日本システム
    パソコン・スマホ・タブレットで使えてインターネット接続無しで使える地図ソフト
    会社四季報CD-ROM ダウンロード版会社四季報CD-ROM ダウンロード版
    パソコンならではの高い検索性で、全上場企業の豊富なデータをフル活用できる
    ZOOM PLAYER 16 MAXZOOM PLAYER 16 MAX
    シンプルなインターフェースに多彩な機能を搭載。安定した動作やカスタマイズの自由度の高さが特徴のメディアプレーヤー
    EaseUS Data Recovery WizardEaseUS Data Recovery Wizard
    間違えて消してしまったファイル、フォーマットしてしまったデータを簡単に復元
    IObit Software Updater 4 PROIObit Software Updater 4 PRO
    主要ソフトやランタイム等、パソコンのソフトをまとめて更新してくれるアップデート支援ソフト
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● 雅集 for CD-ROM Ver.0.831
  • 作 者 : 電脳工房 さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98/95/NT
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://www.sin-dennou.com/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    現在公開ファイルがありません

    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.