その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2001.12.12 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > CopyExt

CopyExt

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
CopyExt
エクスプローラのコピー/移動機能を大幅に拡張するアドイン
Windows 2000/98/95/NT  フリーソフト(寄付歓迎)
CopyExt
  • 拡張コピーのダイアログ。非常に柔軟なオプションを利用できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • インストールすると、コンテキストメニューに「拡張コピー」などの項目が追加される
  • 右ドラッグしたあとのメニューから使える「ここに拡張コピー」

  • エクスプローラが持つファイルのコピー/移動機能を大幅に機能アップしてくれる、エクスプローラ機能拡張ユーティリティ。標準では利用できない柔軟なオプションで、コピー/移動を行える。

    「CopyExt」は、エクスプローラの右クリックから実行できるコピー/移動機能を拡張するアドインソフト。インストールすることにより、コンテキスト(右クリック)メニューに「拡張コピー」など、4種類の項目が追加される。

    使用方法は大きく分けて二通り。まず、第一の方法は、ファイル(フォルダ)のアイコンを右クリックして、表示されるコンテキストメニューから「拡張コピー」または「拡張移動」を選択するもの。このとき、選択状態にするファイルはひとつでも複数でもかまわない。「拡張...」のいずれかを選択すると「CopyExt」のダイアログが表示される。

    ダイアログには、コピー先を選択するためのフォルダツリーがあり、ここから目的とするフォルダを選択すれば、そこに対してファイルのコピーや移動を行う。エクスプローラにおける通常の操作のように、コピー元とコピー先、両方のフォルダウィンドウを開いておく必要はない。コピー先のフォルダをこの場で新規作成することも可能だ。

    コピー/移動に際して、非常に細かなオプション指定を行うことが可能で、例えば、複数のファイル/フォルダを選択した際に、ファイルのみをコピーし、フォルダはコピーしない「ディレクトリのコピー禁止」や、コピー先に同名ファイルがあった場合、タイムスタンプを比較して新しいものだけをコピーするなどの指定を行える。さらに、バージョン情報を比較して新しいファイルだけをコピーすることや、ワイルドカードを利用して、コピーするファイル/しないファイルを指定することもできるなど、自在なコピー/移動が行える。コピー/移動を実行した際に、どのファイルがどのようにコピーされたのかを記録して残す「ログ機能」もある。

    もうひとつの使用方法は、ファイル/フォルダを選択したのち、これを「右ドラッグ」して表示されるメニューから「ここに拡張コピー」「ここに拡張移動」を選択するもの。エクスプローラの標準機能でも、右ドラッグでファイルを移動すると、「ここにコピー」「ここに移動」を選択できるが、「CopyExt」では、この機能を拡張してくれる。

    「ここに拡張...」を右ドラッグメニューから選択すると、拡張コピー/移動の場合と同様、ダイアログが表示される。ただし、コピー/移動先のフォルダ指定はすでに行われている状態にあるため、ダイアログには移動先を指定するためのフォルダツリーはない。この点を除けば、利用できる機能は「拡張...」とほぼ同じで、多彩だ。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    キーボードからコマンドを打ち込まなければならないDOSプロンプトでのコピーに対し、アイコンをドラッグ&ドロップするだけでファイルのコピーや移動ができるというWindowsのエクスプローラ機能は、使いやすさの点においてはるかに優れている。だが、ワイルドカードに代表される複雑なコピー機能を使いこなすことができれば、コマンドプロンプトからのCOPYコマンドやXCOPYコマンド機能は実はかなり強力だ。

    例えば、複数のファイルをコピーする場合、フォルダウィンドウからコピーを行おうとすると、コピー対象となるすべてのファイルアイコンをいったん選択状態にしなければならない。しかし、それらの数が非常に多く、すべてのアイコンが1画面に収まりきらないような場合には、それらのアイコンを一度に選択状態にするのは意外に難しい。アイコンを選択しながら画面をスクロールしなければならないからだ。

    フォルダ内にあるすべてのファイルを選択するだけなら、メニューから「すべて選択」という手も使えるが、1,000個のファイルがあるフォルダの中から、800個だけを選択するといったような場合、エクスプローラのファイル選択機能ではお手上げとなることも多い。

    「CopyExt」は、そうしたGUIならではの欠点をうまくカバーしてくれる。フォルダ中に含まれるすべてのアイコンを選択した状態から、さらにそれらの一部を選択する機能を提供してくれるためだ。例えば、すべて選択状態にして「拡張コピー」を呼び出し、「ワイルドカード」機能を使えば、DOSプロンプトで使用するようなワイルドカード指定によるコピーがGUIベースで行える。もちろん難しいコマンドを覚える必要も、そのコマンド名を入力する必要もない。

    GUIでありながら、CUIベースの機能を利用できる。なかなか小回りの利くツールといえるだろう。

    (天野 司)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    昔、DOS環境だったころ、某DOS用ツールを愛用していたのですが、Windows環境になって「某ツールの代わりになるものを」ということで作ったのが「CopyExt」です。

    最初は自家用の簡単なツールだったのですが、要望を追加していくうちにかなり複雑なツールになってしまいました。条件の組み合わせによっては自分でもどういう動作が正しいのかわからなくなるときがあるくらいです。

    「CopyExt」は分類上。ファイル管理やシェル拡張ユーティリティとなっていますが、バックアップツールやファイル同期ツールとしても便利です。ぜひ、お試しください。

    (堀田 俊哉)
    最近のレビュー記事
    必勝!競馬道必勝!競馬道
    競馬をやったことのない初心者でも気軽に競馬を楽しめるようになる競馬予想サービス
    らくちんCDラベルメーカー23らくちんCDラベルメーカー23
    ラベル作成をもっと素早く、簡単に!Blu-ray・DVD・CDディスク&ケース印刷ソフト
    Font FreakFont Freak
    写真や動画のテロップに使うとインパクトのあるフォント集
    アレ?どこだっけマルチサーチアレ?どこだっけマルチサーチ
    大事なファイルが見つからない、そんな時に!名前は忘れたけど、中身の分かっているファイルを探します
    会社四季報CD-ROM ダウンロード版会社四季報CD-ROM ダウンロード版
    パソコンならではの高い検索性で、全上場企業の豊富なデータをフル活用できる
    おまかせ医療費控除サポートおまかせ医療費控除サポート
    日々の通院記録を入力することで、確定申告の際の医療費控除の申請を簡単にできるようにしてくれるユーティリティソフト
    Undelete 11J ProfessionalUndelete 11J Professional
    PDFやWord・Excel・PowerPoint・Photoshopのファイルを上書き前の状態に戻せる
    伝わるプレゼン!PowerPointテンプレート伝わるプレゼン!PowerPointテンプレート
    プレゼン資料のデータや情報をインフォグラフィックを駆使して、伝えたいポイントが明確になるPowerPointテンプレート集
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● CopyExt Ver.2.08.0a
  • 作 者 : 堀田 俊哉 さん
  • 対応OS : Windows 2000/98/95/NT
  • 種 別 : フリーソフト(寄付歓迎)
  • 作者のホームページ : http://www.htosh.com/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    CopyExt 3.01.4 ファイルのコピーを便利にするエクスプローラーのアドイン (664K)


    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.