その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2001.12.05 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > ThinkBook

ThinkBook

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
ThinkBook
Webページなどの情報をスクラップ感覚で収集・管理できる情報整理ソフト
Windows Me/2000/98/95/NT  製品:試用可
ThinkBook
  • コンパクトなランチャーからスクラップブックなどを開き、データを分類・整理していく

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • キーワードや全文検索ができる抽出機能。結果は専用のノートに表示される
  • 収集したデータをまとめたテキストやHTMLファイルを作成できる

  • Webページやテキストなどにある情報の保存・分類・検索を行える情報整理ソフト。ドラッグ&ドロップの簡単な操作で情報をクリッピングでき、ツリーによる階層構造で管理できる。

    「ThinkBook」は、HTML文書やテキスト、画像などを扱える情報整理データベース。情報(データ)の登録は、コンパクトな「ランチャー」に対する操作で行う。Webページで選択したテキスト/画像のランチャーへのドラッグ&ドロップ、「メモ」ボタンでダイアログボックスを呼び出しての文字入力、クリップボードにコピーされたデータの「収集」ボタンでの記録など、登録はいずれも簡単な操作で行える。データの保存は、ランチャー上の「保存」ボタンで行うことができるのはもちろん、ランチャー終了時に自動保存される。

    登録したデータの参照は、ランチャーから起動できる「スクラップブック」ウィンドウで行う。ツリーとデータ一覧から構成されるスクラップブックのツリー上に、「ブック」あるいは「ノート」と呼ばれるグループを作成し、そこにデータをドラッグすることで分類・整理を行う。ツリーからブック/ノートを選択すると、登録済みデータが一覧表示される仕組みだ。

    スクラップブックには3種類の表示モードがあり、データのタイトルのみを一覧表示する「リスト表示モード」、内容の一部やキーワードなども表示する「全文表示モード」、スクラップブック自体がWebブラウザとなる「Web」モードを切り替えて使う。全文表示/リスト表示モードでは、データが登録順に表示され、昇順または降順で並べ替えできるほか、ドラッグで任意に並べ替えることもできる。整理が終わった時点で「順序の確定」を実行するとツリー上のアイコンの色が変わり、新しいデータの追加によって未確定状態に戻るため、データの整理状態がひとめでわかる。さらに、スクラップブックウィンドウのうち、ツリー部分や一覧部分を個別に表示したり、バーの表示方法をカスタマイズしたりといったことも可能だ。

    データには、タイトル・内容以外に重要度(5段階)や「パターン」、キーワードなどを設定し、これらを対象に検索を行える。「パターン」は、情報ソースやデータの種類を分類したもので、Webから登録したデータであれば「HTMLファイル」、思いつきをメモしたものなら「ひらめき」、雑誌や書籍からの引用であればそれぞれ「雑誌」「書籍」といった分類を指定できる。「パターン」にはそのほかにも、URL/メール/テキストファイル/JPEGファイルなどがある。

    検索は、キーワード検索と全文検索が可能。キーワードは、登録済みのものであれば、一覧から選択できるため、統一化がしやすく検索も容易になる。また、特殊な検索方法として、ツリーに関係なくすべてのブック/ノート上のデータを対象に全文検索を行う「抽出」が用意されている。「抽出」の結果は、専用のノート上にリストとして表示されているため、いつでも必要なときに参照でき、他のブック/ノートにドラッグすればデータをコピーできる。

    登録・分類したデータは「ThinkBook」で検索や参照を行えるほか、「文書作成」機能で複数のデータをまとめた文書ファイルを作成することもできる。文書は用意されたテンプレートにもとづき「テキスト」「フレームなしHTML」「リンク集型HTML」「論文型HTML」などの形式で出力できる。特に「論文型HTML」では、ツリー構成やパターンをもとにした目次の作成や、出展書籍名やリンクなどを引用注としてまとめるといったことも可能だ。

    そのほか、ランチャーからは、Google/goo/LYCOS/excite/infoseekといった検索サービスを使って検索を行い、結果をWebブラウザに表示することができる。スクラップブックウィンドウでは、文書作成時のデフォルトとなるテンプレートを指定したり、文書の見出し番号の書式を指定したりできる。印刷はスクラップブックウィンドウからデータ単位で行えるほか、作成した文書からも行える。データは、テキストやHTML、CSV形式でのエクスポート、CSV形式でのインポートが行える。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    「ThinkBook」の大きな魅力は、データを収集・保存するだけでなく、整理や検索方法にまで気を配ったところだろう。なかでもデータを並べ替えることで整理したとみなすというのは、単純ながらなるほどと納得させられる。

    「順序の確定」がデータを整理し終わったことを意味し、確定済みのノートやブックにデータを追加したり入れ換えたりすることで、未確定の状態に戻るというのは最初はわかりにくいかもしれないが、日常生活の中でも重要度の高い情報だけひとつにまとめるといったことをやっているわけだから、一見変わっているように見えて、実はごく普通の作業といえる。

    そして、これらの作業に特別な操作を必要とせず、クリック/右クリック/ドラッグ程度で行えるというのがいい。情報の整理はそれ自体が考える作業なので、そこで操作方法についてあれこれ考えなければならないようでは失格。その点でもなかなかよくできている思う。

    「文書作成」機能だけは、ヘルプを読んでいる段階ではややイメージしにくかったが、実際に使ってみたらすんなり理解できた。要は、ブックやノートの上で分類・整理したといってもまだばらばらなデータの集まりでしかないものを、ひとつのファイルにまとめるということだ。

    「ThinkBook」上でのデータ整理だけでもかなり使えそうだが、文書化することでデータ一覧としてプリントアウトしたり、ワープロその他のソフトで加工して本格的な文書作成のベースにすることもできる。もっとストレートにリンク集Webページを作るという使い方でもいいだろう。

    単なるスクラップ/メモツールの域を越えて、思考を手助けしたり書類作成のアシスタントとして働いてくれるツールといってよさそうだ。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    インターネットはまるで「万能の百科事典」のように、検索のコツをつかめば、知りたい情報はたいてい見つけられるようになりました。一方で、あまりにもたくさんのサイトに必要な情報がバラバラに散らばっているために、混乱しがちです。いざ、その情報を活用したいと思っても、どこのサイトに載っていた情報なのか、なかなか見つけられないときがあります。

    そういった経験から、Webページを見ながら必要な情報をその場で瞬時に保存でき、なおかつそうして集めた情報を整理しておいて、簡単に活用できるようなツールを開発したいと思いました。

    開発中に苦労した点
    「ThinkBook」は、集めたデータを単に蓄積しておくだけでなく、分類フォルダを作成して自由自在に整理できる「情報の加工性」が大きな特徴なのですが、そうした柔軟なデータ移動や順序の入れ替えを実現するのが難しかったです。

    ユーザにお勧めする使い方
    ぜひ「文書作成」機能のHTML出力をお試しいただきたいです。この機能は、自分が蓄積した情報をWebサイトとしてさまざまなデザインで一瞬に出力できる機能です。用途に応じて、論文型やリンク集型など5種類の出力パターンを選べます。同じデータでもいろいろな見せ方ができておもしろいですよ。

    今後のバージョンアップ予定
    HTML以外にも、PDFやWord、Excel、MP3ファイルなど、さらに多様なファイル形式のデータ収集・管理にも対応していきたいと思います。そのほか、今後もアッと驚くようなパワーアップを予定していますので、ご期待ください!

    (メディアポリス(株))
    最近のレビュー記事
    Advanced SystemCare 14 PROAdvanced SystemCare 14 PRO
    パソコンの遅い、重いを1クリックで解消。プライバシー対策も可能で全世界2.5億人が愛用するパソコン高速化ソフト
    Advanced Password Recovery SuiteAdvanced Password Recovery Suite
    1,500種以上のソフトに対応。忘れてしまったIDやパスワード、ライセンスキーをワンクリックで復元できるソフト
    おまかせ位置合わせPDFおまかせ位置合わせPDF
    手書き書類にパソコンで文字を入力。面倒な書類作成が簡単に
    おまかせ読み取りOCRおまかせ読み取りOCR
    非常に認識精度が高いと評判のGoogle社製エンジンを採用するシンプルで使いやすいOCRソフト
    WinOptimizer 18WinOptimizer 18
    不要ファイルやレジストリの削除、デフラグ等によりパソコンの動作を改善
    Driver Booster 8 PRODriver Booster 8 PRO
    ゲームブースト機能も搭載。450万以上のデバイスドライバに対応した定番ドライバ更新ソフト最新版
    筆王Ver.25筆王Ver.25
    パソコンを使用する事による恩恵を受けつつ、温かみのある手書き風年賀状も作成できるはがき作成ソフト
    DriverMax 12 PRODriverMax 12 PRO
    不明なデバイスのドライバも高精度で検出可能に。2,300,000台以上のデバイスに対応するドライバ自動更新ソフト
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● ThinkBook Ver.5.00
  • 作 者 : メディアポリス(株) さん
  • 対応OS : Windows Me/2000/98/95/NT
  • 種 別 : 製品:試用可
  • 作者のホームページ : http://www.mediapolice.com/
  • 補 足 : 試用期間中は、データ登録が100件までなどの制限がある


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    製品プロレジ・シェアレジ(複数価格あり)
    ThinkBook 5.00 気になったWebページや画像・テキスト文章は、瞬時にスクラップしてらくらく整理活用! (4,460K)


    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.