ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2001.10.27 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > ES Launcher

ES Launcher

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
ES Launcher
アプリケーションの連続起動などのユニークな機能を備えたボタン型ランチャ
Windows Me/2000/98/95/NT  フリーソフト
ES Launcher
  • 通常モードでは、10個のボタンが並ぶシンプルな外観(上)。下はアイテムのプロパティ設定画面

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 編集モードの画面。登録されているすべてのアイテムを確認できる。同じグループが縦に並ぶ
  • スキンにも対応。タスクトレイアイコンも変わる

  • シンプルな外観ながら、複数アイテムの連続起動などのユニークな機能を数多く備えたボタン型ランチャ。

    「ES Launcher」は、10個のボタンアイコンと2個の小さなボタンが並ぶシンプルなボタン型ランチャ。10個のボタンはそれぞれがグループになっており、ひとつのグループに最大10個のアイテムを登録することができる。

    アイテムの登録・削除などはドラッグ&ドロップなどで行える。登録アイテムに対して起動オプションを設定することも可能。任意の場所に簡単にショートカットを作成する機能もある。さらに、アイテムを登録する際に「*.txt」などと入力すると、TXTに関連付けされたアプリケーションを探して、自動的に必要項目を入力してくれる「実行ファイル自動検索機能」などもあり、アイテムの登録は簡単だ。アイテムを登録した設定は「グループファイル」として保存でき、切り替えて使用することが可能だ。

    大きな特徴は、アプリケーションなどの登録アイテムを開くと同時に「ES Launcher」自身が閉じてしまうことと、複数の登録アイテムを連続して開く仕掛けがあること。「ES Launcher」は基本的に常駐しないため、メモリやリソースの消費を気にする必要がない(設定により常駐させることも可能)。

    また、1グループに最大10個のアイテムを登録することが可能だが、同じグループに登録したアイテムはボタンアイコンを1回クリックするだけで、すべてのアイテムを連続して開ける。例えば、同じグループのアイコンにInternet Explorerとメモ帳、ペイントを登録しておけば、Internet Explorerのアイコンをクリックするだけで、三つのアプリケーションが連続起動するようになる。この連続起動の設定を「拡張ショートカット」として作成する機能もあり、これを使えば「ES Launcher」を起動することなく、拡張ショートカットのダブルクリックだけで、設定した複数のアイテムを開けるようになる。

    通常、同じグループに登録されたアイテムはそのうちのひとつだけしか見えないが、マウスのホイールやキーボード操作で、表示されるアイコンの入れ替えが行える。連続起動させずに、表示されているアイテムだけを開く、といった設定もグループ単位で行うことができるため、柔軟な使い方が可能だ。

    マウス操作が前提に作成されているが、ショートカットキーで操作や設定変更を行うことも可能。スキンに対応しており、アイコンやバックグラウンドの色などを定義したスキンを変更することで、外観を変えられる。スキンは「ES Launcher」全体への適用のほか、グループ別に適用することもできる。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    「ランチャは常駐していて、いつでも呼び出せるものだ」という概念からは、「ES Launcher」は離れたソフトだ。自分自身のサイズが小さければ、毎回起動しても時間はかからず、常駐するよりも有利という考え方である。

    しかも「拡張ショートカット」という仕掛けを用意し、ランチャ本体は画面に見せずに、必要なアプリケーションの連続実行をやってのける。必要とあれば「常駐ランチャ風」のように、アプリケーション起動後も画面上に残すことができる。

    グループ設定ファイルは保存して、切り替えて使えるため、複数のグループを作成して、起動時に読み込むグループを指定したショートカットを作っておけば、自分の作業状況に応じたグループのランチャを表示させることもできる。ショートカットの作成はグループファイルの入出力メニューで行える。異なるグループの「ES Launcher」を複数起動できるというのもポイントだ。

    (藤田 洋史)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    Windows 98から搭載されたQuick Launchは便利なのですが、あまり多く登録してもタスクバーが狭くなってしまいます。幅を制限するとはみ出した部分はメニューになりますが、それではスタートメニューとそれほど変わりません。それと毎回決まった複数のアプリケーションを起動するのに、何回もクリックするのは面倒な上に、場所が無駄になってしまいます。

    そこで非常駐型で連続起動ができるという条件でQuick Launchの補助的なランチャを探したのですが、結局、この条件に合ったものが見つけられなかったので作りはじめたのが「ES Launcher」です。

    開発中に苦労した点
    非常駐でボタン型なので、マウス操作を基本に考えているわけですが、常駐して使用することもできますし、バージョンアップでキーボードにも対応してきました。現在はマウス、キーボードどちらでもほぼ同レベルの操作が可能になっていますが、この両立が一番苦労した……というより現在も苦労している点です。

    ユーザにお勧めする使い方
    アプリケーション以外にも関連付けされているファイルやフォルダ、URLなどを登録できるので、一度で開きたいものをまとめて登録しておくと便利です。また、ランチャ自身がどうも……という人も、ボタンと同じ機能を持った「拡張ショートカット」を作成することで、他のランチャなどからもそれを使って連続起動をできるようになります。

    今後のバージョンアップ予定
    機能的にはほぼ固まっているので、シンプル&コンパクトを保ちつつ、操作性や使い勝手の向上のための変更や修正になると思います。

    (松元 貴洋)
    最近のレビュー記事
    Air Live Drive ProAir Live Drive Pro
    DropboxやGoogleドライブをローカルドライブとして使用
    AdGuard PremiumAdGuard Premium
    各種WebブラウザでWebサイトを閲覧する際に表示される広告を非表示にするソフト。Mac、Androidならアプリ内に表示される広告もブロック可能
    スーパーマップル・デジタル20 広域日本システムスーパーマップル・デジタル20 広域日本システム
    パソコン・スマホ・タブレットで使えてインターネット接続無しで使える地図ソフト
    会社四季報CD-ROM ダウンロード版 2019年3集・夏号会社四季報CD-ROM ダウンロード版 2019年3集・夏号
    パソコンならではの高い検索性で、全上場企業の豊富なデータをフル活用できる
    ビデオパワーRED【THE ビデオコレクター】ビデオパワーRED【THE ビデオコレクター】
    ビデオの検索・ダウンロードに。ビデオや画面の録画・録音・動画音楽変換・カット編集も可能
    絶対即戦力タイピングマスター絶対即戦力タイピングマスター
    キーボードを見ずに文字入力が可能になれば、脳内に浮かんだアイディアをスムーズにアウトプット可能に
    私の記録、10年日記私の記録、10年日記
    日記を続けられない方の為に作られたソフト
    IObit Malware Fighter 7 PROIObit Malware Fighter 7 PRO
    Bitdefenderおよびオリジナルのエンジンを搭載し、様々な脅威に対応するセキュリティ対策ソフト
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● ES Launcher Ver.2.6.2.0
  • 作 者 : 松元 貴洋 さん
  • 対応OS : Windows Me/2000/98/95/NT
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://tmsoft.webhop.net/
  • 補 足 : 10月26日現在の最新はVer.2.7.0.0。作者のホームページからダウンロードできる。スキンデータも作者のホームページからダウンロードできる


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    ES Launcher 連続起動可能でデフォルトで常駐しないシンプルランチャー 


    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.