その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2001.09.19 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > RDel

RDel

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
RDel
ハードディスクの不要ファイルを一括削除できるディスククリーニングソフト
Windows Me/98/95  フリーソフト
RDel
  • ファイル名や拡張子と対象ドライブを指定して、検索・削除を行う

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 削除ファイル入力Wizardを使うと、ファイルのタイプをリストから選べる。リストの編集には十分な注意を
  • 削除の方法は4種類から選べる。圧縮にはUNLHA32.DLLが必要

  • 不要なファイルを探し出してごみ箱に捨てたり、指定のフォルダに移動してくれるファイル削除ユーティリティ。指定したファイル名や拡張子から該当するファイルを検索し、見つかったものを削除するという2ステップの操作に加えて、ウィンドウや確認メッセージを表示せずに、検索から削除までを行う「サイレントモード」でも使える。

    「RDel」は、複数のドライブを対象に、不要なファイルを一括で削除できるファイル削除ソフト。ファイルの削除方法は「ごみ箱に捨てる」ほかに、「特定のフォルダに移動する」「ごみ箱に入れず、すぐに削除する」「指定のフォルダに圧縮して保存し、元のファイルは削除する」の4種類から選択できる(圧縮削除を選択した場合には、UNLHA32.DLLが必要)。

    削除対象とするファイルの指定は、ファイル名(拡張子)で行うことが基本で、ワイルドカードも使える。半角セミコロンで区切って入力し、複数のファイルタイプをまとめて指定することも可能。さらに、あらかじめファイルタイプがリスト入力された「削除ファイル入力Wizard」を使えば、リストにチェックするだけで、簡単に削除対象を指定できる。リストは「一般」「一太郎」「Office 97」のようにグループ分けしておくことが可能で、グループ名をチェックすれば、グループ内のファイルタイプを一度にまとめてチェックできる。もちろん、この状態から個別にチェックを外すことも可能だ。このリストは、ユーザが自由に編集することができる。

    削除対象の指定ではこのほかに、最終更新日が指定日数以前のものだけを抽出するオプションがある。

    実際に使用する際には、ファイル名や拡張子と検索対象のドライブを指定して検索を実行し、抽出された結果から、さらに対象ファイルを指定して削除を実行することになる。抽出後はすべてのファイルにチェックが入っているが、このときチェックを外せば、削除対象から除外できる。「RDel」から直接ごみ箱のウィンドウを開くこともできるので、誤って捨てた場合もすぐに復旧することがが可能だ。

    そのほか、オプション設定では、削除対象から除外する「回避フォルダ」、ファイル名にかかわらず内容をすべて削除する「全ファイル削除フォルダ」をそれぞれ8個まで指定できる。また、Windowsのテンポラリフォルダ内のファイルや「最近使ったファイル」の内容を削除するオプションもある。削除ログの出力も可能で、オプション設定ダイアログ上にログを表示できる。

    動作モードには、ウィンドウ表示などを一切行わずに、自動でファイルの検索・削除を行って終了する「サイレントモード」もある。サイレントモードで使用する場合は、起動オプションとして検索開始までの待ち時間を指定できる。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    とてもシンプルなツールという印象で、拡張子やワイルドカードの規則などをそれほど知らない人が使いはじめるにはよさそうだ。逆に、このソフトが苦手なケースというと、複数の検索条件を切り替えて使いたい場合が挙げられる。これは、検索範囲の指定がドライブ単位のみで、指定のフォルダ以下という設定がないことや、ファイル名や拡張子を切り替えて使う場合に制限があるためだ。特に後者は注意が必要だろう。削除ファイル名の入力欄はコンボボックスになっているので、過去に指定した名前をリストから選択することができるが、「削除ファイル入力Wizard」を使うとリストの内容がクリアされてしまう。

    この点を踏まえ、いつも決まったパターンでハードディスク内の不要ファイルを一括削除するという使い方をするのであれば、手軽で便利なソフトだ。使い方に十分慣れたら、「サイレントモード」で、検索から削除までを自動実行できるのもうれしい点だ。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    「RDel」はもともとMS-DOSバージョンがありまして、そのWindows版を作ろうとしたのがきっかけです。開発当初の1997年ごろには、いろいろと不要ファイル削除ツールはあったのですが、それらは不要ファイルを直接削除するばかりで、ごみ箱に移したり、LZHに圧縮したりするソフトがなく、自分がそんなソフトがほしいと思い、作りはじめました。

    開発中に苦労した点
    あまり苦労した点はありませんでしたが、いかに「安全に」不要ファイルを削除できるかを念頭に置きました。デフォルトオプションではリードオンリーのフォルダやWindowsフォルダは削除対象になりませんし、また途中でドライブ構成が変わった場合にはワーニングのメッセージを出すようにしています。

    ユーザにお勧めする使い方
    「RDel」をある程度使い慣れて、仕様を理解し、品質に安心された方には「サイレントモード実行」をお勧めします。「RDel」自身は一切のウィンドウ表示や問い合わせをせずに自動検索・削除・終了します。スタートアップやタスクスケジューラとともに使用すると便利でしょう。

    今後のバージョンアップ予定
    「RDel」Ver.2.xxは良くも悪くもMS-DOS 版「RDel」の特徴をそのまま引き継いでいますので、仕様的に煮詰まってきています。現在、新たなコンセプトで「RDel」Ver.3.00の開発をしはじめているところで、年内にベータ版でも公開できればと考えています。

    (かぴら)
    最近のレビュー記事
    はがき作家 13 Professionalはがき作家 13 Professional
    年賀状の作成に最適な簡単・楽しいはがき作成・住所録ソフト
    筆楽名人2020筆楽名人2020
    シンプルな操作画面で直感的に使える年賀状・はがき作成ソフト
    AnyTrans 8AnyTrans 8
    iPhone、iPadとパソコンの間で、音楽や画像等のデータを簡単に転送&バックアップ
    Driver Booster 7 PRODriver Booster 7 PRO
    ゲームブースト機能も搭載。350万以上のデバイスドライバに対応した定番ドライバ更新ソフト最新版
    すごい位置合わせPRO12すごい位置合わせPRO12
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能を搭載する印刷位置合わせソフト
    カスペルスキー セキュリティカスペルスキー セキュリティ
    高い検出力や軽快な動作で定評のある個人向け総合セキュリティ対策ソフト
    筆王Ver.24筆王Ver.24
    子年デザイン等テンプレート1,000点を新規収録。高性能・低価格のハガキ作成ソフト
    筆まめVer.30筆まめVer.30
    20年連続販売本数第1位の年賀状ソフト最新版
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● RDel Ver.2.48
  • 作 者 : かぴら さん
  • 対応OS : Windows Me/98/95
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://www.pucchi.net/kumachan/
  • 補 足 : 削除方法に圧縮を選択した場合は、UNLHA32.DLLが必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    不要ファイル削除ツール RDel 2.61 複数ハードディスクの不要なファイルを検索して削除するフリーソフト (216K)


    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.