その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2001.08.01 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > PsBRepl

PsBRepl

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
PsBRepl
行ブロック単位での置換が行えるテキスト置換ソフト
Windows 2000/98/95/NT  フリーソフト
PsBRepl
  • メイン画面。サブディレクトリのファイルも一括処理できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 検索条件の指定は非常に柔軟に行うことができる
  • 特定のマーク行に挟まれた複数行を一括して他のテキストに置き換える「PsBRepl」の特徴的な機能

  • 行ブロック単位での一括置換や、ワイルドカードによる複数テキストファイルの一括置換などが行えるテキスト置換ソフト。

    「PsBRepl」は、テキストエディタなどに搭載されている検索・置換のみに機能を絞り、より便利なオプションを追加したテキスト置換専用のソフト。操作対象はテキスト形式のファイルに限られるが、拡張子はTXT以外でもよく、例えばHTMLファイル内の文字列一括変換なども行える。ワイルドカードを使って、フォルダ内の複数ファイルを検索対象として指定できるほか、サブディレクトリも対象に含めることができる。これを使えば、あるフォルダツリー内の、ファイル名に特定の文字列を含むすべてのファイルをまとめて処理することも可能だ。

    文字列の検索は、大文字・小文字の区別をする/しない、1バイト文字と2バイト文字の区別をする/しないといった指定のほか、空白やタブ、括弧、ハイフンなどの特定記号を無視するなどといった柔軟な指定が可能。複数の文字列をすべて含むものだけの検索や、文字列の完全一致による検索も行える。

    置換では、単純な文字列置換のほか、行ごとの一括置換、行ブロック単位での一括置換が行える。なかでも、特定の開始行と終了行で挟まれた複数行を1ブロックとして、そのブロックを一括で他のテキストに置き換える「行ブロックごと置換」は「PsBRepl」の大きな特徴だ。例えば「<--置き換え-->」のように、あらかじめ置き換える位置を示すマークをテキスト内に記述しておけば、この行で挟まれたブロックを一括して他のテキストに置換できる。置換を実行する際、開始と終了を示すマークを削除するか残すかも指定できる。

    ファイルの内容表示機能はないが、処理対象ファイル一覧の中には、文字列が発見された行の内容が表示されるので、事前の確認は可能だ。あらかじめエディタを指定しておけば、ファイル一覧でファイル名をダブルクリックすることで、エディタでそのファイルを開いて対象行を表示する「タグジャンプ」機能を利用できる。置換時に元のファイルのバックアップを作成する機能などもある。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    テキストの検索・置換は、テキストエディタの中でもかなり重要な機能だ。ただテキストエディタによる置換の最大の欠点は、置換対象の文字列が複数のファイルに分散している場合である。例えば1冊の本になるほど大量のテキストがある場合、章ごとや一定行数ごとにテキストを複数に分割するような方法が普通だが、これらの中で用語を統一する場合には、複数のファイルに対して一括して同じ置換をかけることが必要になる。

    より身近な例では、Webページのコンテンツで使用する画像ファイル名などを変更したい場合などだ。ホームページコンテンツなどでは、複数のページ内で共通のバックグラウンド画像を指定することがよくあるが、たまに気分を変えてこうした画像を置き換えたい場合、複数のHTMLファイルをすべて変更しなければならない。これは非常に面倒だし、うっかり直し忘れたファイルがあったりすると、そのページだけが古いままになってしまうこともよくあるだろう。背景画像だけならよいが、リンク先のURLを変更する場合などは、リンク切れを引き起こすこともあるため、問題は深刻だ。

    「PsBRepl」は、こんなとき強力な味方になってくれる。変更対象となるファイルは「PsBRepl」が勝手に探し出してくれるので、変更忘れの可能性はなくなるし、また複数のファイルを順番にテキストエディタで開いていくといった、面倒な作業を行う必要もない。タイプミスなどの単純ミスも防げる。

    一見すると非常に単純に見える「PsBRepl」だが、しかしその存在価値は非常に高い。UNIXなどでは、sedやawkといったコマンドを駆使すれば同様のことは実現できるが、やはりこれらがGUI形式で簡単に指定できるのは魅力だろう。小粒ではあるが、利用価値は高いソフトであると感じた。

    (天野 司)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    開発に必要なため、サブディレクトリも含めた置換は、他のソフトでも行っていました。が、HTMLでの作成が頻繁になり、同じ記述のブロックをサブディレクトリも含めて一括変換したいと考えたのが、このソフトの開発動機です。当初は、GUIもない、コマンドラインベースでしたが、使用しているうちに、あれやこれやで、現在に至っています。

    開発中に苦労した点
    コンパクトにしたかったのと、すべてのWindowsで利用できるよう、Win32 APIのみの開発にしたため、開発時間を要し、その時間を作るのに苦労いたしました。Visual Basicなどを利用するともっと簡単にできたのかもしれません。また、デザイン面では、センスがないのでしょう、いまだに納得できません。

    ユーザにお勧めする使い方
    サブディレクトリも含めた置換は多数ありますが、このソフトの特徴は、行ブロック単位での置換です。特に、同じ記述の多いHTMLファイルでの利用が有効です。例えば、上部のタイトル部分が複数ページに渡り同じ記述であるとします。そのとき、その前後を特徴のある文字列で括っておきます。タイトル変更のときには、これらの行ブロックを、サブディレクトリも含めて一括変更できます。すると、そのサイトのタイトル変更が行われ、雰囲気が一新します。

    今後のバージョンアップ予定
    使用感の悪いところ、安心感を高めるところについては、気がついた時点、あるいは要望があった時点で対処しています。

    ((株)パワーソフト)
    最近のレビュー記事
    eM ClienteM Client
    Windowsだけではなく、Macにも対応した「Gmail完全対応」の高速電子メールクライアントソフト
    会社四季報CD-ROM 2019年2集・春号会社四季報CD-ROM 2019年2集・春号
    全上場企業の基本情報や最新の決算状況といったビジネス情報を簡単に検索できるデータベース
    ESET インターネット セキュリティESET インターネット セキュリティ
    「軽快な動作」と「高い検出率」で定評のある、マルチプラットフォーム対応の総合セキュリティ対策ソフト
    ネットラジオ録音 Xネットラジオ録音 X
    radikoや、NHKらじる★らじるといったインターネットラジオを再生録音するソフト
    カスペルスキー セキュリティカスペルスキー セキュリティ
    高い検出力や軽快な動作で定評のある個人向け総合セキュリティ対策ソフト
    ファイル圧縮ソフト NXPowerLite 8 デスクトップエディションファイル圧縮ソフト NXPowerLite 8 デスクトップエディション
    Microsoft Officeファイルや画像ファイル、これらを含むzipファイルを、形式や見た目を変えずに最大50分の1のサイズにするファイル圧縮ソフト
    やるぞ!確定申告2019やるぞ!確定申告2019
    申告用紙そのままの縮小イメージを使い、迷わず操作できる確定申告書作成ソフト
    マカフィー リブセーフマカフィー リブセーフ
    家族全員、何台でもインストール可能。パソコン、スマホ、タブレットを守るセキュリティソフト
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● PsBRepl Ver.1.03
  • 作 者 : (株)パワーソフト さん
  • 対応OS : Windows 2000/98/95/NT
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://www.pst.co.jp/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    PsBR 1.11 サブ・ディレクトリ一括の文字列/行/行ブロックのテキスト置換ツール (260K)


    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.