その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2001.04.04 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > Visual Diary

Visual Diary

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Visual Diary
カラフルな表示が楽しいカレンダー/スケジューラ/日記の統合ソフト
Macintosh PPC  フリーソフト
Visual Diary
  • メイン画面。当日のスケジュールと日記、イベントメモが一覧できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 「今日は何の日」の入力(登録)フォーム。入力の仕方も詳しく説明されており、わかりやすい
  • Event Memo登録フォーム。登録されている全イベントの確認もこのウィンドウで行える

  • 画像やQuickTimeムービー、サウンドを貼り込める日記を中心に、カレンダー、スケジュール管理などの機能を組み合わせたPIMソフト。カラフルな使いやすい画面で、毎日の記録と予定管理を一括して行える。

    「Visual Diary」は、「日記」「カレンダー」「Schedule」「Event Memo」、さらに「今日は何の日」「今日の天気」といった機能をひとつのウィンドウにまとめ、当日の情報を一覧で参照できるPIMソフト。各機能には、同じ画面内に置かれたボタンのクリックだけでアクセスすることができ、予定や日記の入力、記念日の登録などをすばやく行える。

    日記は、文字通り当日の日記を入力するスペース。記号(絵文字)入力用のボタンが用意されており、ボタンクリックだけで記号を入力できる。このボタンはユーザが自由にカスタマイズすることが可能で、頻繁に使用する定型文などを登録しておけば、長い文もワンタッチで入力できる。年月範囲を指定して日記内の文字列を検索できるほか、日記だけをリスト表示する「日記リスト」機能もある。日記にはJPEG/GIF/PICTなどの画像、QuickTimeムービー、サウンドを、1日あたり計6点まで貼り付けることが可能。貼り付けた画像をスライドショウ表示させることも可能だ。

    カレンダーは、1ヵ月単位の標準的なもので、日付をクリックするとその日のメイン画面に切り替わる。日付の移動はボタンクリックでスムーズに行える。祝祭日は最新のものが登録されているが、法改正などにともなって追加・変更することもも可能だ。

    スケジュール管理は、ScheduleとEvent Memoで行える。Scheduleは当日1日分の、またEvent Memoは翌日以降の予定を管理する。Scheduleには1件ごとに時間帯、件名、重要度(3段階)、さらに別ウィンドウに「詳細内容」を登録できる。Event Memoでは、項目ごとに件名と予定日付を登録できるほか、Scheduleと同様、別ウィンドウに「詳細内容」を記入しておける。項目ごとに「○日前から」と、日数を指定してカウントダウン表示させることもできる。

    今日は何の日欄は、誕生日、結婚記念日、創立記念日などの記念日を登録しておけるもの。表示する期間(○年から○年まで)を設定できるほか、イベントの発生した年を登録しておけば、その年からの経過年数を表示する。例えば誕生日/結婚記念日を登録しておけば、毎年同じ日に、年齢/結婚○周年が表示されるようになる。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    メイン画面が1ページ単位になっているので、その日の記念日、スケジュール、日記などが一度に確認できる。カラフルな色合いで表示内容も見やすく、毎日の記録が楽しく行えそうだ。画像やムービー、サウンドなども取り込めるので、「子供の成長記録」や「わが家の園芸日記」など、テーマ別の記録にも応用できるのではないか。その半面、データは基本的に1日単位で管理されるため、複数日にまたがるスケジュールやイベントの登録はちょっと苦手かもしれない。ただし、その期間内の各日に同じ内容を登録することで対処できる。

    Event Memo、Schedule、「今日は何の日」にはリマインダ機能があり、予定がある場合、起動時にメッセージを表示してくれる。このソフトを起動項目にしておけば、Macを起動したときに必ず思い出せるので便利だろう。Event Memoのカウントダウン機能もうれしい機能だ。特に、遠い先の忘れがちなスケジュールや記念日の行事など数日前から表示されるので、余裕をもって準備ができる。

    今日は何の日、Schedule、Event Memoの記入は、専用の入力フォームウィンドウで行うが、このウィンドウには記入方法や注意事項などが書かれており、マニュアルなどを見なくても、はじめからとまどうことなく使えるだろう。さらに、項目によっては選択メニュー(曜日、時間など)が用意されているものもあり、入力の手間が最小限となるよう配慮されている。

    ScheduleとEvent Memo、今日は何の日の各欄は、メイン画面(1日単位)の表示のほか、大きなカレンダー形式の「マンスリー表示」にすることもできる。1ヵ月単位の予定、記念日が確認できるが、できればこの3種類の機能を一度に表示する表示モードもほしかったところだ。

    (坂下 凡平)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
  • ソフトを開発しようと思った動機、背景

    プログラム言語を覚える能力も時間もない私にとって、わずかな知識でアイデアを十二分に表現できる「FileMaker Pro」との出合いが、最も大きな要因だったと思います。以前から年齢・職業・性別を問わず、あまねく多くの方に使っていただけるようなソフトを作りたいと思っていました。そして、会社で使っていた業務用日誌をパーソナル向けに改良したのがこの「Visual Diary」です。

  • 開発中に苦労した点

    パソコン初心者でも気軽に使えるように、直感で操作できるようには心がけたつもりです。しかし自分で使うことを前提として作成するのと、他人に使ってもらうのではやはり天と地ほどの差があることを痛いほど実感させられました。まだまだ勉強不足のようです。

  • ユーザにお勧めする使い方

    日記といえば、やはり三日坊主になりがちですが、そんな方にお勧めの方法を紹介します。「V_Diary.fmj」ファイル(ランタイム版を使いの方は「V_Diary.FMR」)のエイリアスを作り、システムフォルダ内の「起動項目」フォルダに入れてください。次回からMacの起動時に毎回「Visual Diary」が立ち上がるようになります。

  • 今後のバージョンアップ予定

    今後のバージョンアップについては、なるべくみなさまの意見・要望に沿えるよう順次改良していきたいと思います。また、メールでのご質問の際、「Visual Diary」の「テンプレート版」または「ランタイム版」のいずれをご使用になっているか書き添えていただければ助かります。

    (川端 兆盛)
  • 最近のレビュー記事
    会社四季報CD-ROM ダウンロード版会社四季報CD-ROM ダウンロード版
    パソコンならではの高い検索性で、全上場企業の豊富なデータをフル活用できる
    Voice Rep MeetingVoice Rep Meeting
    オンライン会議用「自動」議事録作成ソフト。会議の音声をリアルタイムで文字化
    筆ぐるめ 29筆ぐるめ 29
    伝統の使いやすさに新しい要素を追加した年賀状ソフト
    ReTaskパーソナルReTaskパーソナル
    物事を忘れがちなアナタを助けるタスク管理ソフト
    Parallels Desktop 17 for MacParallels Desktop 17 for Mac
    再起動する事なくMacでWindowsが使用できる仮想化ソフト
    カスペルスキー セキュリティカスペルスキー セキュリティ
    高い検出力や軽快な動作で定評のある個人向け総合セキュリティ対策ソフト
    AdLock マルチデバイスAdLock マルチデバイス
    パソコンとスマホに表示されるインターネット広告を非表示にしてくれるソフト
    ZEUS PLAYERZEUS PLAYER
    BD/DVD、4K動画、ハイレゾ音源を含むディスク/ファイルを再生可能。手ごろな価格で導入しやすいマルチメディアプレイヤー
    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● Visual Diary Ver.4.0
  • 作 者 : 川端 兆盛 さん
  • 対応OS : Macintosh PPC
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://www.joho-yamaguchi.or.jp/nihao/
  • 補 足 : FileMakerProテンプレート版の場合、FileMaker Pro 3.0以降が必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    Visual Diary スケジュール管理も楽々! お洒落で楽しいデジタル日記 


    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.