その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック


ベクターソフトニュース - 2000.11.18
SPARK downloader SPARK downloader Ver.1.0 JP
簡単な操作で扱えるダウンロード管理ソフト
Macintosh PPC シェアウェア($25(US))
「SPARK downloader」の動作画面
■ダウンロードリストは、目的別に複数作成できる。リストはステータスごとに色分け表示され、わかりやすい

簡単な設定で、複数のファイルをまとめてダウンロードすることができるダウンロード管理ソフト。リスト登録をはじめとした操作が手軽なことが大きな特徴。レジューム機能や、指定時刻に自動的にダウンロードを実行できるスケジュール機能など、ダウンロードに便利な機能を備えている。

SPARK downloaderは、ユーザの作成したリストにしたがって、順番にファイルをダウンロードする。最も基本的な操作は、
  1. ダウンロードしたいと思うファイルのURLをダウンロードリストに追加し、
  2. [全て開始]ボタンをクリックする
だけだ。これで、登録した順番にファイルがダウンロードされる。リストの中から任意のものを選択し、個別にダウンロードすることももちろん可能だ。ファイルのURLの登録は、ダウンロードリストウィンドウへのURLのドロップ、[新規]ボタンからのURLの入力、あるいはリストウィンドウ上部の「URLクイック入力」フィールドへのURLの入力で行える。ダウンロードはリストの上にあるものから順に開始されるが、リスト内の順番はドラッグ&ドロップで変更することができる。また、ダウンロードの中止/待機といったステータスの変更も、リストのマークをクリックすることで簡単に行える。

レジューム機能をサポートしており、ダウンロード中でも任意の時点でダウンロードの中断/再開を行うことが可能だ(相手先サーバによる)。これは、ユーザの指定だけでなく、ダウンロード中に何らかの原因で回線が切断された場合でも、中断されたところからダウンロードが再開される。

時刻を指定することで、SPARK downloaderが起動していない状態(あるいはMacの電源がOFFの状態)から自動的にダウンロードを行わせることも可能だ。スケジュールの指定も簡単な操作で行える。このスケジュール機能は、バックグラウンド動作用の機能拡張書類「SPARK Scheduler JP」として提供される。

そのほかにも、User-Agent/Refererヘッダの変更、HTTP/FTPプロキシのサポート、Windows用ダウンロード管理ソフト「ReGet」ファイルのインポート/エクスポートなどの機能がある。

reviewer's EYE オンラインソフトはもちろん、アップデータやドライバなどをインターネットから入手する機会は飛躍的に増えてきている。CATVインターネットやADSLでの常時接続、フレッツISDNなどのユーザはあまり感じないかもしれないが、最近のソフトは1MBなんて容量はざらにあり、アップデータなどでは十数MBを超えるものも見受けられる。ダイヤルアップユーザにとっての悩みは、大容量ファイルのダウンロードが途中で失敗したときのやり直しだ。まして、十数MBもあるファイルの残りわずかな部分で失敗したとなれば、なおさらだろう。

相手のサーバがHTTP 1.1の仕様をサポートしているか、RESTコマンドを認識するFTPサーバであれば、SPARK downloaderを使うことでこれを回避することができる。これは電話代やプロバイダの料金を気にするダイヤルアップユーザにとって、非常に助かる機能といえるだろう。さらに、時刻を指定しての自動運転を行うことができるので、テレホーダイなどをはじめとした電話料金が安い時間帯、それも利用者が少ない早朝に自動運転させれば、経済的にファイルダウンロードを行える。

もちろん、常時接続のユーザであっても、ダウンロード管理ソフトのメリットは大きい。ファイルを一括でダウンロードすることで、その時間を他の作業に割り当てることができるのはもちろんだが、SPARK downloaderのダウンロードリストを目的別に作成することで、いままでのファイルダウンロードの履歴を管理することも可能になるのだ。例えばリムーバブルメディアに、ダウンロードしたデータと一緒に、ファイルリストを置いておくといった使い方をすれば、メディアの管理も一段と容易になる。

ファイルのダウンロードを頻繁に行うユーザーなら、ダウンロードの効率化はもちろん、ファイルの効率よい分類などにも、ぜひ利用してみる価値のあるソフトだ。

なお、作者のKoichiro Sobueさんは、ユーザの方からの反響が大きければ、Mac OS X対応も考えていらっしゃるとのことだ。
(宮原 公文)


スクリーンショット》 スケジュール機能を使って自動ダウンロードを実行できる
スクリーンショット》 アクセスできないサイト対策用のUser-Agentの設定機能
スクリーンショット》 ダウンロードリストの「編集」をクリックすることで、ダウンロードの際のパラメータを変更できる
スクリーンショット》 ダウンロードリストには、WindowsのReGetのファイルを読み込むことも可能だ


【作 者】 Koichiro Sobue さん
【作者のホームページ】 http://www.kagi.com/sobue/spark-jp.html
【レジ作品番号】
go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

シェアウェア($25(US))
SPARK downloader 1.0.1JP 複数のファイルを順番にダウンロードするダウンロード管理ソフト (558K)



掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.