その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック


ベクターソフトニュース - 2000.05.13
K's JPEGスクリーンセーバー K's JPEGスクリーンセーバー Ver.1.2.2
好きな画像をさまざまな効果、サウンド付きでスクリーンセーバにできるソフト
Windows 2000/98/95/NT シェアウェア
「K's JPEGスクリーンセーバー」の動作画面
■インストールするとスクリーンセーバとして組み込まれる。設定は「設定」ボタンをクリックして行う(画面は合成)

好みの画像を、数多くの効果を用いてスクリーンセーバに設定できるソフト。サウンドファイルを指定すれば、BGMを鳴らすことも可能だ。効果のほかにも細かな動作設定が行うことが可能で、サウンドによって使用する画像をグループ分けできる機能もある。

K's JPEGスクリーンセーバーは、ユーザの指定したフォルダにある複数の画像ファイルを、用意されたさまざまな切り替え効果を使って手軽にスクリーンセーバにすることができるソフト。使用できる画像形式はBMP、JPEGの2種類。切り替え効果は「アルファブレンド(半透明処理)系」6種類、「ワイプ」2種類、「スクロール」14種類、「モザイク」1種類など、計16パターン・71種類と豊富に用意されている。この中からユーザが効果を指定すると、画像切り替え時にランダムに選択されて使われる仕組みになっている(初期状態ではすべての効果が選択されているため、特定の効果だけにしたい、などでなければ、指定を変更する必要はない)。

効果の指定のほかにも、画像の切り替え間隔、表示位置、表示順序(ファイル名順かランダムか)、表示サイズなどを設定できる。表示サイズでは、サイズ変更しない/特定サイズ内におさめる/画面サイズにあわせるなどの指定が可能で、指定にしたがって元画像を拡大・縮小して表示する。

画像表示と同時に、指定したサウンドファイルをBGMとして再生することもできる。対応形式はWAV、MID/RMI、MP3で、こちらも画像同様にフォルダ単位で指定し、複数のファイルを切り替えて再生する。再生順も同じくファイル名順/ランダムから設定できる。音量はWAV、MID、MP3を別々に設定できるのに加え、ノーマル時間帯/ミュート時間帯のふたつの時間帯に分けて自動的に音量を切り替える機能もある。

ユニークなのは、サウンドファイルに対して複数の画像を割り当ててグループとして登録できること。この機能を設定した場合、グループ化され、リンクがとれている画像・サウンドしか再生されないようになり、使用するファイルを絞り込むことができる。例えば、オーディオCDからいくつかの曲をMP3化し、これを演奏している間、そのアーティストの画像を次々に表示させていくというような使い方が可能だ。なお、複数のグループを作成した場合は、指定したサウンドファイルの再生順(ファイル名順/ランダム)にしたがって再生される。

そのほかにも、MP3のデコード方法をWindows内蔵デコーダ(MCI)で行うか、K's JPEGスクリーンセーバービルトインのもので行うかの指定や、画面上に現在再生中の画像/サウンドファイル名を表示するか否かの指定などが行える。

reviewer's EYE BGMに合わせて特殊効果付きで画像が次々とスライドショウのように表示される。しかもBGMとしてMP3が使える。となれば、このソフトの方向性はだいぶ見えてくる。例えば、アイドルのオーディオCDから1曲だけMP3化し、これを演奏させながらアイドルの画像を次々に表示させる。こんなオリジナルのスクリーンセーバが簡単に作れてしまうわけだ。別にアイドルでなくても、風景写真とジョージ・ウィントスンの組み合わせでもかまわないし、夜のネオン街の画像と演歌だってかまわない。それはユーザの好みに任せられるというものだ。

ともあれ、MP3等のBGMと特殊効果付きの画像表示を組み合わせ、スクリーンセーバとしたのは斬新なアイデアであり、仕事中に音楽を欠かせない筆者としても素直に評価したい。
(藤田 洋史)


スクリーンショット》 画像フォルダを設定する際にはプレビュー用の小ウィンドウが表示される
スクリーンショット》 動作設定タブでは、順次・ランダム表示などの切り替えのほか、表示位置や画像サイズの設定ができる
スクリーンショット》 ひとつのサウンドファイルに対して複数の画像をグループとして登録することができる。グループ登録されたサウンドを再生中はリンクされた画像しか表示されない
スクリーンショット》 K's JPEGスクリーンセーバーによる実行例


【作 者】 Tatsuya Koike さん
【作者のホームページ】 http://homepage1.nifty.com/koiket/
【レジ作品番号】 SR011524
【補 足】 試用期間は30日。試用期間を過ぎると、スクリーンセーバ画面に期限切れメッセージが表示される
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

以前からいろいろな画像を集めて壁紙を作ったりするのが趣味だったのですが、集めた画像がかなり多くなったので切り替えて表示しようということで作りはじめました。スクリーンセーバにしたのは、以前Delphiを購入した際にサンプルプログラムが付いていたので、自分でもできそうだと思ったからです。

■開発中に苦労した点

ほかにもスライドショウ型のスクリーンセーバがたくさんあるので、画像の切り替えに特徴を出したいと思ったのですが、思った通りのプログラムがなかなか書けなくて苦労しました。

■ユーザにお勧めする使い方

TVドラマの主題歌とキャプチャ画像やアイドルの画像と歌を集めるとか、デジカメがあればご家族セーバやふるさとセーバ等も作れます。MP3プレイヤーになったりもします。

■今後のバージョンアップ予定

ほかの画像形式への対応や切り替えパターンの高速化、多様化といったところですが、希望としてはOpenGL等を使って3Dな効果をつけたいと思っています。
(Tatsuya Koike)
go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

シェアウェアプロレジ・シェアレジ(972円(税込))
K's JPEGスクリーンセーバー 2.0.8 ブレンド、モザイク等の多彩な効果で登録画像を切り替えるMP3対応スクリーンセーバー (1,408K)



掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.