strip

Human68k ITA TOOLBOX #14 実行ファイルからデバッグ情報を取り除く


ソフト詳細説明

strip - Xファイルから付加情報を取り除く

strip はXファイル(.Xタイプの実行可能形式ファイル)からシン
ボル情報と SCDデバッグ情報を取り除きます.引数 name ... は対
象ファイルのパス名の並びです.name は左から右に順番に処理さ
れ,もし途中でエラーがあっても処理は最後まで続行されます.

strip には次のオプションがあります.
制約
バインドされているファイルは処理できません.

不具合
strip は一時ファイルを作成せずに直接対象ファイルを変更します.
strip が書き込みを行っている最中には ^C は無視されますが,シ
ステムエラーや電源断などによって中断されると,処理中のファイ
ルが破壊されることになりますので注意してください.

動作環境

stripの対応動作環境
ソフト名:strip
動作OS:X68000
機種:PC-98 X68000
種類:フリーソフト(寄付歓迎)
作者: 板垣 史彦 

お支払い

このソフトは無料でお使いいただけますが、寄付を募っております。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い


※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

デバッグ  ITA  Human  TOOLBOX 


「バイナリファイル処理」カテゴリーの人気ランキング

  1. Krep バイナリファイル内無理矢理置換ツール(ユーザー評価:0)
  2. strings Human68k ITA TOOLBOX #22 ファイルから文字列を抽出(ユーザー評価:0)
  3. strip Human68k ITA TOOLBOX #14 実行ファイルからデバッグ情報を取り除く(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック