Social IME 〜みんなで育てる日本語入力〜

キタ━━(゜∀゜)━━!! も一発変換、ユーザー参加型の新しい日本語入力システム


ソフト詳細説明

Social IMEは、ユーザー参加型の新しい日本語入力ソフトウェアです。みんなで単語や正しい変換結果を覚えさせることで、どんどん賢くなっていきます。たとえば次のような特長があります。
1.人名、商品名、顔文字──ユーザーが単語を登録した共有辞書で、どんな単語も一発変換!
2.ケータイを超えた!? Web全体の集合知を利用した予測変換により、入力効率が21%アップ

■ 特長1:ソーシャルだから、有名人の名前も一発変換。
芸能人の名前や漫画の作品名などの単語が変換できなかったことはありませんか? Social IMEでは、ユーザーが単語を登録すると、共有辞書に追加され、すべてのユーザーで登録された単語が共有されます。みんなで単語を登録することで、変換できなかった単語を変換できるようになります。

例えば、次のような単語が変換できます:「倖田來未(こうだくみ )」「篤姫(あつひめ)」「銀魂(ぎんたま)」「魔理沙(まりさ)」「キタ━━(゜∀゜)━━!!(きたー)」

このように登録された単語は、人名や商品名、顔文字などを幅広くカバーしています。

共有辞書には既にいろいろな単語が登録されていますが、 まだ変換できない単語もあります。ユーザーは変換できない 単語を見つけたら、単語を登録することができます。それにより次からはその人だけでなく、他の人も登録された単語を変換できるようになります。いわばWikiPediaのように不特定多数が共有辞書を編集することで、 日本語入力の辞書が自律的に成長していきます。

■ 特長2:ソーシャルだから、予測変換で入力効率アップ。
携帯電話のように、予測変換によって入力効率をアップさせることができます。PC初心者を対象とした実験によると、Microsoft Office IME 2007と比べて入力時間が21%、キー操作が26%削減されました。

予測変換には、Webデータを用いた全く新しい変換エンジンを採用しています。ユーザーの中での共有だけではなく、Web全体の集合知を借りて変換に活かすことができます。

例えば、次のような予測変換が行えます:「よろ→よろしくお願いします」「にほんごにゅ→日本語入力」「はてな→はてなブックマーク」「ひぐ→ひぐらしのなく頃に」

このように、特に定型的な文章やWeb上でよく使われる単語が効率よく入力できます。予測変換は、ローマ字入力の途中でも予測候補を提示することができます。

動作環境

Social IME 〜みんなで育てる日本語入力〜の対応動作環境
ソフト名:Social IME 〜みんなで育てる日本語入力〜
動作OS:Windows Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: nokuno 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  参加  キタ  ━━( 


「MS-IME用」カテゴリーの人気ランキング

  1. Social IME 〜みんなで育てる日本語入力〜 キタ━━(゜∀゜)━━!! も一発変換、ユーザー参加型の新しい日本語入力システム(ユーザー評価:0)
  2. ImeTray64 64bit対応、IMEの状態をタスクトレイに表示 IMEの変換状態をマウスの横とタスクトレイに表示、ATOK対応、IMEの“言語バー”が邪魔と感じる人へ(ユーザー評価:0)
  3. 快適仮名遣ひ基本版 Windowsで歴史的仮名遣い(旧仮名遣い)の現代文や古文の入力ができる変換辞書 新漢字版と旧漢字版(ユーザー評価:0)
  4. 快適仮名遣ひ拡大版 Windowsで歴史的仮名遣い入力ができる変換システム辞書拡大版(ユーザー評価:0)
  5. 名苗名:名字地名辞書 for Win MS-IME2003 名字16万8千件と地名11万5千件を収録 おぉ〜、へぇ〜、賢い〜をご体験ください(ユーザー評価:0)

「IME用」カテゴリのソフトレビュー

  • mazec for Windows 3.1.1.705 - タッチパネルなどで快適に入力できる。クセ字の自動学習機能も備えた手書き日本語変換・入力システム
  • akinosign 2.01 - IMEのON/OFF状態を色の変化で教えてくれる常駐型ユーティリティ
  • TruthCIME 3.2.1.0 - アプリケーションごとにIMEを自動で切り替えてくれるソフト
  • あいち 1.05 - 使うアプリケーションに応じて、IMEを自動的に切り替えてくれるソフト
  • 言語バー空気読め 1.06 - 言語バーを必要なときに必要な位置に

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック