Win10_GetDataUrl

ローカル環境で、ファイルをURL形式(dataURL:Base64文字列)に変換する


ソフト詳細説明

dataURLは既に、Google画像検索のサムネイル画像に採用されています。当ツールはローカル環境でそれと同様の変換を行います。

(メリット)
小サイズの画像や音楽ファイルは、HTMLソース内に<img src="文字列">の様に直接指定することで添付ファイルが要らなくなります。ネットのフリーサイトでは変換できない大きなファイルの変換も(ブラウザの)タブがクラッシュするギリギリまで行えます

利用条件・試用期間中の制限など

全機能をご利用になるにはライセンスキーのご購入が必要です

動作環境

Win10_GetDataUrlの対応動作環境
ソフト名:Win10_GetDataUrl
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP/2000
機種:IBM-PC x64
種類:シェアウェア
作者: Shigakogen 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

シェアレジでのお支払い

クレジットカード
Win10_GetDataUrl
価格: 715円(手数料・税込) お支払い手続きへ進む

その他のお支払い

銀行振り込みあり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  ローカル  Base64  URL  dataURL 


「文字コード」カテゴリーの人気ランキング

  1. 文字コード判定&変換ツール.NET SJIS/JIS/EUC/UNICODE/UTF-7/UTF-8対応 File/Folder(SubFolder)可 コマンドライン/送るメニュー可(ユーザー評価:4)
  2. FileCode Checker ファイルの文字コード/改行コードを一括して判定・変換(ユーザー評価:3.5)
  3. 文字コード一括変換 文字コードを変換してくれるフリーソフト(複数ファイルの一括変換にも対応)(ユーザー評価:0)
  4. ZiiDetector ファイルの文字コードを一括で変更(ユーザー評価:4.5)
  5. Text Code Converter 指定したディレクトリに在るファイルの文字コード自動識別して一括変換(ユーザー評価:4.5)

「テキストファイル用」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック