Rufus

さまざまなOSのディスクイメージから、起動可能なUSBメモリを作成できる


ソフト詳細説明

さまざまなOSのISOイメージ(ディスクイメージ)をもとに、起動可能(ブータブル)なUSBメモリを作成できるソフト。Windowsをはじめ、MS-DOS、FreeDOSなどのブータブルUSBメモリを作成できます。OSがインストールされていないシステムを使うときや、BIOSを更新する際に便利です。

作成するUSBドライブの、

・パーティションスタイル(MBR/GPTなど)
・起動モード(UEFIなど)
・ファイルシステム(FAT/FAT32/NTFS/UDF/exFAT)
・ボリュームラベル

を設定することも可能です。破損したブロックを検索するオプションなども用意されています。

【使い方】

(1)USBメモリをパソコンに接続します。USBに保存されているデータは消去されますので注意してください。
(2)「Rufus」を起動し、「デバイス」セクションのプルダウンメニューから、ブートUSBとして使用するデバイスを選択します。
(3)右下の光ドライブアイコンをクリックして、イメージファイルを選択します。
(4)「パーティション構成とターゲットシステムの種類」セクションで、USBのパーティションスタイルと起動モードを選択します。
(5)必要に応じて「新しいボリュームのラベル」セクションに、ブートUSBのボリュームラベルを入力します。
(6)必要に応じてオプションを設定し、「スタート」ボタンをクリックします。

動作環境

Rufusの対応動作環境
ソフト名:Rufus
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:GPL
作者: Pete Batard 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  USB  ディスクイメージ  OS  メモリ 


「ディスク用」カテゴリーの人気ランキング

  1. Diskeeper 16J(3ライセンス) 世界累計販売本数1億本突破!世界最高峰の高速化技術で最適化の新次元へ(ユーザー評価:0)
  2. SSDブースター SSDにリフレッシュ(ガベージコレクション)かけベストコンディションを維持する(ユーザー評価:0)
  3. iolo System Mechanic ダウンロード版 PCを診断、不具合を修復し、パフォーマンスを最大化するPCチューンアップソフト(ユーザー評価:0)
  4. SSDLife Free SSDの寿命予測・健康診断・使用状況・S.M.A.R.T.を簡単に確認できるSSD用ユーティリティ(ユーザー評価:2.5)
  5. AOMEI Partition Assistant Standard Edition パーティションサイズの調整や分割・結合も可能な無料のディスク管理ソフト(ユーザー評価:4.5)

「ディスク用」カテゴリのソフトレビュー

  • SSDブースター 2.1.0.2(170919版) - リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
  • コピペ達人 DL版 1.01 - スクリーンキャプチャ機能と文字コード変換機能を備えた、シンプルなクリップボード拡張ソフト
  • HDD Sentinel PRO 5 5.0.1.0 - “異常の兆候”を見逃さず、トラブルに早めに対処。表面テストなども行える高機能ディスク監視・解析ソフト
  • Diskeeper 16J Professional 19.0.1215.0 - DRAMキャッシングテクノロジーを新搭載。“インストールするだけであとはおまかせ”をさらに徹底した高機能デフラグソフトの新バージョン
  • WinContig 2.1.0.0 - 指定したファイル/フォルダだけをすばやく最適化。USBメモリなどで持ち運んで使える、コンパクトなデフラグソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック