A-AUTO 50 (エーオート・フィフティ)

ファイル作成・更新をトリガーにシェルやバッチを自動実行 日次・週次と言ったスケジュールジョブも自動化


ソフト詳細説明

A-AUTO 50は、多くの企業での運用の自動化で利用されているジョブ管理ツールA-AUTOを小規模用途向けに無料でご利用いただけるようにしたものです。バッチ処理を統合的に管理しジョブの自動実行制御を実現します。

A-AUTO 50の『50』は、キャパシティを表しています。
(1) サイクリックなバッチジョブ、シェルスクリプトを50ジョブ(最大3,200ジョブ)まで登録でき、自動スケジュール、自動実行制御可能です
(2) ファイルの作成・更新をトリガーにしたジョブ実行も50まで自動化することが可能です

また、タスクスケジューラやcronといった無料ツールで行える時刻指定の起動はもちろん、ジョブ管理に必要なすべての機能を兼ね備えています。

【主な特長】
・ジョブの実行順序を制御するので業務の追い越しが発生しません
・複数コンピュータに跨ったジョブ実行も制御します
・ジョブ実行のログや画面の操作履歴を取得するので、監査証跡・内部統制に利用できます
・カレンダーの休日を考慮した細かな実行スケジュールを自動生成します。もちろん細かなスケジュール調整も容易に行えます
・すべての業務の実行状況を視覚的に監視できます
・業務の異常終了や遅延、長時間の走行を監視し異常を早期に通知します
・ジョブを実行するアカウントの制御が可能です
・実行するジョブのバッチファイルの内容や、ジョブの標準出力のログをWeb画面から確認できます

【稼働OS】
Windows Server 2008、2008R2、2012
※先ず試してみようという方は、Widnows 7でも動作可能です。

【マニュアル】
ソフトウェアの使い方はWebで公開しています。
以下のURLから参照いただくか、「A-AUTO50」で検索していただき、A-AUTO 50の公式サイト内「使い方ガイド」を参照してください。
 https://a-auto50.unirita.co.jp/

動作環境

A-AUTO 50 (エーオート・フィフティ)の対応動作環境
ソフト名:A-AUTO 50 (エーオート・フィフティ)
動作OS:Windows 7/Vista その他
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: 株式会社ユニリタ 

ユーザーの評価(1人):4.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!


「タスク制御」カテゴリーの人気ランキング

  1. Application Priority Changer プロセスと優先度を設定しておく事で、該当プロセス起動時に、自動で指定された優先度へ変更(ユーザー評価:4.5)
  2. Tascher -Task Switcher- マウスの移動とホイールの回転やMigemoインクリメンタルサーチでウインドウを切り替える(ユーザー評価:0)
  3. Process Hacker 多機能で強力なタスクマネージャ(ユーザー評価:0)
  4. タスクトレイ実行ツール いろんなプログラム(Outlook Express、Internet Explorer...)をタスクトレイで実行する(ユーザー評価:3.5)
  5. かえかえ君 ウィンドウの高速なプレビュー表示とホットキー切り替えを統合的に提供し、ゲームや業務ソフトを効率化(ユーザー評価:0)

「タスク制御」カテゴリのソフトレビュー

  • Application Priority Changer 3.0.4.0 - ユーザの指定したプロセスを監視し、起動時に優先度設定やCPUアフィニティを自動変更する
  • かえかえ君 1.2 - 複数のウィンドウを高速にプレビュー表示し、ホットキーで瞬時に切り替えられる
  • Tascher -Task Switcher- 1.59 - マウスでもキーボードでも快適に操作できる、インクリメンタルサーチ機能搭載のタスクスイッチャ
  • VistaSwitcher 1.1.5 - 大きなサイズのプレビューで目的のウィンドウがすぐに見つかる、使いやすいタスク切り替えソフト
  • Process Explorer 16.01 - 実行中プログラムの状況を詳細に把握できる高機能プロセスモニタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック