LS

指定フォルダ配下のファイル一覧を出力(TXT/HTML/CSV形式)


ソフト詳細説明

任意ディレクトリ内のファイル一覧を生成するソフトです。
開発作業を行っている際に
・ファイルの属性が「読み取り専用」になっていないかな?
・「隠し属性」のファイルはないかな?
など確認用に使用しています。

以前、よく使っていた「LS.exe」をOS入れ替えの為、ダウンロードしようとしたら、見つからなかったので、作ってみました。


・指定したファイル・フォルダのリストを HTML/CSV/TXT 形式で出力します。
・拡張子(複数)の指定やファイル属性など出力情報の絞込が可能です。
・サブディレクトリ内のファイル/フォルダも表示・出力ができます。

動作環境

LSの対応動作環境
ソフト名:LS
動作OS:Windows 8/7
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: LEAPER 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

配下  HTML  CSV  TXT  フォルダ 


「ファイル一覧」カテゴリーの人気ランキング

  1. FolderFileList 対象のフォルダの中を解析し、フォルダとファイルの一覧を確認(ユーザー評価:4.5)
  2. FileInfoList ファイルやフォルダの情報のリストを作成できる(ユーザー評価:3.5)
  3. フォルダ階層リスト化君 フォルダの階層をテキストとしてはきだす(ユーザー評価:4)
  4. ワンタッチファイルインフォメーション 各種ファイル、フォルダ、メールなどのファイルリストをあらゆる形式で作成(ユーザー評価:2)
  5. FilesView ファイル名取得ソフト フルパス,サイズ,ツリーの取得など ビューワ付き(ユーザー評価:0)

「ファイル管理」カテゴリのソフトレビュー

  • Quick Eye 6.0 (build 36) - さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
  • FreeMove 1.3.1 - 別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト
  • FileShelf Plus 3.3.3.0 - マクロによる作業の自動化にも対応した、カスタマイズ自由度の高い多機能ファイル管理ソフト
  • 練馬 5.0 - 二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
  • AnyTrans 6.0.1 - AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック