File Contents Copy

コンテキストメニューからファイルの内容をクリップボードにコピー


ソフト詳細説明

File Contents Copy(ファイル コンテンツ コピー)は、
コンテキストメニューからファイルを開かずに
ファイルの内容(画像/テキスト)をクリップボードにコピーするソフトです。

レジストリを操作したくない場合や会社等で制限ユーザーを使用している為、
レジストリ登録出来ない場合に備え、コンテキストメニューの代わりに、
「送る」メニューに登録することも可能です。

■コピー可能な画像フォーマット

・BMP形式 (*.bmp)
・PNG形式 (*.png)
・GIF形式 (*.gif)
・JPEG形式 (*.jpg; *.jpeg; *.jpe; *.jfif; *.jfi; *.jif)
・TIFF形式 (*.tif; *.tiff)
・EMF形式 (*.emf)
・WMF形式 (*.wmf)
・ICON形式 (*.ico)

 ※ 画像フォーマットは、拡張子ではなくファイルヘッダで判別されます。

■コピー可能なテキスト文字コード

・日本語 (Shift-JIS)
・日本語 (EUC)
・日本語 (JIS)
・日本語 (JIS 1バイトカナ可)
・日本語 (JIS 1バイトカナ可 - SO/SI)
・UTF-8
・UTF-16LE
・UTF-16BE
・US-ASCII

 ※ 文字コードの性質上、自動判定は100%の正確性を保証するものではありません。

■主な特徴

・コンテキストメニューの他、「送る」メニューにも登録可
・画像/テキスト自動判別
・完了メッセージのON/OFF可
・完了メッセージにプレビュー表示可能(ON/OFF可、テキストは先頭1,000文字)
・指定ファイルサイズ以上の場合に確認メッセージの表示可
・画像の場合は、完了メッセージ上で回転/反転可能
・32bit/64bit両対応

動作には、Microsoft .NET Framework 2.0 以上が必要です。
※ Windows Vista/7/8 には標準インストールされていますので、別途導入する必要はありません。
※ .NET Framework 4/4.5 のみの環境でも正常に動作します。

動作環境

File Contents Copyの対応動作環境
ソフト名:File Contents Copy
動作OS:Windows 8/7/Vista/XP/2000
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: wtr 

ユーザーの評価(1人):3.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

クリップボード  コンテキスト 


「クリップボード」カテゴリーの人気ランキング

  1. Clibor クリップボード履歴や定型文の管理 履歴は最大10,000件 FIFO・migemo他 シンプルで高機能 Win10対応(ユーザー評価:4.5)
  2. Textify ダイアログやコントロールからのテキストのコピーを可能にする小さなツール(ユーザー評価:0)
  3. Clipboard History 高度なテキスト処理が可能なクリップボード履歴&定型文ツール(ユーザー評価:4.5)
  4. ToMoClip 操作中アプリはアクティブのままキー操作可能、キー同時押し(H+Jなど)&高性能マウスジェスチャで貼り付け(ユーザー評価:4.5)
  5. CLips 多彩な機能を搭載した文字列入力支援ユーティリティ(ユーザー評価:4.5)

「クリップボード」カテゴリのソフトレビュー

  • Textify 1.6.2 - ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
  • ToMoClip 4.0 - 柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
  • Clibor 2.0.3 - 保持・管理できる履歴は最大10,000件。初心者から上級者まで快適に使える高機能クリップボード拡張ソフト
  • GT Text 2.0.2 - キャプチャした画像内の文字列を簡単にテキスト化できる、多言語対応のOCRソフト
  • Clipboard History 1.1.0 - キーボードでの高速操作も可能。最大10,000件の履歴を保持できるクリップボード拡張ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック