StrokesPlus

マウスジェスチャでWindowsを自在に操作


ソフト詳細説明

マウスジェスチャによる操作を可能にするユーティリティです。Windowsのタスクトレイに常駐し、マウスジェスチャを検知すると、割り当てられている動作を実行します。単にアプリケーションを起動したり、ファイルを開いたりできるだけでなく、キー入力などの操作も可能です。

初期設定では、マウスの右ボタンを押しながらマウスを動かすことで、ジェスチャの開始となります。ジェスチャで使用するボタンはカスタマイズすることができ、【Ctrl】キーや【Windows】キーなどのキー入力で操作することもできます。

一時的にジェスチャを使用しない場合は、特定のキー(初期設定では【Ctrl】キー)を押しながら操作することで検知を無視します。さらにメニューコマンドから検知を一時停止させることもできます。

ジェスチャを開始すると、画面上にマウスの動き(ストローク)が描かれます。オプションではストロークを描画しないように設定できるほか、ストロークの色や透明度、幅などをカスタマイズすることが可能。検知の精度を調整するためのオプションなども用意されています。

初期状態でも多くのジェスチャが登録されていて、すぐに使用できます。ユーザが新たにジェスチャを登録する場合は、“Training Mode”に切り替えてマウスを操作し、ストロークに名前を付けて保存します。

登録されているジェスチャは“Actions”画面で編集することが可能です。Mouse ModifiersやModifiers Keys設定を指定することで、基本となるジェスチャをベースに、さらにマウスボタンやキー操作との組み合わせを設定できます。

ジェスチャに割り当てる動作(Action)はドロップダウンリストから選択します。アクションには、ウィンドウの操作やキー入力、アプリケーションの起動、メディアファイルの操作など、さまざまな動作があり、複数のアクションを登録することで、バッチ処理のような連続した複雑な動作も設定することが可能です。マウスのストロークは割り当てられていないものの、アクションだけは登録されているジェスチャもあります。

動作環境

StrokesPlusの対応動作環境
ソフト名:StrokesPlus
動作OS:Windows 10/8/7/Vista
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト(寄付歓迎)
作者: StrokesPlus 

お支払い

このソフトは無料でお使いいただけますが、寄付を募っております。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い


※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

マウスジェスチャ 


「マウス用」カテゴリーの人気ランキング

  1. おーとくりっか〜 座標を記憶できる自動クリックソフト 各クリック間隔の調整が可能 設定保存に対応(ユーザー評価:2.5)
  2. マウスチャタリングキャンセラ マウスボタンのチャタリングを抑止する(ユーザー評価:4.5)
  3. AutoClickPositions(自動クリックツール) 画面の任意位置を自動でクリック(ユーザー評価:3.5)
  4. X Wheel NT マウスのホイール及び全てのボタン(含む4つ目以降)にプログラム毎に異なったキーを割り当て(ユーザー評価:4.5)
  5. 連打スイッチ クリックによる連打のON/OFFが可能な連打ソフト(ユーザー評価:0)

「操作関係」カテゴリのソフトレビュー

  • 俺のキーボード 0.6 - 「【BackSpace】+【Delete】で一行消し」などを行える“俺=作者”仕様のキーボード機能拡張ソフト
  • Orakuin 1.0 - 「入力したキー」や「クリックしたマウスボタンは何か」などがひと目でわかる、操作内容の視覚化ソフト
  • テンキー入力(フリック/トグル) 1.02 - パソコン用キーボードのテンキーとカーソルキーで、携帯端末のフリック入力・トグル入力を再現
  • QiPress Lite 1.069 - ユーザが行ったキー入力、マウス操作の内容をコンパクトなウィンドウに表示
  • ネズミス 2.61 - 慣性ホイールや横スクロールなどでマウスの操作性を向上させるユーティリティ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック