SleepTool

CPU、ネットワーク、ディスク、起動中のプロセスを監視し、マウスが設定時間動かなければスリープ


ソフト詳細説明

<ソフトの概要>
タスクトレイに常駐し、CPU・ネットワーク使用率、ディスクアクセス量、サウンド出力、起動中のプロセス、プリンタジョブを監視します。
これらがあらかじめ設定した条件を満たし、かつ設定した時間マウス・キーボードからの入力がなければスリープまたは休止します。

主にスリープ運用で節電しつつ快適に運用したいが、Windows OS標準のスリープ機能には不満がある人向けの常駐ツールです。何らかの原因でOSが勝手に起動し端末の電池を消耗するといったことを防ぐことも可能です。

また、特定のプロセスによるCPUの使用を監視から除外することができますので、例えばWebブラウザによるCPU使用は無視してスリープさせることもできます。

<操作方法>
・設定は全てタスクトレイからアイコンを右クリックすることで行います。

<タスクトレイアイコンによる監視状態表示>
「アイコンによる状態表示」を有効にすると、本ソフトがスリープを抑止している場合に、抑止している要因に応じてアイコンが変化します。

<OSのスリープ機能について>
本ソフトはOSや他のソフトによるスリープを抑止しませんので、本ソフトを利用する場合は、OS自体のスリープ機能は「なし」または長めの時間に設定することをお勧めします。

<作者への連絡先>
tomokazusato@gmail.com 佐藤 智和

<取り扱い種別>
フリーソフト

<インストール・アンインストール方法>
インストールは不要です。Sleeptool.exeを直接起動してください。
アンインストールしたい場合は「ログイン時に自動起動」のチェックが外れた状態でフォルダごと削除して下さい。

<最近の更新内容>
6.1.2 不具合修正 2016/8/9
・コルタナ等でマイクが常にONの場合にスリープしない問題を修正

6.1.1 不具合修正 2016/6/1
・一部のサウンドデバイスが監視されない問題を修正

6.1.0 機能改善 2015/12/20
・スリープ復帰時ディスプレイオフ機能を選択オプションを追加
・高DPI環境対応

6.0.2 不具合修正 2015/11/24
・タスクトレイアイコンをダブルクリック時にメニューが出現してしまう問題を修正

動作環境

SleepToolの対応動作環境
ソフト名:SleepTool
動作OS:Windows 10/8/7/Vista
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: 佐藤 智和 

ユーザーの評価(8人):4
コメント:8
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  マウス  監視  プロセス  スリープ  CPU 


「震災」カテゴリーの人気ランキング

  1. SleepTool CPU、ネットワーク、ディスク、起動中のプロセスを監視し、マウスが設定時間動かなければスリープ(ユーザー評価:4)
  2. Rest! 簡単にスリープ設定ができる、節電対策用ソフトウェア(ユーザー評価:0)
  3. Handy Shortcuts シャットダウンや再起動など、さまざまな機能のショートカットをデスクトップに作成(ユーザー評価:0)
  4. NoBlackout 電力会社の供給不足時にパソコンを休止、シャットダウンし、節電と停電に備える タスクバーに使用率も表示(ユーザー評価:0)
  5. LED照明 Simulater LED照明に交換した時のシミュレータ 電気使用量、料金が計算できる(ユーザー評価:0)

「震災」カテゴリのソフトレビュー

  • SleepTool 6.1.2 - CPU使用率やディスク書き込み量などを監視し、設定条件が満たされるとパソコンを「スリープ」に移行させるソフト
  • Handy Shortcuts 1.0 - ちょっと便利な20個のショートカットをワンクリックでデスクトップに作成できる
  • LED照明 Simulater 1.0.1.7 - 従来型照明とLED照明との電気使用量および電気料金を簡単に比較できるソフト
  • NoBlackout 2.0 - 電力供給不足時にパソコンを自動休止させることができる節電対策ソフト
  • Rest! 1.0.0.0 - パソコンのスリープと復帰を簡単にスケジュール設定できる節電対策用ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック