Process Killer

あらかじめショートカットに登録しておいたプロセスをワンタッチで強制終了


ソフト詳細説明

Process Killer(プロセス キラー)は、指定したプロセスを強制終了するソフトです。
プロセス名・イメージ名・アプリケーションパス(選択可)を
あらかじめショートカットに登録することで、ワンタッチで強制終了することが出来ます。
毎回、起動中のプロセス一覧から選択する必要がないので
前もって、終了したいプロセスがわかっている場合に便利です。
また、コマンドラインに対応しているので、
ショートカットを作成せずに、batファイルやタスクに登録して使用することも可能です。

■主な特徴

・ショートカット登録型のプロセス強制終了ソフト
・プロセスの指定方法は、プロセス名・イメージ名・アプリケーションパスの3種類から選択可能
・| (パイプ) 区切りで複数指定可能
・終了方法を強制終了・クローズメッセージ送信・クローズメッセージ送信に失敗したら強制終了から選択可能
・処理前の確認メッセージ及び処理後の結果メッセージのON/OFFをショートカットごとに設定可能
・強制終了の条件にメモリ使用量や応答なし・ウインドウ非表示の場合等をショートカットごとに設定可能
・強制終了後にアプリケーションの再起動が可能(アプリケーションパス指定時のみ)
 また、遅延時間や無条件 or 強制終了発生時のみ等の細かいオプション設定が可能

動作には、Microsoft .NET Framework 2.0 以上が必要です。
※ Windows Vista/7 には標準インストールされていますので、別途導入する必要はありません。
※ Windows 8 (.NET Framework 4.5) 環境でも動作しますが、
  [コントロールパネル]
  ↓
  [プログラムと機能]
  ↓
  [Windows の機能の有効化または無効化]
  ↓
  [.NET Framework 3.5 (.NET 2.0 および 3.0 を含む)] を有効にすることをおすすめします。
  (メーカー製PC等のプリインストール製品では、すでに有効になっている場合があります)

動作環境

Process Killerの対応動作環境
ソフト名:Process Killer
動作OS:Windows 8/7/Vista/XP/2000
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: wtr 

ユーザーの評価(1人):4.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!


「タスク制御」カテゴリーの人気ランキング

  1. Application Priority Changer プロセスと優先度を設定しておく事で、該当プロセス起動時に、自動で指定された優先度へ変更(ユーザー評価:4.5)
  2. Tascher -Task Switcher- マウスの移動とホイールの回転やMigemoインクリメンタルサーチでウインドウを切り替える(ユーザー評価:0)
  3. Process Hacker 多機能で強力なタスクマネージャ(ユーザー評価:0)
  4. タスクトレイ実行ツール いろんなプログラム(Outlook Express、Internet Explorer...)をタスクトレイで実行する(ユーザー評価:3.5)
  5. かえかえ君 ウィンドウの高速なプレビュー表示とホットキー切り替えを統合的に提供し、ゲームや業務ソフトを効率化(ユーザー評価:0)

「タスク制御」カテゴリのソフトレビュー

  • Application Priority Changer 3.0.4.0 - ユーザの指定したプロセスを監視し、起動時に優先度設定やCPUアフィニティを自動変更する
  • かえかえ君 1.2 - 複数のウィンドウを高速にプレビュー表示し、ホットキーで瞬時に切り替えられる
  • Tascher -Task Switcher- 1.59 - マウスでもキーボードでも快適に操作できる、インクリメンタルサーチ機能搭載のタスクスイッチャ
  • VistaSwitcher 1.1.5 - 大きなサイズのプレビューで目的のウィンドウがすぐに見つかる、使いやすいタスク切り替えソフト
  • Process Explorer 16.01 - 実行中プログラムの状況を詳細に把握できる高機能プロセスモニタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック