MPP Utility

マウスポインタ位置情報に関した様々な機能を提供する統合ユーティリティ


ソフト詳細説明

MPP Utility(Mouse Pointer Position Utility)は、
マウスポインタ位置情報に関した様々な機能を提供する統合ユーティリティです。

■利用可能な機能
・座標・色情報の表示(RGB情報・カラーコード(16進数表記)・カラーネーム(表示可能な場合のみ))
・2点間の直線・縦・横距離の計測
・拡大鏡
・位置の記憶・移動(移動後のマウスボタン操作可能)
・キー操作モード
・水平/垂直強制モード

■主な特徴
・タスクトレイ常駐型
・クリックやホットキーで任意のタイミングで機能の有効/無効を切り替え可能
・ウインドウの透明度や拡大鏡の拡大方法等、様々なカスタマイズが可能
・起動時の初期状態を細かく設定可能
・各種ホットキーを任意のキー(Ctrl,Shift,Alt 組み合わせ可)で設定可能
・マウスポインタ位置は最大10グループ×20個まで記憶可能(移動後のマウスボタン操作も設定可能)
・キー操作モードに変更することで、キー操作でマウスポインタが操作可能
 ・通常操作(八方向)のほか、画面端・中央に瞬時移動及びクリック・D&D(左・右・中央)も可能
 ・移動ステップ数設定可能(通常時及びAltキー押下中の2種類設定可)

動作には、Microsoft .NET Framework 2.0 以上が必要です。
※ Windows 7 には標準インストールされていますので、別途導入する必要はありません。
※ Windows 8/8.1/10 (.NET Framework 4.5.x/4.6) 環境でも動作しますが、
  [コントロールパネル]
  ↓
  [プログラムと機能]
  ↓
  [Windows の機能の有効化または無効化]
  ↓
  [.NET Framework 3.5 (.NET 2.0 および 3.0 を含む)] を有効にすることをおすすめします。
  (メーカー製PC等のプリインストール製品では、すでに有効になっている場合があります)

動作環境

MPP Utilityの対応動作環境
ソフト名:MPP Utility
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP/2000
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: wtr 

ユーザーの評価(2人):2.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ユーティリティ  マウスポインタ 


「マウス用」カテゴリーの人気ランキング

  1. おーとくりっか〜 座標を記憶できる自動クリックソフト 各クリック間隔の調整が可能 設定保存に対応(ユーザー評価:2.5)
  2. マウスチャタリングキャンセラ マウスボタンのチャタリングを抑止する(ユーザー評価:4.5)
  3. AutoClickPositions(自動クリックツール) 画面の任意位置を自動でクリック(ユーザー評価:3.5)
  4. X Wheel NT マウスのホイール及び全てのボタン(含む4つ目以降)にプログラム毎に異なったキーを割り当て(ユーザー評価:4.5)
  5. 連打スイッチ クリックによる連打のON/OFFが可能な連打ソフト(ユーザー評価:0)

「操作関係」カテゴリのソフトレビュー

  • 俺のキーボード 0.6 - 「【BackSpace】+【Delete】で一行消し」などを行える“俺=作者”仕様のキーボード機能拡張ソフト
  • Orakuin 1.0 - 「入力したキー」や「クリックしたマウスボタンは何か」などがひと目でわかる、操作内容の視覚化ソフト
  • テンキー入力(フリック/トグル) 1.02 - パソコン用キーボードのテンキーとカーソルキーで、携帯端末のフリック入力・トグル入力を再現
  • QiPress Lite 1.069 - ユーザが行ったキー入力、マウス操作の内容をコンパクトなウィンドウに表示
  • ネズミス 2.61 - 慣性ホイールや横スクロールなどでマウスの操作性を向上させるユーティリティ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック