僕が死んだら...

利用者が不測の事態に陥った際に、家族には見せたくないファイルを完全に消去する


ソフト詳細説明

本ソフトウェアは、利用者自身に万が一不測の事態が起こった際に、あらかじめ指定した"家族に見られたくないファイル"を、利用者のPC(ハードディスク上)から完全削除するツールです。

<開発の背景>
様々なシーンでコンピュータへの依存が高まる昨今、PCユーザーにとって自身のPCはプライベート情報の固まりとなっています。

ユーザーの、ウイルスや悪意のあるソフトウェアへの防衛意識は高まる傾向にありますが、一方で、利用者自身に不測の事態が起こった際に、自身のPCに保存されているプライベート情報をどうするのかという問題には手つかずであり、私たちは、相当数のユーザーが、何らかの解決策を求めていると考えました。

本ソフトウェアにおいては、"家族による実行"という他律的ながら現実的なアプローチで"家族へ遺すデータを選択するツール"を実現しています。

<使い方>
本ソフトウェアは、利用者自身に万が一不測の事態が起こった際に、あらかじめ指定した"家族に見られたくないファイル"を、利用者のPC(ハードディスク上)から完全削除するツールです。

<使い方>
「僕が死んだら...」を起動して、"削除対象ファイル・フォルダ"と、表示する"メッセージファイル"を設定後、「生成」ボタンをクリックすると、"削除対象ファイル・フォルダ"内に存在する全てのファイルが削除可能であるかをテストしてその結果を表示します。
結果を確認してから「生成」ボタンをクリックしてください。表示するメッセージファイルが暗号化された状態で保存されると同時に、デスクトップ上に本ソフトウェアの"削除ショートカット"が作成されます。

利用者に不測の事態が起こった後、家族の誰かがデスクトップ上の偽装された"削除ショートカット"を実行する事で、予め暗号化してあった"メッセージファイル"を復号化して表示すると共に、バックグラウンドで"削除対象ファイル・フォルダ"の削除処理を開始します。

削除処理が行われている事実は画面に表示されないので、ご家族の方がファイルの削除処理が行われている事を認知する事はありません。
また、削除の過程でファイル・フォルダ名を変更し、ハードディスク上の実データの上書き処理を行うので、通常のファイル復旧ソフトでもデータの復元は困難になります。

動作環境

僕が死んだら...の対応動作環境
ソフト名:僕が死んだら...
動作OS:Windows Vista/XP/2000
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: (有)シーリス 

ユーザーの評価(1人):3.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

消去  事態 


「削除」カテゴリーの人気ランキング

  1. DupFileEliminator 重複ファイルや類似画像ファイルを検索し、削除・移動・置換を行う(ユーザー評価:3.5)
  2. Disk FreeSpace Cleaner Diskの空領域にデータを書き込むことで、削除ファイルを復元できないようにする(ユーザー評価:3.5)
  3. FileMany 重複ファイル検索削除 重複するファイルを高速に検索、削除してHDDの空き容量を増やす(ユーザー評価:3)
  4. ProDeleter Lite ドラッグ&ドロップだけの簡単操作でファイルを復元できないよう完全消去!(ユーザー評価:0)
  5. きれい好きのごみ箱 きれい好きの人にお勧めするごみ箱で、ごみの数をアイコントレイに表示(ユーザー評価:0)

「ファイル管理」カテゴリのソフトレビュー

  • Totter 1.11 - 除外指定や属性指定にも対応。「ごみ箱」を含む、指定フォルダ内の古いファイルをまとめて削除できるソフト
  • Shortcut Target Changer 1.3.0 - 検索・置換後文字列の組み合わせを複数設定し、多数のショートカットファイルのリンク先をまとめて変更できる
  • AllCopy 1.14 - 更新ファイルの自動コピーにも対応。複数フォルダへの多重コピーを簡単な設定・操作で行えるファイルコピーソフト
  • EzCpSelect(Easy Copy Select) 1.1 - ファイル名や拡張子を条件に、コンテキスト(右クリック)メニューからすばやくファイル/フォルダのコピーを行える
  • SPFiler 1.0 - リボンインタフェースで効率的な操作を実現。シンプルで使いやすいタブ型ファイル管理ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック