スズメ蜂

羽根のように軽いキーボード連打支援ユーティリティ


ソフト詳細説明

スズメ蜂はキーボードによる連打を支援するためのユーティリティです。特定のキーに対して、キーを押し続けている間は自動的にキーが連打されるように制御することができます。
スズメ蜂には以下のような特徴があります。

・連打間隔を毎秒1〜100打の間で調整可能。
・キーボード上のほぼ全てのキーを制御可能。また、SHIFTキーやCTRLキー、ALTキーにおいて左右別々の設定を割り当てることも可能。
・キーの入力変換をサポート。例えば、Zキーを連打専用にして、Xキーを連打専用でない普通のZキーとして振舞わせるようなことが可能。入力変換と連打を組み合わせることも出来る。

最大の特徴は、動作が非常に軽いことです。

動作環境

スズメ蜂の対応動作環境
ソフト名:スズメ蜂
動作OS:Windows XP/2000
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 朝霧桜 

ユーザーの評価(3人):3.5
コメント:3
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

キーボード  ユーティリティ  羽根 


「キーボード用」カテゴリーの人気ランキング

  1. KeySwap for XP キーの入れ替え・無効を行う、常駐しないWindows7・Vista・XP・2000専用プログラム(ユーザー評価:4.5)
  2. スズメ蜂 羽根のように軽いキーボード連打支援ユーティリティ(ユーザー評価:3.5)
  3. NumLockLock NumLockキー・CapsLockキー・ScrollLockキーのトグル状態(ON/OFF)を監視し、指定状態に固定する(ユーザー評価:4.5)
  4. Apple Keyboard Bridge Apple Wireless Keyboard 用ユーティリティ(ユーザー評価:0)
  5. AppleKbWin AppleキーボードをWindowsで使う(ユーザー評価:0)

「操作関係」カテゴリのソフトレビュー

  • 俺のキーボード 0.6 - 「【BackSpace】+【Delete】で一行消し」などを行える“俺=作者”仕様のキーボード機能拡張ソフト
  • Orakuin 1.0 - 「入力したキー」や「クリックしたマウスボタンは何か」などがひと目でわかる、操作内容の視覚化ソフト
  • テンキー入力(フリック/トグル) 1.02 - パソコン用キーボードのテンキーとカーソルキーで、携帯端末のフリック入力・トグル入力を再現
  • QiPress Lite 1.069 - ユーザが行ったキー入力、マウス操作の内容をコンパクトなウィンドウに表示
  • ネズミス 2.61 - 慣性ホイールや横スクロールなどでマウスの操作性を向上させるユーティリティ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック