udm差分ファイル作成ツール - Free Edition

差分ファイル作成ツール 自己解凍差分ファイルの作成も可能で、ソフトのアップデートなどにも活用できる


ソフト詳細説明

udm差分ファイル作成ツールは、ファイル間の相違をチェックして異なる部分のみを抽出しファイルに出力する、差分ファイル作成ツールです。

ソフトウェアのアップデートや、各種データのアップデートなどに活用でき、巨大ファイルのアップデートなども小さな差分の配布ですむようになります。フォルダを処理対象にすることも可能なため、複数のファイルの差分を同時に作成する事が可能です。(アプリケーションやデータ全体を1つの差分ファイルとして配布できます)

また、自己解凍差分ファイルの作成や、差分ファイルにパスワード保護をかけたり、アップデート先のフォルダをユーザーの環境から自動で取得するオプションなども用意されています。

差分ファイルの整合性チェック機能も搭載されており、改竄された不正なデータは適用できないようになっています。

※Free Editionは個人かつ営利を目的としていないアプリケーションまたはデータに対して使用するのであれば、自由に利用する事ができます。法人の方はProfessionalEditionをご利用ください。

動作環境

udm差分ファイル作成ツール - Free Editionの対応動作環境
ソフト名:udm差分ファイル作成ツール - Free Edition
動作OS:Windows 8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: (有)ラメイジュ 

ユーザーの評価(2人):2.5
コメント:2
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

解凍  差分  自己  アップデート 


「差分作成・更新」カテゴリーの人気ランキング

  1. File Diff Patcher x64にも対応した差分パッチツール(ユーザー評価:0)
  2. udm差分ファイル作成ツール - Free Edition 差分ファイル作成ツール 自己解凍差分ファイルの作成も可能で、ソフトのアップデートなどにも活用できる(ユーザー評価:2.5)
  3. diffbinary バイナリファイルの差分(diff)を計測する(ユーザー評価:0.5)
  4. ビナパッチ もうバイナリエディタは要りません パッチ情報を引数につけるだけでパッチがあたる(ユーザー評価:0)
  5. udm差分ファイル作成ツール - Professional Edition 差分ファイル作成ツール 自己解凍差分ファイルの作成も可能で、ソフトのアップデートなどにも活用できる(ユーザー評価:3.5)

「バイナリファイル処理」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック