ノイズ作成用ユニット NoiseUnit

Delphi で使えるノイズ関係の関数群


ソフト詳細説明

【 概要 】
Ken Perlin さんのパーリンノイズをもとに、Delphi で使えるノイズ関係の
関数をいくつか作成しました。バーリンノイズは、雲や海岸線や川の流域や
山の稜線等、自然界にある様々な風景の様にフラクタル性を持ったある種の
規則性と連続性を持ったランダムな数を作る為に開発されたものです。通常
の乱数を返す関数とは全く性格の異なるものです。最初のバーリンノイズは
1985 年に発表されましたが、2002 年にはその改良版が発表されています。

このユニットには、新旧両方のバーリンノイズを Delphi の Object Pascal に
翻訳したものを収録してあります。翻訳版の著作権は Ken Perlin さんが有し
ます。2002 年版は忠実に翻訳したつもりですが、1985 年版の方はユーザー
インターフェースを 2002 年版と同様にする為に多少アレンジをしてありますが
アルゴリズムはオリジナルと同じものです。


【 サンプルプログラム 】
このユニットを使用したサンプルプログラムを3個とそのソースも収録して
ありますので参考になさって下さい。

Test.exe -------- noise() 関数や opnoise() 関数で、x, y, z パラメータの
変化に対する戻り値のグラフを表示する。

Gradation.exe --- 表現色と背景色の2色間のグラデーションを表示する。

Cloud.exe ------- 2002 年版及び 1985 年版のパーリンノイズで、グリッド描画
とグラデーションの手法を使って雲を描画する。


【 収録ファイル 】
NoiseUnit.pas - このユニット本体のソースファイル
Readme.txt - このファイル
Test.exe - noise() や opnoise() のグラフを表示するサンプルプログラム
SourceT.zip - Test.exe のソースファイル
Gradation.exe - グラデーションを表示するサンプルプログラム
SourceG.zip - Gradation.exe のソースファイル
Cloud.exe - 雲を描画するサンプルプログラム
SourceC.zip - Cloud.exe のソースファイル

動作環境

ノイズ作成用ユニット NoiseUnitの対応動作環境
ソフト名:ノイズ作成用ユニット NoiseUnit
動作OS:Windows 10/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 槻 誠三 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

関数  ノイズ  Delphi 


「Delphi」カテゴリーの人気ランキング

  1. Felica ID Reader PaSoRiを使用して、カードID・履歴を読取れる Delphiのソース付き(ユーザー評価:0)
  2. JDBGrid 拡張データベース対応グリッドコンポーネント(ユーザー評価:0)
  3. ノイズ作成用ユニット NoiseUnit Delphi で使えるノイズ関係の関数群(ユーザー評価:0)
  4. 無料のLazarusで簡単!プログラミング Lazarusは基本ソフトの壁を越えたオープン・ソースのプログラム開発環境 著書連動サンプルを公開!(ユーザー評価:0)
  5. かんたん画像サイズ変更 ソースコード 月間ダウンロード数100本以上を誇る人気アプリ、「かんたん画像サイズ変更」のソースコード(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
SELECTION