ワードからHTMLへ(PutWORDintoHTML)

ワード文書を忠実にHTMLへ変換し、出来上がるソースは見やすい


ソフト詳細説明

[機能]

  ワード(WORD2002以降〜WORD2007)で作成した文書をHTML文書へ変換します。
 全体の外観、個々の文章、段落、箇条書き、表、図、貼付画像などを(極力そ
 のまま)写します。また、実行してできあがるソースは、シンプルで見やすい
 ものとなるように心がけました。
  詳細は以下のとおりです。

<変換内容>
・段落:配置、インデント、最初の行の字下げ、ぶら下げ、段落前後の間隔、
    行間。
・文字:フォント名、サイズ、色、太字、斜体、下線(単線のみ)、取消線、
    上付、下付、ふりがな。
・表 :罫線の太さ、種類(実線、破線)および色、セル内の縦横配置(表の
    中に入れ子になった表は変換できません)。
・図 :図形、グラフ及び画像などで、行内に配置されたもの。
・段落の図化:オートシェイプ、テキストボックス及び行外の図を段落内の文
       章(文字列)ごと画像に置き換えます。
・ハイパーリンク:単語(文字列)や図に関係づけられた外部リンク及び文書内
         リンク
・縦書き:インターネット・エクスプローラー以外のブラウザでも縦書き表示さ
     れます。下線、取消線、上付、下付には対応していません。
・背景色:文書全体、段落ごと、表のセルごと、文字ごとに配色可能です。
     文字ごとに付ける場合は蛍光ペンで付けることを推奨。
     なお、網掛けそのものは変換できません。
・文書の幅:印刷レイアウトで表示される幅となります。
・Unicode文字:自動変換します。

<文書のサイズ制限>
・段落総数: 2,000以下
・ひとつの段落内の文字数: 1,000文字以下
・ひとつの表における行数と列数: 100行以下、50列以下
・表におけるセルの形の種類数: 1,000以下
・図の数: 100以下(同じ図でも貼り付いている数をカウントします)
・個別文字のフォント名、サイズ及び色の組合せ種類数:1,000以下
・ルビのフォント名、サイズの組合せ種類数: 100以下
・縦書きの場合のひとつのセル内列数: 50以下

動作環境

ワードからHTMLへ(PutWORDintoHTML)の対応動作環境
ソフト名:ワードからHTMLへ(PutWORDintoHTML)
動作OS:Windows 7/XP
機種:IBM-PC 
種類:フリーソフト
作者: PeaPort 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換 ,文書 ,忠実 ,HTML ,ワード


「HTML変換」カテゴリーの人気ランキング

  1. 1位ANGITIA - サムネイルプレビュー付きのHTMLリンク集を自動生成する (ユーザー評価:5)
  2. 2位エクセルからHTMLへ(PutEXCELintoHTML) - Excelシートの指定範囲を、忠実に素早く再現し、出来上がるソースはシンプル (ユーザー評価:0)
  3. 3位ワードからHTMLへ(PutWORDintoHTML) - ワード文書を忠実にHTMLへ変換し、出来上がるソースは見やすい (ユーザー評価:0)
  4. 4位ConvHTML - ExcelのワークシートをワンクリックでHTMLテーブルソースに変換 文字色や背景色にも対応 (ユーザー評価:4)
  5. 5位AAHIA【HTMLインデント整形とページ解析】 - HTMLテキストのインデント整形、色分け、タグの過不足のチェックと、Webページ解析する (ユーザー評価:0)

「HTML作成」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック