Mitaka

最新の天文データをもとにした「4次元デジタル宇宙ビューワー」


ソフト詳細説明

「Mitaka」は、 国立天文台4次元デジタル宇宙(4D2U)プロジェクトが開発をするソフトウェアです。天文学のさまざまな観測データや理論的モデルを使い、空間3次元と時間1次元をあわせた"4次元"で最新の宇宙像を描き出します。

"プラネタリウムモード"では、着陸している天体から見た空の様子を表示します。"宇宙空間モード"では、地球から宇宙の大規模構造までを自由に移動して、宇宙のさまざまな構造や天体の位置、探査機の軌道などを見ることができます。

個人のPC上で操作をして楽しむのはもちろんのこと,立体視対応をしたディスプレイやプロジェクタなどを用いることで、立体視で楽しむことができます。さらに、プラネタリウムのようなドームスクリーンに投影するためのドームマスター(魚眼投影)表示も可能です。また、操作にはキーボード、マウス、ゲームパッドを使用できます。

このソフトウェアは国立天文台三鷹キャンパスの「4D2Uドームシアター」と呼ばれる立体視シアターでの上映用ソフトウエアとして、現在も開発が続けられています。

動作環境

Mitakaの対応動作環境
ソフト名:Mitaka
動作OS:Windows 8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

宇宙  次元  天文  ビューワー 


「天文・宇宙」カテゴリーの人気ランキング

  1. Mitaka 最新の天文データをもとにした「4次元デジタル宇宙ビューワー」(ユーザー評価:0)
  2. Stellarium OpenGLの美しい3D描画で表現するプラネタリウムソフト(ユーザー評価:0)
  3. 星座早見盤「星空の軌跡 Pro」 星座早見盤のソフトウェア版(ユーザー評価:0)
  4. 太陽系シミュレータースタジオ ワンクリックで高機能な3Dシミュレーションを実現(ユーザー評価:4.5)
  5. 月影 月を鑑賞するためのソフト その日の月齢に合わせて、月の満ち欠けを表現する(ユーザー評価:0)

「科学」カテゴリのソフトレビュー

  • Mitaka 1.3.1 - 最新の観測結果や理論をもとに宇宙を再現する“インタラクティブ4次元デジタル宇宙ビューア”
  • Algodoo 2.1.0 - 実験装置を作って物体の運動を観察できる“遊びながら学べる”物理シミュレータ
  • ACD/ChemSketch Freeware 14.01 - 分子の3D表示や実験器具の描画も可能な、フリーの化学構造式描画ソフト
  • ColorAC 0.729 - 美しいCIE色度図を簡単な操作で作成できるソフト
  • Stellarium 1.12.0 - 美しく、リアルな星空を手軽に楽しめる高機能3Dプラネタリウムソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック