JG_壁面後退線

Jw_cadで敷地境界線から壁面後退線を自動的に作成する外部変形


ソフト詳細説明

 JG_壁面後退線は、Jw_cadで敷地境界線から一定距離後退した領域を作成する外部変形(ソフト)です。
 後退方法は、距離を指定する方法と、割合(後退率)を指定する方法を選択できます。
 また、一定の間隔で連続後退することが可能で、敷地定規(敷地境界線から等間隔で連続後退した
作図用の補助線)をすばやく作成することができます。
 後退後の領域は、Jw_CADのコマンドにあるオフセットとは違い、反転した部分を包絡処理するので、
正確な後退後の面積が得られるだけではなく、整然とした敷地定規を作成することができます。
 なお、後退率は建蔽率の逆になるので注意して下さい。(建蔽率が80%の場合、後退率は20%です。)
敷地情報は、他のJGシリーズで作成したデータをエクセルから取得することも可能です。
 作成手順は、敷地境界線を選択し、入力フォームで敷地境界線をクリックして入力します。次に描画
設定で後退距離を入力し、最後に記載する注釈を選びます。
 壁面後退線は指定したレイヤーに描画されます。

動作環境

JG_壁面後退線の対応動作環境
ソフト名:JG_壁面後退線
動作OS:Windows 10
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 古川 尚弘 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

自動的  変形  Jw_cad  壁面  後退  敷地 


「外部変形」カテゴリーの人気ランキング

  1. あははっ 簡単!! jww雲すけ 図面変更などの時に使用する『雲マーク』が、jww外部変更で簡単に描ける (.Net版)(ユーザー評価:0)
  2. JG_一括面積 Jw_cadで室面積を一括で算出する外部変形(ユーザー評価:0)
  3. JG_車両軌跡 Jw_cadで車両の回転軌跡を自動的に作成する外部変形(ユーザー評価:0)
  4. あははっ 簡単!! jww型鋼配置 汎用性のある一般型鋼の断面が、jwwの外部変更で簡単に描ける (.Net版)(ユーザー評価:0)
  5. 隠線処理 jwhide JWW2.5Dデータの隠線処理を行う(ユーザー評価:0)

「CAD・NC・プロッタ」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
SELECTION