「指数表示」ユザー定義関数

指数表示9.45E+11を0.945E+12で表示、指数表示9.45E+11の「指数」(11)と「仮数」(9.45)を返す


ソフト詳細説明

「指数表示」ユーザー定義関数は、3つの関数「指数表示」「指数」「仮数」を利用できます。
【使用方法】
【指数表示】ユーザー定義関数
指数表示の指定の指数で表示します
書式:指数表示(数値, 仮数桁 デフォルト= 1)
引数:数値 :数値を入力するか、数値の入力してあるセルを指定します
:仮数桁:指数を12のように指定します。
仮数桁に何も指定しない場合は指数の書式で表示します。
数値9.45E+11 指数表示(数値)=9.45E+11
仮数桁に0を指定すると仮数の整数部分は0.となります
数値9.45E+11 指数表示(数値,0)=0.945E+12
セルに直接関数 =指数表示(
と入力するか関数貼付ボタン「fx」を押します。
「関数の挿入」ダイアログボックスが表示されますので、関数の分類で「ユーザー定義」選択し、関数名「指数表示」を選択します。
関数の引数
「数値」を直接入力するかセルへの参照を指定します。
「仮数桁」には、指数を12のように指定します。(省略可能)
仮数桁を省略した場合は通常の指数の書式で表示します。
数値9.45E+11 指数表示(数値)=9.45E+11
仮数桁に0を指定すると仮数の整数部分は0.となります
数値9.45E+11 指数表示(数値,0)=0.945E+12
通常の組み込み関数と同じように、引数の入力ができ、結果も表示されます。
【指数】ユーザー定義関数
書式:指数(数値)
引数:数値 :数値を入力するか、数値の入力してあるセルを指定します
数値の指数部分を返します
9.45E+11 指数=11
9.45E-11 指数=-11
セルに直接関数 =指数(
と入力するか関数貼付ボタン「fx」を押し関数名「指数」を選択します。
関数の引数
「数値」を直接入力するかセルへの参照を指定します。
通常の組み込み関数と同じように、引数の入力ができ、結果も表示されます。
【仮数】ユーザー定義関数
書式:仮数(数値)
引数:数値 :数値を入力するか、数値の入力してあるセルを指定します
指数表示の数値の仮数部分を返します
9.45E+11 仮数=9.45
9.45E-11 仮数=9.45
セルに直接関数 =仮数(
と入力するか
関数を入力するセルで関数貼付ボタン「fx」を押します。
「関数の挿入」ダイアログボックスが表示されますので、関数の分類で「ユーザー定義」を選択します。
関数名「仮数」を選択します。
関数の引数
「数値」を直接入力するかセルへの参照を指定します。
通常の組み込み関数と同じように、引数の入力ができ、結果も表示されます。

動作環境

「指数表示」ユザー定義関数の対応動作環境
ソフト名:「指数表示」ユザー定義関数
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 岡安 清隆 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

指数  仮数 


「MS-Excel用」カテゴリーの人気ランキング

  1. エクセルパスワード瞬時解除ForExcel2007/2010/2013 エクセルシート(非表示を含む)及びワークブックパスワード紛失時の瞬時解除できるアドインソフト(ユーザー評価:4)
  2. RelaxTools Addin for Excel 2013/2016/2019/365 Excelを便利にする250以上の機能を体系化したアドイン 窓の杜大賞2014 受賞ソフト(ユーザー評価:4.5)
  3. kスタンプ Excel及びWord(2000〜2010)対応 [kスタンプ] 高品位の電子印鑑システム(ユーザー評価:3.5)
  4. ExceltoCSV 簡単! エクセルファイルをアイコンにドロップするだけでCSVファイルができる(ユーザー評価:4.5)
  5. Excel DE 間取り図 Excel2002で間取り図が作成できる(ユーザー評価:4.5)

「計算・表計算・グラフ」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック