WordGraph

ネットワーク図や相関図などをひょいひょいと描きたい場合に便利


ソフト詳細説明

「WordGraph」はタブで階層化されたテキストの構造を可視化するためのソフトです。
タブによるインデントを解析して、オブジェクトの座標を自動計算します。
作成されたグラフはオブジェクト単位で座標の編集が可能でエクスポートにも対応しています。

■主な機能
・タブによりインデントされたファイルの構造を視える化
・読込み対象のテキストファイルが更新された場合、画面に自動反映
・描画時に矢印の有無やフレームの有無を選択可能
・オブジェクトのレイアウトを自動計算して表示
・画像でのエクスポートに対応
・PowerPoint形式でのエクスポートに対応(有償版 WordGraph Pro のみ)

動作環境

WordGraphの対応動作環境
ソフト名:WordGraph
動作OS:Windows 7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: WebEve SoftLab 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

場合  相関  ネットワーク図  ひょいひょい 


「グラフ作成」カテゴリーの人気ランキング

  1. Graph-R 等高線、散布図、ベクトル線図などを作成するソフト、マウスで視点の変更が出来る(ユーザー評価:4.5)
  2. リニアングラフ3D 表計算ソフトや座標値ファイルから美しい3次元グラフを作成、数式プロットも可能な高性能3Dグラフソフト(ユーザー評価:0)
  3. ヒストグラム作成ツール Excelのセルデータからヒストグラムを作成するためのフリーソフト(ユーザー評価:0)
  4. 30秒で損益分岐点グラフを作る Excel エクセルfree版 『30秒で損益分岐点グラフを作る エクセル Excel』の無料体験版(ユーザー評価:0)
  5. SimpleDigitizer スキャナにより読みこまれた散布図上のデータ座標や顕微鏡画像上の距離をマウス操作により取得(ユーザー評価:0)

「計算・表計算・グラフ」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック