Retro Music Editor

ピコピコサウンドからFM音源まで搭載したマルチ音源シーケンサー


ソフト詳細説明

Retro Music Editor は、単純な波形の音で曲を作成するソフトです。
MIDI シーケンサーソフトに似たインターフェースで、トラック単位で波形を設定し、ピアノロール形式の画面に音符を配置していきます。
作成した曲は、Waveサウンドファイルへ変換できます。(ビルド処理)

<特徴>

・4種類の波形とノイズ、PCM、波形メモリ音源、FM音源が用意されています。
・トラック数、小節数、同時発音数は、ほぼ無制限です。
・矩形波(デューティー比変更可能)や三角波(擬似三角波可能)、ノイズを使って、ファミコンサウンドを再現できます。
・PCMを使うと、任意の位置にWaveサウンド(ドラムなど)を挿入できます。
・波形メモリ音源、FM音源を使うと、自分で音を作成することが出来ます。
・トラックごとにパン(ステレオの定位バランス)、デチューン(音程周波数)、エンベロープ(音量変化)、LFO(ビブラート効果)を設定できます。
・音符ごとにポルタメントを設定できます。
・曲の終了時にフェードアウトを掛けることが出来ます。
・変更位置(の周辺)だけをビルドするインクリメンタルビルドにより、処理時間が短縮されます。
・ビルドはマルチコアCPUに対応しているので、コアの数に比例して処理速度が速くなります。
・Waveサウンドファイルのチャンネル数、サンプリング周期、サンプリングビット数を設定できます。
・Waveサウンドファイルの曲の前後に無音時間を追加できます。
・MIDIファイルのインポート、エクスポートが可能です。
・外部DLLの使用により、WaveファイルをエンコードしてMP3ファイルを作成できます。(LAME / 午後のこ〜だ)

<制限>

・ポルタメントは1つの音符で1ヶ所のみ可能です。

動作環境

Retro Music Editorの対応動作環境
ソフト名:Retro Music Editor
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: TAD 

ユーザーの評価(3人):4
コメント:6
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

サウンド  音源  シーケンサー  ピコ  FM 


「エディタ」カテゴリーの人気ランキング

  1. コードパッド コード譜を、超カンタン作成 & 瞬間移調! 歌詞検索サイトから、コード譜の無料ダウンロードも可能!(ユーザー評価:0)
  2. Retro Music Editor ピコピコサウンドからFM音源まで搭載したマルチ音源シーケンサー(ユーザー評価:4)
  3. SP-Dia 新感覚作曲システム マウスだけで簡単作曲(ユーザー評価:0)
  4. Studio ftn Score Editor 豊富な音楽記号を使って作曲ができる楽譜入力ソフト MIDIファイル(SMF)/WAVEファイル/楽器作成が可能(ユーザー評価:4)
  5. 歌声合成ツールUTAU 音声切り張りツールから発展した歌声合成ソフトウエア 付属音声の他に音源を自由に自作&拡張できる(ユーザー評価:0)

「音楽関係」カテゴリのソフトレビュー

  • CurioSound 1.1.22 - 設定項目をしぼり込み、誰でも簡単に操作することが可能。手持ちのCDなどもハイレゾ相当の高音質で楽しめる純国産のサウンドプレイヤー
  • VOICEROID2 結月ゆかり 2.0.0.0 - 「喜び」「怒り」「悲しみ」の感情表現が可能。マルチボイスにも対応した“定番”入力文字読み上げソフトの新バージョン
  • 音街ウナTalk Ex 1.0.0 - イントネーションの調整なども簡単。入力した言葉や文書を「音街ウナ」が自然な合成音声で読み上げてくれるソフト
  • VOICEROID+ 東北きりたん EX ダウンロード版 4.1.15.0 - フレーズごとの話速・抑揚なども調整可能。落ち着きを感じさせながらも、かわいらしい声が特徴の入力文字読み上げソフト
  • Deep Blue Juke 1.3 - 気持ちの安らぐ環境音楽と映像をエンドレスに再生してくれる“自動作曲・演奏ソフト”

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック