待ってたゾウ

ネットワークドライブ上の共用テキストファイル等から複数行のままテロップ表示


ソフト詳細説明

メッセージを取って来るスクリーンセーバー『待ってたゾウ』は、テキスト横スクロール型のスクリーンセーバーです。表示させるテキストファイルは自分のPC内だけでなく、LAN経由のネットワークドライブ上でも設定でき、指定時間間隔おきに最新版を取って来て表示します。
社長用パソコンのスクリーンセーバとして『待ってたゾウ』を設定しておき、留守中の伝言を秘書さんがサーバ内の共用ファイルに書き込んでおけば、社長が帰ってきた時にはパソコン画面に伝言表示が流れている、というのが典型的な利用形態だろうと思います。その他の形態にもぜひ応用ください。
伝言ファイルの場所、表示文字のフォント種や大きさ、色、画面背景の色なども自由に設定でき、画面復帰後に確認ダイアログを表示することもできます。

動作環境

待ってたゾウの対応動作環境
ソフト名:待ってたゾウ
動作OS:Windows 7/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 沌珍館企画 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

テキスト  ドライブ  テロップ  共用 


「テキスト表示」カテゴリーの人気ランキング

  1. リモコンスクリーンセーバー 外出先から携帯などで送ったメールを伝言表示するスクリーンセーバー シャットダウンやコマンドもできる(ユーザー評価:0)
  2. Matrix風スクリーンセーバー 映画Matrix風の文字が流れるスクリーンセーバ(ユーザー評価:0)
  3. テキストスクロールスクリーンセーバー 固定テキストをスクロール表示するだけのシンプルなスクリーンセーバー(ユーザー評価:0)
  4. テキスト表示セーバー NBOARD 任意の複数のテキストをロールアップしながら順番に繰り返し表示(ユーザー評価:0)
  5. めっせーじロール 株価、為替、天気、TV番組、ツイッターなどの情報を表示する(ユーザー評価:0)

「スクリーンセーバ」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック