Recover Files

強力なフィルタ機能を備え、目的のファイルを手軽に絞り込めるファイル復元ソフト


ソフト詳細説明

画面のデザインがエクスプローラ風でわかりやすく、リストでファイルの状態を確認しながらターゲットを選ぶことができる、使いやすい削除ファイル復元ソフトです。ファイルフィルタ機能が充実しており、大量の削除ファイルの中から目的のファイルをすばやく探し出すことができるのも大きな特徴です。

ファイルを復活するにあたっては、まず最初にターゲットとなるドライブを選択します。左上のペインに表示されているドライブの中から復活させたいファイルの入っているドライブにチェックを付けます。ドライブは複数選択が可能ですが、最近の大容量ハードディスクの解析にはかなり時間がかかるので、指定するドライブは少なめに絞った方がよいでしょう。指定し終えたら「解析」ボタンをクリックします。

解析が終わると、右上のペインに「ファイル名」「パス」「状態」「サイズ」「作成日」「変更日」の6種類の項目からなるリストが表示されます。エクスプローラと同様、先頭行にある項目名をクリックすることでその項目を元にソートすることも可能です。

項目の中の「状態」というのは、削除ファイルの保存状態などを元に判定された情報で、個々のファイルごとに「非常に良」「良」「中」「悪」「上書き済み」の5段階で評価されます。状態の良いファイルから復元していくことで、より確度の高いファイルの復元が可能となっています。

リスト上の削除ファイルは、中央下にあるペインで条件を設定することにより絞り込むことができます。指定できる条件は、ファイル名もしくはその一部、サイズ、変更日の範囲、一時ファイルの非表示、上書き済みファイルの非表示となっています。それとは別に、左下のペインにある「種類ボタン」「フォルダボタン」の2種類のボタンをクリックすることによるファイルの絞り込み方法も用意されています。「種類ボタン」をクリックすると、左上のペインに拡張子ごとに分類されたファイルの種類別のリストが表示され、その中から一つを選ぶことで、右上のペインには指定した種類のファイルだけが残されて表示されるようになります。「フォルダボタン」をクリックすると、左上のペインには削除されたファイルが存在するフォルダだけが表示され、そこからフォルダを選択することでリトのファイルを絞り込むことができます。このボタンによる選択と中央下のペインによる絞り込みを併用することも可能です。

動作環境

Recover Filesの対応動作環境
ソフト名:Recover Files
動作OS:Windows 7/Vista/XP/Me/2000/NT/98/95
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: Undelete & Unerase, Inc. 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

復元  フィルタ 


「ディスク・ファイル復旧」カテゴリーの人気ランキング

  1. DataRecovery うっかり削除したファイル、ゴミ箱からも削除してしまったファイルを復元する(ユーザー評価:3.5)
  2. 復元 誤ってごみ箱から削除したファイルの復元とその反対に機密文書等を完全削除 試用版(ユーザー評価:3.5)
  3. Disk SpeedUp ハードディスクを最適化して、ディスクアクセスを高速化するデフラグソフト(ユーザー評価:0)
  4. Glary Undelete リムーバブルメディアにも対応したファイル復元ソフト(ユーザー評価:0)
  5. Recover Files 強力なフィルタ機能を備え、目的のファイルを手軽に絞り込めるファイル復元ソフト(ユーザー評価:0)

「ディスク用」カテゴリのソフトレビュー

  • WinDirStat 1.1.2 - グラフィカルなマップでわかりやすい、ファイル/フォルダのディスク占有状況ビューア
  • MagicDisc 2.7.106 - CD/DVDのイメージファイルも作成できる仮想ドライブユーティリティ
  • Gmail Drive shell extension 1.0.18 - Gmailをローカルドライブのような使い勝手にしてくれるシェル拡張ソフト
  • Disk SpeedUp 1.4.0.888 - 自動実行やスケジュール実行にも対応した、高速・軽快なデフラグソフト
  • FileSum 2.29 - フォルダの容量やファイル数を高速に調査し、わかりやすく表示してれるソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック